年賀状を上司に送るならこの一言を!コメントを添えると全然違う!

上司への年賀状 年賀状

あと少しで今年も終わり。一年経つのは早いものですね。お正月を迎える前にやっておかなければならないけれど、なかなかおっくうな年賀状作成。友達に送るのはもちろんのこと、やっぱり上司にも送っておいたほうが絶対にいいですよね。

しかし、友達に送るものと同じというわけにはいきません。目上の人に送るのですから失礼のないよう、しかも良い印象を残す年賀状を送りたい!

  • 年賀状を上司に送る時のマナー
  • 年賀状を上司に送る時に添えたい一言

をこの記事ではまとめました。ぜひ参考にしてくださいね!

スポンサーリンク

年賀状を上司に送る場合のマナー

上司への年賀状

まず最初に上司に送るときにNGな年賀状についてお伝えしておきますね。一言を書く前に年賀状そのものが失礼にあたるものではないかどうかチェックしましょう。

賀詞について

年賀状定番の「迎春」「賀正」などの短い2文字の言葉(賀詞)は、実は略語。ですので、上司あての年賀状には向きません

選ぶべき賀詞は

「あけましておめでとうございます」

「謹んで新春のお慶びを申し上げます」

または短くても

「謹賀新年」

「恭賀新年」

など4文字の賀詞を使ってください。

最近はほとんど年賀状のデザイン部分は印刷をすると思いますが、友人や家族以外に上司にも年賀状を送るのであれば、気をつけてデザインを選ぶようにしましょう。

文面について

賀詞の次は文面です。まずは一般的な文例をご紹介します。

謹んで新春のお慶びを申し上げます

旧年中はいろいろとお世話になりありがとうございました

皆様にとってよき一年となりますようお祈り申し上げます

今年もご指導ご鞭撻の程よろしくお願い申し上げます

平成◯◯年 元旦

上記のような文面にしておくとまず問題ありません。ただ、かなり一般的なので気持ちがこもっていないというデメリットも・・。以下の文章の書き方を参考に少し変えるとオリジナル性が出て良いかもしれません。

<年賀状の文章の書き方>

  1. 新年を祝う言葉(賀詞)
  2. 昨年のお礼の言葉
  3. 相手側の新年の健康や発展を願う言葉
  4. 新しい年もお付き合いをおねがいする言葉
  5. 年号+元旦

デザインについて

賛否両論ありますが、あまり親しくない上司には家族の写真入り年賀状はNGとされています。写真入りの年賀状は家族ぐるみの付き合いがある上司にはいいですが、そうでない場合は好ましくありません。

また、デザインされている文面の空白の場所には手書きで一言コメントを添えましょう。印刷だけで終わるより上司の印象に残ること間違いなしです。形だけの年賀状にならない必須ポイントです。

とはいえ、年賀状を上司に送る時の一言・・とても悩む問題です。どういうコメントがいいのでしょうか?次に紹介しますね!

年賀状を上司に送るときの一言

年賀状

年賀状にそれらしいデザインがただ印刷されているだけの年賀状よりも、そこに一言「手書き」で一言コメントが書いてある年賀状はやはり嬉しいものです。せっかく出すのであれば、心を込めた年賀状を送りたいですよね。

でも、相手が上司だけに何書いていいかわからない・・そんな意見もよく聞きます。せっかく書いた一言がかえって失礼にあたってしまう・・なんてことがあってはいけません。

では、どんな一言を書けばいいのでしょうか?!難しい上司への年賀状に書く一言を紹介します。

新年の抱負

◆昨年よりもより一層努力して今年は成果を出せるよう頑張ります。

◆目標に向かって、本年もしっかり業務を努めたいと思っております。

◆今年は売上一位のチームになれるよう、より一層がんばります。

◆昨年の経験を生かし、今年はさらに精進いたします。

◆昨年以上に積極的に行動し、成果を上げられるよう励みます。

 

上記のような新年の抱負、今年の目標を宣言する一言はとても力強く良い印象を与えてくれます。上司も、後輩のやる気を感じとても喜んでくれることでしょう。

具体的なプロジェクトの目標や、昨年達成できなかった具体的な目標などがある場合はその内容を書くとより鮮明に目標を表すことができて効果的です。

日頃の感謝

◆昨年中は暖かいご指導をいただきありがとうございました。今年もどうぞよろしくお願い致します。

◆昨年は◯◯部長のアドバイスにより◯◯の業務を上手く進めることができましたこと、心から感謝しております。

◆日頃のあたたかいご指導に深く感謝いたします。

◆昨年のたくさんのお力添え、誠にありがとうございました。本年は期待に答えられるようより一層努力してまいります。

 

日頃の感謝も具体的に書くと上司の印象に残りますね。日頃の感謝を述べた後に、本年の目標や抱負を組み合わせて一言を書くようにしましょう。

相手の体を気づかう言葉

◆お忙しい毎日だとは思いますが、ご自愛ください。

◆◯◯の業務が終わるまで残業が続くことも予想されますが、お身体ご自愛くださいませ。

 

普段は言葉にできない気づかいも年賀状の一言としてなら書くことができますね。

NGワード

年賀状を書くとき・・特に上司にあてる年賀状の場合に使ってはいけない言葉があります。

それは下記のような忌み言葉です。

  • 「朽ちる」
  • 「古い」
  • 「乱れる」
  • 「病む」
  • 「失う」

上記のような忌み言葉を年賀状に絶対に使用しないようにしましょう。

せっかく一言として良いことを書いても、これらの言葉は新年のあいさつにはふさわしくないです。あまり使うような言葉ではないかもしれませんが、意識していないと知らない間に書いているなんてこともあるかもしれません。

忌み言葉は書いてはいけないと知っておいてくださいね!

まとめ

年賀状シーズンになると、年賀状作成に頭を抱える人も少なくないと思います。さらに上司への年賀状となると考えることが多くていやだ!と感じるかもしれません。

この記事で紹介したような上司への年賀状のマナーを知っておけば、サクサク年賀状作成が進むと思います。

後は気合を入れて一枚づつ一言を書くだけ!お世話になっている上司に、素敵な年賀状を送ってくださいね。

それから上司ですので年賀状を送るなら元旦を過ぎて到着するなんてことがないようにしてください!くれぐれも元日に届くように12月25日までに投函しましょう。

タイトルとURLをコピーしました