来年の干支(えと)は何?2017年はこれ!動物の意味と物語!

スポンサーリンク
十二支(干支)

お盆がすぎたらすぐお正月。年齢を重ねてきたからか?だんだんと一年が経つスピードが速く感じるようになってきて、本当にそう思う今日この頃です。

暑い夏が終わってホッとしているといつの間にか年賀状を準備しなければいけない時期に突入。来年の干支(2017)についてもそろそろ何だったっけ?と感じる頃だと思います。

  • 来年の干支(2017年の干支)について
  • 来年の干支の動物が持つ意味
  • 干支の有名な物語と順番についておさらい

この記事では上記についてお話ししていきます!

来年の干支は何?2017年!

来年は2017年。用意する年賀状に描かれる動物は一体なんでしょうか??

来年の干支は!

「酉年」(とりどし)です!!

「酉」は、「とり」と読みますが、実際には「にわとり」のことです。

十二支のとりはにわとり

私はにわとりも含め、とても「鳥」が大好きなので、嬉しい干支になります。みんながくれる年賀状にはたくさんの鳥が描かれていて、見ていて楽しいんです♪にわとり以外の鳥が描かれていることもあるような気もしますが・・(笑)十二支の「酉」(とり)はにわとりだということを覚えておきましょう!

来年の干支である「酉年」(とりどし)が持つ意味

干支(えと)の各動物には意味が込められています!

2017年の干支である酉年。酉年の「にわとり」は、明け方に鳴く鳥です。夜が明けたら「こけこっこ〜」というのもアニメなどによくあるシーンです。新年も一番に鳴く鳥のため縁起が良いとされています。

さらに商売関係に縁起のよい干支とされています。「とり→とりこむ」で、商売に繋がるとされています。行動力があり、積極的。親切で世話好きであるという意味もあります。

ところで「酉」という漢字は普段生活の中で見慣れないものです。なぜいつも使っている「鳥・鶏」ではなく「酉」なのでしょうか??その理由を次の項で説明します!

スポンサーリンク

十二支と動物の関係とは?

干支(えと)といえば、十二支(じゅうにし)。12のすべてが動物で表されています。年賀状では必ずと言っていいほどその年の動物を描きますし、お正月に飾る置物も動物で一年間飾られたりもされています。

このように干支は動物であることはかなり世間的にも定着している・・・のですが!!実は、動物での表し方は「後付け」という事は知っていましたか?

十二支は、中国で生まれました。十干(じっかん)という10の要素と組み合わせることで、年月や時間、方角を示す役割を持っていました。そもそも始めは、十二支と動物は全く関係ないものでしたが、世間に広く認知させる目的で動物が割り当てられました。

十二支の動物は、覚えやすくしよう!という試みだったという訳なんです。確かに現在では、十二支の動物はかなり人に浸透しています。みんなが知っている動物を割り当てることで、世間に認知させる。この目的は達成され、今ではみんなに親しまれているのです。

神様の元へどの動物が一番早くに到着するかを競った・・という物語は、本来の由来ではなかったのですね。でも、この物語。十二支のことについて子供にもわかりやすく説明できますし、十二支の順番のについておさらいするにはぴったり。簡単に物語を紹介しますね。

干支の物語と順番

十二支の物語

十二支と動物との関係はもともとなかったということがわかりましたが、日本にはこんな物語が語り継がれています。この物語で、順番についてもわかりやすく語られています。簡単にこの物語を紹介しますね。

十二支の順番のお話

ある年末のこと。神様がこんなことを言いだしました。

「元旦の日に、私の元へ来なさい。1番から12番目までの者を一年間の大将にしよう。」

動物たちはそれぞれ、一番をめざして元旦の日に神様の元へ行くよう準備を始めました。猫はうっかりいつ行けばいいのかを聞き逃したのでネズミに聞いてみると、ライバルを一人でも少なくしようとしたネズミはわざと一日遅れの日を教えました。

牛は、歩くのが遅いことを自分で知っていたので、みんなより早く出発。ネズミは牛の出発を知り、楽をする為に背中にのり、のんびり神様の元へ向かうことにしました。

牛は元日前に到着。神様の門があくのを待っていました。そして、その門が開いた時・・背中にいたネズミがピョン!と飛び降り一番目。ネズミを連れてきた牛は2番目となったのです。

その後、トラ、うさぎ、龍、ヘビ、馬、ひつじ、サル、とり、犬、いのししが到着。ここで12番目までが決まり、12年間の大将選びが終了しました。

何も知らずに次の日についた猫はびっくり!!すでに12番目が決定しているどころかもう誰もいない。・・一日騙された!!とわかった猫は怒り、ネズミを追いかけるようになりましたとさ。

(物語終わり)

動物が割り当てられたのが後だというのに、わかりやすく面白い物語だと思います。子供達にも教えてあげやすいですね!

2017年は何番目?十二支の順番

 順 漢字  読み方 動物
1 ねずみ
2 うし うし
3 とら とら
4 うさぎ
5 たつ たつ
6 へび
7 うま うま
8 ひつじ ひつじ
9 さる さる
10 とり にわとり
11 いぬ いぬ
12 いのしし

2017年の干支である酉(とり)は10番目!

犬猿の中とよばれる、「さる」と「いぬ」の間にいるのが「とり」。ケンカの仲裁に入ったのが「とり」だったので、この順番になったとも言われていますよ。

編集後記

来年の干支についていろいろ見てきました!

  • 来年の干支(2017年)は「酉年」(とりどし)!
  • 酉年は、にわとりが新年一番になく鳥であることから縁起がいい!
  • 「とり→とりこむ」で、商売にも縁起がよい!
  • 十二支の物語
  • 十二支の順番

干支の動物には縁起話があります。これを自分の中で意識して過ごすことで、一年をよりよく過ごすきっかけになるかもしれません。

酉年は縁起がよいとのことなので、何か始めてみるのもいいかも??年賀状に抱負を書いてみるのもいいですね!

年賀状もそろそろ準備!年賀状に添える一言はこれでバッチリ!!

年賀状に心を込めた一言を!添え書きの文例あつめました!
年賀状を送る理由は、相手によって様々だと思います。友達、同級生、同僚、上司・・などなど。会社の雰囲気で職場の人には送らないといけない雰囲気だ...

縁起つながりでこんな記事も!自分的にラッキーナンバーが見つかるかも

縁起のいい数字!4桁はこれ!使い道による違いもあるので注意!
実は数字にはそれぞれにパワーが宿っていると言われています。私はどちらかというとそういうパワーとか風水とかを信じないタイプ・・なんですが、デジ...
スポンサーリンク
ブログランキング

最後まで記事を読んでいただきありがとうございます!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らしを楽しむへにほんブログ村 その他生活ブログ 生活術・ライフハックへ
ブログランキング参加中!応援していただけるとうれしいです!