年賀状はいらない!断り方の丁寧vr2選・荒技vr3選と例文!

年賀状がいらない時の断り方 年賀状

「新年の挨拶なんてメールかSNSで十分だし、わざわざ時間とお金をかけてまで年賀状を送り合う必要なんてないんじゃない?」近頃、よくそんな声を耳にします。

パソコン1台スマホ1台あれば、世界中のどこからでも知り合いの近況を知ることができるネット社会において、年賀状は少し合理性にかけるのかもしれません。

手間もかかるしお金もかかる、何よりめんどくさい。でも親戚や上司からの年賀状を無視するのも怖いから効果的な断り方を知りたい。

そう思っているのなら、この際勇気を出して年賀状を断ってみたらどうですか?年賀状がいらない時の断り方をお伝えしますよ!

ただでさえ忙しい年末。親戚や上司との無駄な年賀状交換を減らして、去年よりも快適な年末を楽しみましょう!

スポンサーリンク

年賀状がいらない時の断り方 丁寧2選+荒技3選

年賀状がいらない時の断り方

年賀状がいらない時の断り方と言っても、いろんなやり方があります。丁寧な断り方2つと荒技な断り方3つをお伝えします。

どのようにあなたなら断りますか?

丁寧な断り方その1 〜年賀状で来年からは辞める旨を伝える〜

今年の年賀状を最後として「来年から年賀状は辞めます」と伝えましょう。

年賀状を辞める旨を年賀状で伝える事に、何とも言えない歯がゆさを感じてしまいますが・・このやり方が最も丁寧に年賀状を断る方法です。

心を込めた断りのお知らせは、逆にあなたの印象を上げるかもしれません。

丁寧な断り方その2 〜年賀状が届いたら寒中見舞いを出す〜

年賀状が届いたら、寒中見舞いを出して「今年から年賀状は辞めました」と伝えましょう。

「いつも年賀状ありがとうございます」とお礼の言葉もしっかりと添えて報告することで相手の理解を得られます。

寒中見舞いはお正月から1週間後くらいに出すものなので、忙しい時期を避けて報告することができるのもこの方法のポイントです。

荒技な断り方その1 〜届いた年賀状に対して返事を送らない〜

届いた年賀状に対して返事を送らなければ、相手は「この人年賀状辞めたんだな」と空気を読んで来年から年賀状を送ってこなくなるでしょう。

人によっては無視されたと思って印象ダウンに繋がることもあるので、メールやSNSで繋がっているのなら、それなりのフォローを入れておくことをオススメします。

荒技な断り方その2 〜郵便局に転送届けを出す〜

郵便局に転送届けを出して、届いた年賀状を実家に送ってしまう荒技です。

やや現実逃避な気がしないでもないですが、「年賀状なんて見たくもない!」というあなたにはもってこいの方法ではありませんか?

荒技な断り方その3 〜受け取りを拒絶して相手に返送する〜

拒絶したい年賀状に「受け取り拒否」と書いて印鑑を押しポストに投函すると、年賀状の受け取りを拒否することができます。これはもう奥の手ですね。

受け取り拒否した郵便物は、差出人の元へと返送されるので相手はかなりの衝撃を受けることになります。

「もう金輪際関わりたくない」そう思った相手にしか使わない方が良い断り方です。

スポンサーリンク

断り方の例文を伝授!

年賀状がいらない時の断り方

丁寧な断り方と荒技をお伝えしてきました。荒技の場合は文を書くこともないですが、丁寧にきちんと断る場合にはきちんとした文で書きたいもの。

ここでは年賀状がいらない時の断り例文を紹介しますね!

年賀状で「来年からは辞めます」と伝える場合の例文

「新年明けましておめでとうございます。よき新春をお迎えのことと、お喜び申し上げます。

さて、私事ではありますが、本年限りでどなた様にも年賀状を欠礼させて頂くことになりました。何卒、ご了承くださいますよう、今後とも変わらぬお付き合いをよろしくお願い申し上げます。

皆様のご健康とご多幸を心よりお祈りいたします。」

書き方のポイントは、年賀状を辞める理由をしっかりと説明することと今後ともお付き合いを続けたい旨を伝えること。

そして何より「どなた様にも年賀状をお断りしていますよ」と述べることができれば、相手からのマイナスイメージをかなり減らすことができます。

スポンサーリンク

年賀状を出す理由を知れば いらない旨を上手に伝えれる!

年賀状がいらない時の断り方

年賀状を上手に断るためには、年賀状を出す人の気持ちを理解することが大切です。

なぜなら、年賀状を出す人の気持ちが解れば、相手を不快にさせない上手な断り方を知ることができるからです。

では、年賀状を出す理由とは何なのか。ひいては年賀状の良さとは何なのか。ということで、年賀状の良さを3つピックアップしてみました。

・SNSでは味わえないリアルなコミュニケーションが魅力

・年賀状を作ってポストに入れる、それ自体が楽しい

・日本独自の文化として体験することに意味がある

年賀状の良さとは、デジタルな世界では味わえないリアルなコミュニケーションでもって人とのご縁を感じられること。

年末年始に日本特有の風情ある文化を堪能できること、のようです。

年賀状を出したい人の気持ちを知って、いらない年賀状を穏便に断れるといいですね。

スポンサーリンク

まとめ

いつでもどこでも誰とでも繋がることのできるネット社会において、年賀状が果たす役割は年々薄くなっています。

いらない年賀状を上手に断るためには、断り方を知っておくのはもちろんのこと、メールやSNSを活用してちゃんとしたフォローを入れておくことをオススメします。

タイトルとURLをコピーしました