「メリークリスマス」はいつ言う?意味ってなんだ!?いつまで使う?

クリスマス クリスマス

「メリークリスマス!!」ってクリスマスの時期になるとあたりまえのように、しかも無条件でみんな言いますよね。

私のこの言葉のイメージは、サンタのおじいさんがプレゼントを配りながら夜空で叫んでいるとか、外国映画で道行く人々がクリスマス当日の朝に「おはよう」の代わりみたいに言っているとか…。

 

でもよ~く考えてみると「メリークリスマスの本当の意味はなんだろう?」って疑問が湧いてきませんか??メリー?そしていつからいつまで使う言葉なの?

今回は、知っているようで知らなかったクリスマスの言葉「メリークリスマス!」について意味やいつ言うかの期間、補足情報としてメールやカードはいつ送るべきなのか?を調べてみました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

メリークリスマスってどういう意味?いつ言うのが正しいの?

クリスマスリース

さて、この言葉「メリークリスマス!」の意味とはなんなのでしょうか?

みなさんご存じの通り、メリークリスマスは英語であり、‘’Merry Christmas”と書きます。

まずは「Christmas」。これの意味はそのままクリスマスですね。キリスト教の神様、イエス・キリストの降誕祭のことです。

次に「Merry」の意味です。これを深く考えたことありましたか?私はなかったです。

この「メリー」って言う言葉は楽しい、楽しげ、うきうきした、愉しげ、嬉々たるなど、とにかく楽しい気分のことなんです。

この

メリー→楽しい
クリスマス→キリストの誕生を祝う日

をくっつけて完成したものが「メリークリスマス」となり、「楽しいクリスマスを!」という言葉になるわけです。

メリークリスマス!!=楽しいクリスマスを!!

キリスト教徒には春のイースター(キリスト復活祭)とともに、クリスマスは重要な記念行事となっているいわゆる宗教行事。

薄々あなたも気が付いていたとは思いますが、日本の仏教徒が祝うものではなかったりするんですけどね( *´艸`)

そんな意味をもつクリスマスの挨拶言葉の「メリークリスマス」ですが、いつからいつまで言うものなのでしょうか?当日だけなのか、ある程度の期間言ってもいいものか?これも迷うところですよね。

メリークリスマスはいつから言っていいの?

本場アメリカでは12月に入ったら言い始めるようで、さらに12月中旬くらいから頻繁に言うようになるようです。

そして、まだ11月下旬、12月初旬であっても知り合いに会ったり電話したりして、もうクリスマスまでは会わない、話さないということがほぼ明確であれば、別れ際の挨拶として「メリークリスマス」と言う場合もあるようです。

しかし、その時は単なる「メリークリスマス」だけでは当日のようになってしまうので、「メリークリスマス to you」と言ようにしましょうね。

日本でいうところの「よいお年を…」のように使うと言うことですね。

 

相手が楽しくクリスマスを過ごせますようにと声をかける言葉、「メリークリスマス」ですが、今後は逆にいつまで言うのがいいのでしょう?

早くから言い始めても良いことはわかりましたが、終わりはいつまででしょうか?

メリークリスマスって使えるのはいつまで?

クリスマス

なにかと忙しい日本人は、クリスマスケーキの予約をしてねというCMなどはハロウィンが終わった途端に流れ始めたりして、徐々にそこかしこで「メリークリスマス」が聞こえてくるようになります。

日本での「メリークリスマス」は、相手がよいクリスマスを迎えられるようにという深い意味が込められていることはあまりなく、クリスマスイブのパーティーが終わるとともに消えていきます。

しかし、本来の意味を考えると「メリークリスマス!」はイブではなくクリスマス当日である12月25日、クリスマス当日に使うのが正しいです。

12月前半になると使い始めると言うことは先ほど紹介しましたが、実は正しい使い方とは言えないんですね。

挨拶がわりに12月になってからクリスマス当日まで使うようにはなっていますが、いつまで言うのかと言うと、クリスマスを過ぎると使わないのが本場アメリカの習慣です。

12月25日をすぎたらメリークリスマスは言わない

たしかに「よいクリスマスを!」という意味の挨拶をクリスマスが過ぎて言うとおかしいですよね。

クリスマス気分は25日まで!ですよ。日本でいうともうお正月は目の前ですから。

・・・

実際に会う人には挨拶として12月上旬〜クリスマス当日までということで疑問は解決しましたが、メールやクリスマスカードはいつ出すべきなのでしょうか?

補足情報として調べてみました!

メリークリスマスのメール・カードはいつ出すの?

やはり、こちらもアメリカでは25日の当日にメールやカード、電話などが家族や親しい友達から届くようです。

日本でも年賀状は1月1日に届くように送るので、それと同じ感覚でしょう。

しかし海外から日本・日本から海外に送る場合はちょっと注意です。

メールはすぐさま届きますが、カードを郵送する場合はどうしても日数がかかってしまいますよね。私のいとこは海外住まいなのですが、年賀状ではなくクリスマスカードを毎年送ってくれます。

到着する日はいつも12月初旬から中旬です。おそらく12月に入ってすぐに郵送してくれているのでしょう。

海外便は何日かかるか明確ではないので、すぐ着く時となぜか長くかかる時があります。うまく日にちを指定することができない分、早め早めの郵送をおすすめします!それこそ挨拶と同じでクリスマス当日がすぎてしまうとなんだか変なので・・。

 

日本同士のやりとりでは、クリスマスメールっていつ送るのかなぁ?と、調べてみるとなんと24日に送りましょうなんて言葉を発見!当日ではないんですね。

やはり日本のクリスマスの捉え方と本場アメリカのクリスマスには相当違いがあるようです。

 

このことから判断すると、クリスマスをきっちり祝う外国やキリスト教の人に送るのであればクリスマス当日の25日に、ほぼ24日が祝い日になっている日本人には24日に送るのがベストと考えられます。

編集後記

とても有名な言葉なのに、なんとなく使っていた「メリークリスマス」。

外国での時期や使い方と日本での時期や使い方には多少違いがあるようです。

いつからいつまで言うのか、メール、カードなどはいつまでに到着するといいのか、などを知らないばっかりにせっかくの挨拶が無駄になってしまっては悲しいです。

きちんと時期を知って行動することで解決するので覚えていてくださいね!

「メリークリスマス!to you!」