梅雨の語源!なぜ梅(うめ)?「ばいう」と「つゆ」読み方の違いは?

スポンサーリンク
By: Alon

毎年夏前、6月ごろに日本にやってくる梅雨(つゆ)。

日本にいると「つゆ」という言葉は毎年よく聞く、聞きなれた言葉ですね。「今年も梅雨入りか〜」って毎年思っています。

でも、この「梅雨」・・「ばいう」って読んだり、「つゆ」って読んだりしますよね?なぜ???どうして???試しにパソコンで変換をしてみても、どっちも「梅雨」と変換されました。

梅雨の語源に何か意味があるのでしょうか??調べるといくつかの説がある事がわかりました。「ばいう」と「つゆ」それぞれの語源を順番に解説します!

梅雨(ばいう)の語源と意味は?

まずは、梅雨が「ばいう」という読み方になった語源から見ていきましょう。

「ばいう」はもともと中国で生まれた言葉。ではなぜ梅という言葉が使われるようになったのでしょうか?語源を見ると2つの説が浮かび上がりました。

「ばいう」語源その1

中国では梅の実ができる頃に長雨の時期がありました。

ちょうど、梅の時期と雨期が重なる事から

梅の雨=梅雨 となった、という説。

「ばいう」語源その2

雨が続くと湿度が高くなり、黴(カビ)に悩まされていました。

黴(カビ)という漢字は「ばい」とも読みます。

黴雨と書いて「ばいう」と読んでいましたが

カビの雨というのは気持ち悪いので、

後から梅という字を当てた、という説。

なるほど!

勉強解決やる気継続

はっきりとどちらが本当の語源かは解明されてないのですが、「ばいう」の語源は

  • 梅の実
  • 漢字の読み方

どちらかから梅という字が使われるようになったのですね。


そしてその中国で「ばいう」という言葉が生まれたのち、日本「ばいう」という言葉が入ってきたのは江戸時代。(日本歳時記という1687年の書物に記録されている)

日本に入ってきた言葉は「ばいう」という読み方だったのにどうして「つゆ」という読み方もされるようになったのでしょうか?次は「つゆ」の語源を見てみましょう!

スポンサーリンク

梅雨(つゆ)の語源と意味は?

江戸時代に日本にやってきた「梅雨(ばいう)」という言葉。なぜ「つゆ」と呼ばれるようになったのか?これにも、いくつかの語源がありました。

「つゆ」語源その1

たくさん雨が降る→木々にたくさん露(つゆ)がつくからという説。

「つゆ」語源その2

梅の実が熟すことで潰れる=潰ゆ(つゆ)・・潰れるという意味

という言葉からきた説

なるほど〜。

「つゆ」の読み方の語源もどちらが正解かはわからないけど

  • 露(つゆ)
  • 潰れる

というところからきているんですね。語源その1の、木々に露(つゆ)がつくというのがありますが、梅にもたくさんの露が付いていたんでしょうね。きっと印象的な景色だったと思います♪

余談ですが、梅を英語で表現すると

  • japanese plum
  • Japanese apricot
  • an ume tree

って言うんですよ!なんか、すごく日本な感じがしますね!

外国では雨の時期だからと言って梅雨のように「梅」にちなんだ言い方はしないんです。梅を使ったつゆという言葉は、日本らしい言い方なんですね♪

梅雨の季節にあじさい祭りが楽しみ!

紫陽花(あじさい)祭り・名所【関西の寺・神社】特集!2016年
梅雨の時期、雨が続いて家事ははかどりませんが、見頃を迎えるのが紫陽花(あじさい)。普段のお出かけは晴れている方がいいですが、紫陽花の花には雨...
紫陽花(あじさい)が美しい関西の公園・植物園特集!2016年梅雨!
photo By: TANAKA Juuyoh (田中十洋) flickr子ども達と一緒にかわいい紫陽花を見に行こう!お寺や神社で見る紫陽花...

編集後記

「ばいう」も「つゆ」もいくつかの語源がありました。私としては

  • カビ
  • 潰れる

というイメージではなく

  • 梅の時期の雨
  • 梅の木々に露がつく

という語源であってほしいなと思います!雨の季節ではありますが、 あじさいや傘選びなどを楽しみましょう!

子供用傘のサイズの選び方♪雨の日を楽しく安全に!
子供は雨が大好きです。子供は傘が大好きです。そして傘をよく壊します(泣)子供用の傘を選ぶ時にいつも迷うのが、サイズです。私も仕事帰りに傘の安...
スポンサーリンク
ブログランキング

最後まで記事を読んでいただきありがとうございます!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らしを楽しむへにほんブログ村 その他生活ブログ 生活術・ライフハックへ
ブログランキング参加中!応援していただけるとうれしいです!