バイキングと食べ放題の違い!そしてビュッフェって?あと元を取るコツも!

バイキング 情報

バイキング・ビュッフェと聞くと思い浮かぶのは食べ放題の事になりませんか?

でもわざわざ食べ放題ではなくバイキングやビュッフェと書くのはどうしてでしょうか?考えれば考えるほどあれ?って疑問になっちゃいますね(汗)

今回はバイキング・ビュッフェ・食べ放題の違いを紹介します!

そしてどうせ行くなら元を取りたい!というわけで、食べ放題に行く時のコツもまとめました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

バイキングと食べ放題、違いはどこにあるの?語源や意味とは?

バイキング

「今日は、バイキングにでも行こうか!」そんな会話が聞こえてきそうですが・・よーく考えてみると、バイキングという言葉は食べ放題の他に海賊を思い浮かべることもできますよね。

ですがこのバイキングは海賊と一切関係ない和製英語なのです!まず、バイキングと海賊は違うものだということを理解しておいてくださいね。

では、なぜ食べ放題のことがバイキングと呼ばれるようになったのでしょうか?

起源は1950年代にホテルで立食形式の食べ放題を作る際に店の名前を公募をしたことがきっかけ。多くの方から募集をしたのですが、バイキングという名前が候補に挙がりました。

その時にちょうど海賊の映画が人気だったこともあり、店の名前を北欧らしさと併せてインペリアルバイキングと名付けました。このことから食べ放題のことをバイキングと呼ぶようになりました。

つまり食べ放題とバイキングはほぼ同じ意味になります。

ただ時代が進につれて食べ放題をバイキングと呼ぶ人も減って来ました。お父さんたちの世代はよく言ってたような感じもしますが・・最近バイキングという文字を見かけないのは時代の流れのせいかもしれませんね。

では、もう一つの言葉「ビュッフェ」。これも食べ放題のような感じで使われますね。次はこの違いを見ていきます。

バイキング?ビュッフェ?違いが難しいけど結局食べ放題とどう違う?

先述したとおりバイキングは食べ放題とほぼ同じという結論になりましたが、ビュッフェはどうでしょうか?

実はビュッフェの意味はフランス語で立食形式の食事を意味します。

日本でいう立ち食いですね 笑。映画でも立ちながらテーブルの食事を食べていたり、ボーイの持っている飲み物をもらうシーンなどで見たことある方もいると思います。

でもそうは言っても、日本ではビュッフェの店は食べ放題でなおかつ、ちゃんと席につきますよね?

ビュッフェの「テーブルに並んだ食事を各々で取って食べる部分」だけ取り入れて、「食べ放題とほとんど同じにした」のが世間で見るビュッフェです。

つまり

バイキング

和製英語で、もともとはビュッフェ形式の料理を作っていた店の名前。そのことがきっかけで食べ放題がそのままバイキングになった。

ビュッフェ

フランス語で立食形式の食事という意味。そこからテーブルの食事を取る形式から食べ放題の意味になった。

 

とまとめることができます!

どちらも今では同じ食べ放題ですが、日本の感覚では格式の高いパーティーや海外で恥ずかしい経験をすることになる恐れも。時間とともに変化した部分がありますので、場所や場合によって差があることはわかっておきましょうね。

それとたまにアジアの店でバイキングという文字を使っていますが、ターゲットが日本人なのでそういう言葉を使っているだけなので注意が必要です。

また、時間制限のある食べ放題が「食べ放題」と呼ばれ、テーブルのものを取るのが「ビュッフェ」と分けている所もあります・・が、個人的な経験でも食べ放題でも基本はテーブルから取りに行きますし、ビュッフェでも時間制限がある所もあったのであまり意味など気にしてないのかな?という印象を受けました。

バイキング・ビュッフェ・食べ放題でお得に美味しく食べるコツ

では最後にお得に食べるコツを紹介します!

食べ放題となるからには原価以上食べたいですよね?いくつかコツを用意しましたのでバイキング・ビュッフェ・食べ放題に行くまえにチェック!

食品の原価を知っておく

例えばお肉なら牛肉の方が高そうですよね?

ですが豚トロは牛より原価が高いこともあるんですよ!ピザなんかは1切れ数十円と原価で考えるととても低くなり損した気分になります。

食べ放題でお金のこと考えるのもなんだかしんどいかも?ですけど、原価を知っておくだけでもお得に食べれちゃうこと間違いなし!

飲み物は最小限に

飲み物の単価が低い事はもちろん、炭酸なんか飲むとお腹にガスが溜まりすぐにお腹がいっぱいになってしまいます。

全く飲むなとまではいいませんが、元を取りたい気持ちが強いなら飲み物より食べ物を優先にしましょう。

たまに飲み物に黒ウーロン茶があるのですが、これは飲み物自体値段が高くからだにいいので得した気分になります。

服装はゆったり

当然きつめの服だとお腹を圧迫してしまいます。

ゆったりした服装で行きましょう。戦闘態勢は家から始まっています(笑)

ご飯抜きはNG

食べたい為につい朝食や昼食を抜いてしまいたくなりますが、これは逆効果になります。

ご飯を抜くことにより食べた時に血糖値が急上昇して食べれなくなってしまいます。

「いつもと同じような食生活ーちょっとご飯少なめ」くらいがいいですね。

食べたいものはちょこちょこ取る

皿いっぱいに料理を持ってくると脳が沢山食べたと認識し満腹の信号を送ります。

なので食べ物は少しずつ持ってきて食べた皿は早めに片づけるのがベストです!

なんども取りに行くのが面倒な気持ちにもなりますが、時間によって新しいメニューが登場したり、さっきまでなかったものが復活していたりするので、いろんな意味でちょこちょこ取りに行くのは食べ放題では有効ですよ。

編集後記

バイキングもビュッフェも日本では同じ意味として使われています。食べ放題というよりおしゃれな言葉になりますしね!

食べ放題となるとついつい元を取ることに集中してしまいますが、一番は楽しく食べること!

コツもお伝えした原価も、元を取るという意味では知っておいたほうがいいけど、そればかり気にしていたら食欲も落ちますし食べ放題が苦手になってしまいます。

原価の低いピザだって宅配されれば2000円はするもの。悩むより食べたいものを食べてもいいのではないかなと考えています。

何事も無理せず食べ放題を楽しみましょう!