小学校入学式の日程と時間を正確に知ろう!雨や写真撮影のポイントも

入学式

小学校入学式の日程はいつなのか・・?聞いたっけ?どうだったっけ?あれー?!ってなることありますよね。

入学となると色々な準備もあるし、仕事をしているのであれば休暇をとる申請も必要です。

初めてであれば、何かとわからないことも多いので不安もあります。知っておけば対応できることが増えるので、やはり早く知るに越したことはありません!

それから入学式の時間帯や、雨かもしれないこと、そして撮影のポイントなども気になるところ。この記事では

  • 小学校入学式の日程を正確に知る方法
  • 小学校入学式の開始時間帯について
  • 小学校入学式が雨の時のポイント!
  • 入学式の時の写真撮影についてのポイント

について紹介していきたいと思います!3人小学校の入学式を経験してわかったことも多くありますので、ぜひ参考にしてくださいね。

小学校入学式の日程を正確に知る方法は

小学校入学式の日程をあらかじめ知りたい・・もしかしたら近所の方やママ友が知っているかもしれませんが、「たぶん」と適当なことを教えられても結局は微妙に間違っていそうで困りものです!

確実な情報を知るためにはどうしたらいいのでしょうか?

まずチェックして欲しいのが入学通知書です。

大体どの市町村でも1月末ごろまでには到着する「入学通知書」。ここに入学式の日程など詳しいことが書かれています。これを見れば一発でバッチリわかります!

・・・え?これをすぐ見れない状態だから聞いてる??そうですよね。

もし入学通知書がすぐにない場合は、都道府県または市町村のホームページを確認すると入学式の日程を知ることができます。

入学式の日程HP画像

検索で、「小学校 入学式 ○○市」と入力し検索してみてください。

ほとんどの場合、検索順位1位か2位あたりに指定した市町村のホームページが掲載されています。

検索結果画像

対象の都道府県や市町村のホームページを見ると小学校と中学校の卒業式と入学式の日程を掲載しています。

もし見つけたページに小学校ごとの細かい日程が書いてなくても、ページのどこかに日程が記載されたPDF資料が貼り付けられていることもありますので探して観てくださいね。

それでもない場合は、小学校単体ページを探してみてください。年間行事予定が書かれたPDF資料が貼り付けられている場合があります。

HP入学式日程のページ

これらの資料をダウンロードして中身を見れば、小学校ごとの入学式以外の日程もわかるようになっている事が多いです。

そして最後の手段は学校に電話です。どうしてもわからなければ、電話をかけてみてください。すんなり教えてもらうことができますよ!

入学式は子供の晴れ舞台。

きちんとした日程をあらかじめ知っておかないと、仕事の休み関係や服装の準備など色々時間が足りなくなってしまいます。

一生に一度のことだから、しっかりと準備ができるようになるべく早く日程を知っておくようにしましょう!!

小学校入学式の開始時間は何時から?

入学式

次の問題は小学校入学式の開始時間ですね。

日程がわかっても何時からかわからないとなると、肝心な部分を見逃してしまう可能性もあります。

さらには兄弟で同時に入学式という場合もあるでしょう。

そんな時は、誰がどっちに行くのか?何かしておくべきことはないか?などとても難しい対応となりますよね。

入学式の開始時間帯については、各市・各学校により違いがあるようです。

入学通知書をみて確認するか、学校に問い合わせて聞いてみるようにしましょう。

私の市では、小学校と中学校では入学式の日程が違います。他の市では、同じ日だけど午前と午後に別れて行う、と言った場合も多いようです。

先ほどと同じようにホームページ上で紹介されていることも多いですが、なければ必ず事前に問い合わせて知っておくようにしましょうね!

小学校入学式が雨の場合のポイントはある?

雨の桜

小学校入学式当日が雨の場合でも、入学式は行います。基本的に体育館で行うので式自体は問題ありません。

どうしても雨が降るなんて嫌だなーって思ってしまいがちですが、雨が降るなら降るで、晴れの時とは違った準備をするとスムーズに入学式を迎えることができます。

入学式の日が雨の場合は、大人も子供も次のことに注意をしておきましょう。

入学式の服装でも恥ずかしくない傘を用意する

入学式の服装はきっちりしているのに傘がボロボロだとちょっとアンバランス。

そのために傘を買う必要まではありませんが、そこそこ見栄えのする傘がある方が良いと思います。

当日バタバタしないように、準備をしておきましょう。

雨なら写真撮影も早め早めに

雨が降ると写真撮影がとてもしにくくなります。

でも、入学式の写真が撮れなかった!なんてことになると悲しいですよね。我が子の成長を残しておきたいので、入学式の写真は必須です!

家の前などでの写真撮影は、入学式当日の服装を試着した時にでも済ませておいたり、当日はできるだけ屋根のあるところであらかじめ多めに写真を撮っておくなど工夫をしましょう。

入学式の後になるととてもバタバタするので(この次の項で理由はまとめます!)何事も早め早めの行動を!

雨に長時間いても大丈夫な靴で、かつフォーマル対応のもの

大人はまだ足元が濡れても帰宅まで我慢することも可能ですが、子供は足がビチョビチョになると機嫌が悪くなる可能性も。

土砂降りの場合は長靴もありですが、黄色などの派手な色やキャラクターものだと浮いてしまいます。

黒やグレーの長靴があるといいですね。

または、徒歩で小学校行くまでは長靴を履かせておき、いざ本番前に革靴を履かせる、という方法も有効です。ママは荷物が増えてしまうけど、準備をしておくことで入学式がうまくいきます!

大人も、最近ではおしゃれなパンプス型の防水靴が売ってますので購入しておくと安心です。

グレーの服は濡れると濃くなり目立つので避ける方がベター

グレーの服って、雫がついたらそこだけ濃くなってしまいますよね・・。

これって、仕方ないけどなんだか目立つので、可能であればグレーを避ける方が良いと思います。でも入学式の服装は事前に用意するので、当日雨かどうかで決めれるものじゃないのも事実・・。

もし雨が降ってきそうなら、フォーマルでもいける感じのレインコートや薄手のコートを羽織っていくといいですよ。ただし、式の時は脱ぐようにしましょうね。

白っぽい感じの服は汚れる恐れありなので覚悟しておく

卒業式と違って、入学式は明るめの色の服装をチョイスすることも多いと思います。

しかし・・雨の場合は汚れてしまう可能性がありますよね。

この場合も、上記のグレーの服装と同じように、上からコートなどを羽織っておけば安心です。

タオルは多めに用意する

タオルは必ず多めに持って行くようにしましょう。どれだけ濡れるかわからないし、式の時の椅子などが濡れてしまってる可能性もあります。

タオルと同時に、ビニール袋もいくつか用意しておきましょうね。

靴を入れることになるかもしれませんし、濡れたタオルを入れたり、折りたたみ傘を入れるのにも役立ちます。

途中で雨がやむことも想定しておく。

雨だ雨だ!!と思って当日学校に行くと、意外にも小雨になりついには雨が止んだ!ということも十分あり得る話です。

不思議ですけど、「私たちの入学式をお祝いしてくれてるんだー」って思いたくなるような天気も案外あります。

そんな時、かなりの雨仕様をしてしまっていると逆に恥ずかしい思いをしてしまうので、「晴れたらこうしよう」と思う服や靴を想定しておきましょう。

荷物にはなりますが、持っていけるものは持ち歩きましょう。

入学式は写真をたくさん撮るので、晴れてるのに雨の格好をしてる・・という写真が一生残ってしまいます〜(汗)

小学校入学式の写真撮影に注意!!

写真

入学式の日には、正門に「入学式」と書かれた看板が出されます。自分の入学した時の写真でも、ここで撮影したものがあるパパやママもかなり多いのではないでしょうか?

これがね、かなーり混雑するんです。

できれば早めに行って、初めのうちに家族で入学式らしい写真を撮っておいてください。

早めに行っても同じことを考えている家族がいるので、大概並んで撮ることになります。でも、朝はまだ落ち着いてるので絶対に1枚撮っておきましょう。

後回しにして帰りに写真撮影をしようとすると、「テンションマックスの子供たちをまとめ上げる」ことまでもが必要となってきます。特に女の子の場合はすごいです・・。

「誰々ちゃんと一緒に撮りたいー!」「この3人だけの写真も撮ろう」「あ!あそこに○○君がいる!呼んでこよう!」

なーんていうことが続き、ポーズのタイミングが決まらず、みんながこっちを向いた写真なんて撮れない!!!みたいになります。これを何組もやってるもんだから、なかなか入学式の看板の前が開かず、行列に・・。

楽しそうな写真ももちろん欲しいのですが、初めに落ち着いた感じで撮った写真があることで、安心して帰りの写真撮影に対応することができますよ。

先ほどもお伝えしましたが、雨の日ならもっと要注意!

傘があるのでもっと大変になります。雨ならなおさら、朝のうちに撮っておくことをお勧めします!

まとめ

小学校入学式の日程を知らないと何かと焦っちゃうことになりかねません。

子供にとっても、親にとっても、その子の小学校入学式は一生に一度!

良い思い出となるように準備をしておきましょうね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする