当日消印有効は何時までにどうすれば間に合う?ポストの限界はいつ?

当日消印有効 情報

当日消印有効と書いてあるからギリギリまで大丈夫!…なんて思っていたら本当に当日になってしまった!あるあるですよね・・。

そうなると心配になるのは消印の日付。当日に消印してくれないと締め切りを過ぎてしまうので困りますよね?

そこで今回は消印はいつまでなら間に合うのか、ポストの場合はどうなのかを時間別にまとめました!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

当日消印有効の郵便物をポストに入れちゃった…これってどうなの?

当日消印有効

まずは当日消印の意味を見ていきましょう。

ハガキなど出せば切手の部分に郵便局の名前と日付が押されていますよね?あれが消印というもので、ハガキなどを再度利用できないようにするための印です。

そして当日消印有効はその消印が当日までの日付の印が必要になってきます。

しかし、消印はいったいいつ押してくれるのか?郵便局の中身を知らない私たちにはそこが疑問!

実は消印は郵便局に届いた日にちで消印は押されますつまりポストへその日に投函しても当日消印にならない事があるのです!

郵便局に届いた日にちで消印を押してくれることは分かりました。ではポストの場合はいつ郵便局に届くのでしょうか?

ポストには収集時間が書いてます。その収集時間内にポストに入れることが出来れば当日の消印が押されます。

関連記事郵便ポストの回収時間!土日の回収はある?全て分かる便利なサイト紹介!

しかし、収集時間が過ぎてしまうと次の収集は翌日。消印も翌日のものになってしまいます。

ポストに入れる際は収集時間を確認することが、当日消印有効のものを郵送する際のポイントとなります!

と言っても、ポストの回収時間を調べられない時もあると思います。

当日消印有効のものを安心して出すための当日の行動目安を次にまとめました。

当日消印有効だと、何時までにどうすれば安心?

当日消印有効

当日消印は何時までにどうすればいいのか悩みますよね。

ポストへはいつまでが目安なのか、振込の当日消印は何時までなら間に合うのか…。それでは時間別にどうすればいいのか紹介します!

早朝~9時

朝早い場合、基本的にポストでも構いません。

ですが、土日はポストの収集がない場合がありますので入れようとするポストを確認して下さい。

9時~16時

午前中であればポストでも間に合う可能性は高いです。

ほとんどの郵便局が開店するため、郵便局の窓口でも取り扱いしてくれますよ♪行けるのであれば郵便局に行くと確実です。

振込タイプの当日消印が欲しい場合は振込システムの取り扱い時間がこの時間までになりますので16時までに済ませましょう。

16時以降

ポストの収集が終わっている場合が多いので郵便局へ直接持って行くことになります。

最寄りの郵便局の時間を確認してください。近くにある郵便局は早く閉局するとしても、地域で大きめの郵便局にゆうゆう窓口があれば、夜遅くでも受付をしてくれます。

関連サイト ゆうゆう窓口検索(郵便局HP)

当日消印有効なのにどうしても間に合わない!郵便局に持って行くとどうなの?何時まで?

ポストの収集が終わってしまった!何て場合は郵便局へ持って行くことになります。

ですが遅くに行ったら当日にしてくれないのでは…という不安がありますよね?郵便局では受け付けた日の消印をしてくれます。

つまりどれだけ遅くなっても郵便局が開いていれば当日にしてくれる!ということなのです。

私自身、当日消印が必要になって夜の18時を回っていましたが、当日の消印にしてくれましたよ♪

他の窓口が閉まっていてもゆうゆう窓口が開いていれば対応してくれますので確認してくださいね。

また、24時間営業の郵便局では日付が変わるまでに持って行けば当日の消印にしてくれますよ♪

最近では土日も夜まで営業している郵便局も多いので近くの郵便局を確認してくださいね。

編集後記

当日消印にするためには時間が大事になってきますね。

朝ならポストでも。昼以降は郵便局が確実ですね!

ですが、当日に慌てないように前もって郵便物は出しておきたいですね♪

余談ですが、当日必着というものがありますが、それは当日消印ではなくその日までに相手に届いていないといけないので当日の2,3日前には出しておきましょう!