浮き輪のサイズ小学生ならどれ?身長で選ばない!目安になる一覧表

浮き輪のサイズ(小学生) プール

夏になると行きたいところといえば海やプール!小学生くらいの子供はアクティブで、プール用の遊び道具もたくさん欲しがりますね。

その中の一つが浮き輪です。浮いてバタバタもしたいし、プールの上でのんびりもしたいって我が家の小学生は言ってます。

押入れの底から浮き輪をひっぱり出してみるとサイズが小さい!小学生になると成長も早いです。じゃあ買い換えるか・・と思っても浮き輪のサイズが分かりにくいですよね?

そこで今回は小学生の浮き輪のサイズの選び方を紹介します!後半には目安にできる一覧表も!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

浮き輪のサイズってどう選べばいいの?小学生にピッタリのものとは?

浮き輪のサイズ(小学生)

浮き輪にはそれぞれ「○cm」と記載されていますが、あれは浮き輪の直径を表しています。

なので実はウエストサイズや身長とは関係ないので注意が必要なんです。

成長が早いから大きめのものを…と考えると、使った際に体が抜けてしまい溺れてしまう可能性もあります。

そういった事故も実際発生していますので注意して下さい。

特に兄弟のお下がりを使う場合浮き輪のサイズは気をつけましょう。

お店によってはサイズ合わせ用の浮き輪が用意されているので試着すると間違いが無くなりますよ♪

ですが、最近はネットでデザインの良いものが安く買える時代になりました。そのため説明文のサイズ等の情報のみでピッタリなものを判断しなければなりません。

浮き輪のサイズの具体的な選び方ですが、浮き輪を選ぶときに何を基準にすればいいのでしょう?

浮き輪のサイズは身長で選んではいけない

身長で考えれば簡単!と思う方もいますが、実は身長で考えるのは危険です。

確かに平均的なサイズは身長で選べますが、子供の体型ってそれぞれ違いますよね?身長で選んだらきつくて入らなかったり、逆にゆるゆるになってしまうことも。

そこでおすすめなのが胸囲を目安にする事!

浮き輪は浮力により水面に浮かびます。胸元くらいのサイズに合わせておけば例え両手を閉じていてもすっぽ抜けてしまう危険性はぐっと抑えられます!

サイズの選び方としては胸囲±2cmくらいのサイズの浮き輪がピッタリになります!

胸囲の測り方は両脇の下の胸の最も大きい所で計ります。バストの測り方と少し違うので気をつけて下さい。

例えば胸囲が55cmとすれば選ぶサイズは53~57の浮き輪になります。

しかし、子供は目を離すとどこかへすぐ行ってしまうこともしばしば。年齢が低いとなおさらその危険性は増します。

低学年では安全の為に胸囲-2cmのサイズがおすすめです。

次では浮き輪のサイズを選ぶのに便利な一覧表を用意してるので参考にして下さいね♪

浮き輪の平均サイズ一覧!体が大きくても小さくても困らない早見表

浮き輪のサイズ(小学生)

6歳

<平均胸囲>

男子:58cm

女子:56cm

浮き輪のサイズの目安:54~60cm

7歳

<平均胸囲>

男子:60cm

女子:58cm

浮き輪のサイズの目安:56~62cm

8歳

<平均胸囲>

男子:62cm

女子61cm

浮き輪のサイズの目安:59~64cm

9歳

<平均胸囲>

男子:65cm

女子:64cm

浮き輪のサイズの目安:62~67cm

10歳

<平均胸囲>

男子:68cm

女子:67cm

浮き輪のサイズの目安:65~70cm

11歳

<平均胸囲>

男子:70cm

女子:71cm

浮き輪のサイズの目安:68~73cm

12歳

<平均胸囲>

男子:74cm

女子:75cm

浮き輪のサイズの目安:72~77cm

表を見て分かるように10歳程で男女の胸囲の順位が逆転します。

当然成長期を迎える為体が想像以上に大きくなったり、逆に平均より下になる場合が有ります。

この表はあくまでも目安なので浮き輪を購入する際は実際に胸囲を計ったり、あらかじめお店でサイズを検討しましょう。

また、通販では購入した方のレビューも参考になりますよ♪商品にはそれぞれ違いがあるので、必ず読んでから買うようにしましょう。

まとめ

成長期でもある小学生の時期の浮き輪。

サイズが小さくなりやすいから大き目をとついつい思いがちになりますが、大事なのは丁度のサイズを買ってあげる事。目安にするのは身長ではなく胸囲ということを覚えておいてくださいね。

楽しみに行ってるプールで事故が起きたら大変です。

事故を防いで大切なお子様の命を守るためにもサイズはちゃんとしたのを選びましょうね♪