年賀状の料金、2018年用は送料いくら?損せず差出すポイントまとめ!

年賀状の料金

2017年6月1日から、郵便物全般の料金が改定されました!私たちがたくさんはがきを出す機会といえば、年に一回、年末に送る年賀状です。

この料金改定で、2018年用の年賀はがきの料金については特に気をつけておかないといけないことがあります。

下手すれば年賀状で損しちゃうということになりかねない、今回のはがき送料の変更。いくつかポイントがあります。

  • 年賀状の料金(2018年用)について
  • 年賀状料金が適応できる期間の詳細
  • 普通はがきを年賀状として出すときの注意点

これらをまとめていますので、年賀状を用意する前にきちんとチェックしておきましょう!

スポンサーリンク

年賀状の料金、2018年用のはがきはいくら?

年賀状の料金

まず、今回の郵便物の料金改定の一番ポイントとなる部分ですがはがきの送料がこのように制定されました。

  • はがき・・1通62円(ただし年賀はがきは52円)
  • 往復葉書・・1通124円

これまでの料金に比べて、通常はがきは10円の値上げとなりました。で、ここからがややこしいところ。

はがきの送料は62円となりましたが、年賀状だけは送料52円で送れるんです。

普段はあまりはがきなんて出さないけど、年賀状だけはたくさん出すよ!という方には、年賀はがきの送料は据え置きということなんで嬉しいですよね!

ただし、52円で出すには気をつけておかないといけない注意点があります。

それが「年賀はがきを出す差出期間」についてです。いつでも52円というわけにはいきません。もしかしたら損しちゃうことにもなるこの制度。次に詳しく解説しますね。

年賀状料金52円で適応できる期間とは?

年賀はがき

年賀はがきの送料を52円で出すには、期間が決められているのです!

★年賀状を送料52円で出せる期間★

2017年12月15日

2018年1月7日

年賀状の差出スタートは毎年12月15日からとなりますので、ここは問題ないかな?と思いますが、問題は52円料金期間を終了する2018年1月7日という部分

だいたいの方は大丈夫かな?と思いますが、

年末年始に出かけていて年賀状チェックが遅れる → 出してない人がいると気づく → 年賀はがきを慌てて買いに行く → デザイン面を書いて、住所を書く → なかなかポストに行かない?! → やっと年賀はがきをポストに入れる

なんてことをしていると、知らない間に2018年1月7日になってる!というケースは多いのではないでしょうか?

この期間を過ぎて、年賀はがきをそのまま52円で差し出してしまうと、料金不足になり、自宅に戻ってきてしまい、さらに年賀状の到着が遅れてしまうことに・・・。

ちなみにこの52円の送料で年賀はがきを受け付ける最終日については7日に到着する、という意味ではなく7日最終までポスト投函分ということなので、

2018年1月8日の初めの収集までに出せば大丈夫!

ということを覚えておいてくださいね!

それと、今年発行された年賀状でなくても、上記期間内であれば52円で差し出すことができますよ!

この期間を過ぎてしまって年賀はがきを出す場合は、10円の追加料金を支払うことになりますので、いつも年賀状の差し出しや返信が遅れがちならば注意が必要です。

・・・

普通はがきで年賀状を出す方もいますが、その場合はどうなるのか?次に説明しますね。

普通はがきで年賀状を出す人は料金の損に注意!

普通はがき

普通はがき(私製はがき)で年賀状を出す方もいますよね。私の印象ではデザインに凝った方は私製はがきである確率が多いと感じています。

年賀状は、年賀はがきを購入して出すだけではなく、普通のはがきでも大丈夫

普通はがきのおもて面・・切手の下あたりにくっきりと「年賀」と朱色の文字で書いておくと年賀状扱いとしてもらえます。

この場合でも、年賀状扱いですから上記で紹介したように期間内であれば年賀状として52円の送料が適応されます

で、ここで注意があります!

年賀はがきを購入する場合は、初めから1枚52円で購入するので間違いはないのですが、切手が貼っていないはがきを使用する場合や普通はがきの場合は、自分できちんと2018年用の年賀状の料金を把握していないと損をしちゃう可能性が出てきます!

以下のどれに当てはまるのかみて、注意して年賀状として出すようにしましょう。

★切手付きでないはがきを年賀状として使う場合

普通のはがきだからといって、62円切手を貼ってはいけません。きちんと52円分の切手を貼りましょう!

はがき=62円とだけ思っていると、ついつい62円の切手を貼ってしまいます。1枚あたり10円の損を出してしまいます。

★普通はがきを年賀状として使う場合

62円で購入した普通はがきを年賀状として使うのはやめましょう!!62円で購入してますから、1枚あたり10円の損が出てしまいます。

もしも知らずに100枚書いてしまうと1000円も損することに・・・。

しかも、おもて面に「年賀」という文字を書かないで出してしまった場合には、一般のはがきとなり、年内到着となってしまう事態になってしまいます!!

まだ年末なのに「あけましておめでとう??」なんてことになってしまいます。

★昔の普通はがきをこの機会に年賀状として使う場合

上記とは違い、料金改定前に購入してあった52円のはがきをこの機会に使うのは問題ありません。

しかし必ず「年賀」という文字をおもて面のわかりやすい部分にしっかりと書き、上記の年賀状料金適応期間内に差し出すようにしましょう。

これも、年賀という文字を忘れてしまうと年内到着となってしまいます。

しかも、年賀という文字を書かないと、料金不足としてはがきが戻ってきてしまいます!!

・・・・

今回2017年6月の郵便物料金の改定は、年賀状は日本の行事であり利益も出ているということで、たくさんの人が出すであろう年賀状に対しては値上げをしないということになっています。

しかしながらここまでに紹介したようにちょっとややこしい部分もあります。

特に、年賀状を52円で差し出せる期間については知っておかないといけない部分ですので、今年の年賀状を出す際には絶対に気をつけておきましょう。

編集後記

最近ではメールで年始の挨拶をすませる人も多く出てきているとはいえ、やはり年賀状はまだまだ一般的にも親しまれている日本の行事ですよね。

今年2017年12月に用意する「2018年用年賀はがき」については、知らないということで損をしちゃう可能性があることをしっかり覚えておいてください。

  • 年賀はがきの送料は52円のまま料金据え置き
  • 年賀はがき料金52円で出せる期間は2017年12月15日から2018年1月7日で、1月8日の一番の収集まで
  • 普通はがきで年賀状を送る場合でも52円は適応、ただし色々注意あり!

慌てて年賀状を用意することが多い人は特に注意しましょうね!

2018年の干支についてはこちら!

来年の干支(えと)は何?2018年はこれ!動物の意味と物語!
お盆がやってきたらすぐお正月がやってきます。年齢を重ねるに連れてだんだんと一年が経つスピードが速く感じるようになってきました。時が早く流れす...
スポンサーリンク