夏キャンプの必需品!寝具や服装のどうしたらいいを経験からお話します!

キャンプ・アウトドア
By: george ruiz

キャンプといえば夏がメインの季節?

確かにキャンプ場によっては水遊びできたり、プールがあったりと遊びの幅が広がりますね。

ただ、やっぱり夏は暑さがつらかったりするので、長くキャンプをしてきた人なら夏のキャンプといえば涼しい山や高原のキャンプ場を選ぶことも多いとおもいます!

我が家でも暑いと思われるキャンプ場を避け、なるべく標高の高いキャンプ場を選んでいました。

で、夏キャンプの注意点が気温差。

どんなキャンプ場を選んでも夏だから、昼間はある程度暑いです。しかし市街地とは違って朝と夜は冷え込むことがあります。

夏キャンプに行った先で「忘れ物した!」って思うのはだいたい寒さ対策だったりします。そんな経験も含めて夏キャンプの必需品についてまとめますね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

夏キャンプの必需品<住環境・寝具編>

夏キャンプは過ごしやすい住空間を作ることが快適に過ごす一つのポイントです。

虫対策をしながらも涼しさをキープしたり、夜は少し暖かく過ごせるような工夫が必要です。

スクリーンタープ

  • 日よけ
  • 虫除け
  • 寒さ対策

いろんな対策ができるスクリーンタープ!夏のキャンプには必要なものです。

スクリーンタープを使えば、夏はメッシュで風を通して涼しく過ごし、寒くなってくる時間帯からフルクローズにするなどして暖かさを逃がさない工夫ができます!

どんな気候・気温になっても役立つこと間違いなし。

メッシュだから虫の心配も最小限!

301 Moved Permanently

扇風機?

電源付きのキャンプ場には持ってきているキャンパーさんが結構います!

うちは持っていかないのですが、最近は小さいハンディ扇風機もたくさん売ってますよね。

夏の日中はあると快適です。ただし邪魔になるのも事実なので、必需品と言えるかはわかりませんが・・。検討してもいいかもしれません。

虫除け

必ずと行っていいほど虫がいますよね。私の印象では不思議と蚊は少ない時が多いですが、小さい虫はやっぱりいます。

なので夏キャンプにいくなら虫除けグッズは必ず必要です。

  • 蚊取り線香
  • ベープ
  • 虫除けスプレー
  • 虫刺されかゆみを抑える薬

掛け布団になる寝具

夏キャンプ寒さ対策

夏だから寝るときも暑いとは限らないのがキャンプ。

さすがに羽毛の寝袋や毛布はいらないにしても、肌掛け布団のようなものがあると安心です。

我が家の寝袋は封筒タイプで広げれば掛け布団になるものがあるので、何人かで掛け布団として使えるようにいくつか持って行ってます。

寒いと夏風邪の原因になったり心配事が増えるので、寝具については念入りに考えたほうがいいですよ。

焚き火

やっぱりキャンプの醍醐味は焚き火です。調理をしたり、あたたまったり!いろんな場面に大活躍だし、和むとてもいい時間を過ごせます。

必需品というか、やりたいことのような部類ですけど・・焚き火グッズ持っていきましょう!

「夏キャンプなのに焚き火をして気持ちいい」んですよね。すごい贅沢な気分になります♪

服装編

ウインドブレーカー

薄手で重ね着に便利なウインドブレーカーは、夏キャンプには必ず持っておきたい必需品!

夏は夕立も多いので、雨にも対応できるものだとなお良いですね!

夏キャンプも冬キャンプも、着るもので工夫するのは基本です。キャンプ場では時間帯によって温度が違ったり、テントの中と外の気温差があったりと体温調節が大切。

ちなみに、我が家ではお盆休みに標高1600mのキャンプ場に何度もいきましたが、さすがにダウンの出番はありません。でも、夜になるとどんどん気温が下がりウインドブレカーは必ずと行っていいほど着たくなります。

キャンプ用のカバンにいつも入れておきたいくらい重宝しますよ。

多機能アンダーウェア

アウトドア/スポーツ用アンダーウェアなら速乾性抜群です。

昼間に汗をかいてもすぐ乾くので体温を下げることがなく安心ですね。ベタつきも抑え、動きやすいのも特徴。

ちょっと高価なものではありますが、キャンプ用に揃えるのもいいかもしれませんね。

小物で調節する

夏キャンプはどう寒くなるか、時と場合によって全然違ったりします。

服装で温度調節をするのは基本ですが、夏は小物も使いましょう。小物だと荷物になりにくいですし♪

例えば

  • ストール
  • レッグウォーマー
  • 帽子など

ですね。

ブランケットをポンチョ代わりに

ブランケットは常に車に数枚おいてます。体に巻いてポンチョにしたり、腰回りに巻いて巻きスカートのようにつかってもOK!

もちろん寝具としても使えますよね。

家にいるときは、夏だし寒くならないだろうと思ってしまうのですが、キャンプ場では本当に気温がどうなるかわかりません。

何にでも使えるブランケットは便利ですので一枚は持っていくことをお勧めします♪

長袖長ズボン

夏だからと言って半袖半ズボンでは危険!特に子供にはそんな感じの格好をさせがちになってしまいますが、虫のことなども考えて必ず持っていくようにしましょう。

特に足元には草が生えてることが多いので、危険が潜んでいますよ。

涼しい夏キャンプの夜に!嬉しいドリンク!

Hot Wassail 1 By: LearningLark

夏だからと言って冷たい飲み物ばかり用意しちゃってませんか?

夏キャンプの夜は、温かい飲み物が美味しいですよ。

ホットコーヒー

ホットミルク

ホットはちみつレモン

さすがに冬ほど寒くはないですが、夏なのにホットを飲む感覚がまた気持ち良かったりします。

寝付きやすくなったりもするので、お気に入りのドリンクを持っていくのを忘れずに!

編集後記

夏でも場所によっては夜寒くなってくることが多々あります。でもお家にいるときはそれを想像できず、忘れものをしてしまうんですよね。

寝るときなどは寒く感じると寝れなかったりもするので、せっかくのキャンプが楽しくなくなることも・・。

気温差があると風邪をひきやすくなります

持ち物をしっかりと準備してキャンプにいきましょう!

タイトルとURLをコピーしました