これでお金は安心!へそくりの見つからない隠し場所ランキング5!

ヘソクリの隠し場所 <生活・雑学>

夫の約30%、妻の約42%がへそくりをしているって事実、あなたは知っていましたか?

そしてへそくりの平均金額は、夫が60万円で妻が何と130万円というデータも出ているみたいです。割とすごい額・・!!全体的に家計を握っている妻の方が、密かにへそくりを貯めていることが多いようですね。

へそくりをしている人の多くは、どこにへそくりを隠しているのでしょう?バレない隠し場所は一体どこなのかちょっと気になりますよね。

ということで、へそくりの人気の隠し場所ランキングや見つからない隠し場所をまとめてみました。

スポンサーリンク

へそくりの人気隠し場所ランキングベスト5!

ヘソクリの隠し場所

1位 タンスやクローゼットの中

タンスやクローゼットの中は、へそくりの隠し場所としてナンバーワンの人気を誇ります。

タンス預金などと呼ばれるくらいですから、昔からへそくりの隠し場所として定番だったのでしょうね。

あまり着ることのない服やズボンの中にへそくりを忍ばせておけば、家族にバレる可能性も薄いです。

2位 机の引き出しの中

とてもシンプルな隠し場所ですが、意外とバレにくいのが机の引き出しの中です。

へそくりの隠し場所として連想しやすいだけに、「まさかこんな単純な所に隠すはずはない」と、逆に疑われにくいようです。

3位 キッチンの戸棚や冷蔵庫の中

主婦のあなたにオススメの隠し場所は、ずばりキッチンです。

キッチンは男性があまり立ち寄らない領域なので、へそくりがバレる確率は極めて低いはず。キッチン戸棚の奥の方や天井にへそくりの入った封筒を貼り付けておけば、まずバレる心配はないと思われます。

ジップロックの中にキッチンペーパーで巻いたお札を入れて、冷蔵庫の奥に隠している強者も存在するそうなので、真似してみるのもいいかもしれません。

4位 本棚に収納された本の中

本の間もへそくりを隠す場所として最適です。本棚に隠すなら、何度も読み返すことのない参考書や小説の間にへそくりを挟んでおくのがオススメ。

自分の部屋の本棚ならまずバレることはないですが、家族共有の本棚しか置いていない場合は、本棚の背板や底板などにへそくりをくっつけておきましょう。この方法でバレてしまったら、もうお手上げですね。

5位 写真たての裏

写真立ての裏にへそくりを隠している方も多いのではないでしょうか。

家族写真や結婚式等の記念写真の裏側にこっそりと茶封筒を忍ばせておけば、万が一バレてしまった場合でも「家族で旅行に行くための資金を貯めていた・・」「結婚記念日に何かプレゼントしようと思って・・」と言い逃れることもできます。

実際に、家族のため妻のためにお金を貯めようと考えているのなら、写真立ての裏に隠しておくことで楽しくへそくりできますよ。

プラスαおまけ

  • デスクトップパソコンの中
  • コスメボックスの中
  • 防災グッズの中

ややマニアックですが、上記の隠し場所も見つかりにくい隠し場所として人気があるようです。ぜひ参考にしてみてくださいね。

スポンサーリンク

どの隠し場所が結局一番見つからないの!?

ヘソクリの隠し場所
へそくりの隠し場所は人により家によりバリエーション豊富なので、「結局どの隠し場所が一番見つからないの!?」と疑問を持つ方も多いと思います。

そしてその答えは、やはり”自分専用の領域”なのではないでしょうか?

例えば、夫が立ち入ることの少ないキッチンや、妻があまり詮索しようとしない愛車の中など、自分以外の家族が関わることのない場所に隠しておけば、パートナーがよほどの切れ者でない限りへそくりがバレることはまずありえません。

「家族の中に異常なほど勘のいいタイプがいて逆に不安だ。」というあなたは、あえてリビングや夫婦の寝室などの共有スペースに隠してみてはどうでしょう?

そう、灯台下暗し作戦です。ど直球で見つかりにくい場所は自分の専用スペース、裏をかいて逆に見つかりにくいのが共有スペースということですね。

スポンサーリンク

へそくりの隠し場所を忘れっぽいあなたには、ネット銀行がオススメ

ヘソクリの隠し場所
へそくりを隠してもどこに隠したのか忘れてしまうこともあると思います。せっかく溜め込んだへそくりの在り処を忘れてしまっては、自分が思い出す前に家族の誰かに見つかってしまうかもしれません。

そんな時に便利なのが、ネット銀行です。ネット銀行なら操作に慣れればインターネット上でへそくりを管理できますし、何よりバレる危険性がほとんどありません。

さらに通常の銀行よりも金利が高いなどメリットが多い場合も多くあります。口座開設もやってみればかなり簡単。

実際のところ、ネットバンクがへそくりの隠し場所としてベストだと思いますが、ネットバンクだとへそくり特有の”バレるかどうかの瀬戸際でハラハラドキドキお金を溜め込む”という醍醐味は皆無です。

へそくりを遊び感覚で楽しみたい方にはお勧めしませんが「何よりもバレないことが優先。へそくりにエンターテイメントなど求めていない」そんなあなたには、是非ネット銀行でのへそくりをお勧めします。

スポンサーリンク

まとめ

いかがでしたでしょうか。誰にでも思いつくような隠し場所が意外と見つかりにくかったり、マニアックな隠し場所があっけなくバレてしまったりするケースも多いようですね。

へそくりをバレないように隠すためには、夫や妻の行動範囲を考慮した上で、一捻りの工夫が必要だということでしょうか。

いずれも遊び感覚でへそくりを貯めたいなら家の中に、真剣にお金を貯めたいならネットバンクを使うようにすれば、まずバレる心配は薄いはずです。

ランキングを参考に、へそくりの隠し場所を変えてみるのもいいかもしれませんね。

タイトルとURLをコピーしました