銀行口座の引き落としが土日ならどうなる?入金は当日でも間に合うの?

銀行引き落とし <生活・雑学>

「銀行の引き落とし日が土日と被っていて、もしかしたら入金が遅れたかも・・」期限がある支払いが多いので、そう慌てた経験のある方も多いのではないでしょうか?

銀行口座の引き落としシステムについて知らないことが多いと、いざという時にトラブルを起こしてしまう可能性があります。

そこで、口座引き落としが土日と被った場合や、万が一入金が遅れてしまった時の対処法などをご紹介します。

スポンサーリンク

銀行引き落としが土日と被った場合どうなる?

銀行引き落とし
銀行引き落としが土日と被った場合は、翌週の月曜日に引き落としが行われます

月曜日が祝日の場合は火曜日、火曜日も祝日だった場合は水曜日に処理が繰り越されるのが一般的です。基本的に引き落とし日が早まることはなく、引き落とし日が土日及び祝日と重なった場合には次の平日に引き落としが行われます。

「引き落とし日が金融機関の休業日と重なったら翌平日まで引き落とし日が引き延ばされる」と覚えておくと良いでしょう。

引き落としと休日の関係がわかったら、次は時間的な問題も気になるところ。引き落とし時間について、次の項で見ていきます。

引き落とし時間はいつ?銀行によって違うの!?

銀行引き落とし
引き落としの日程も気になりますが、時間に関しても疑問があります。引き落とし日の何時までにお金を用意しておかなくてはいけないのか?それによっても状況が変わることもあるかもしれません。

時間について、引き落としの時間は金融機関によって異なるため、一概に「何時何分に引き落とし処理が行われる」と断言することはできません。

引き落とし日当日の深夜に引き落とし処理を行う銀行もあれば、当日の朝イチで引き落とし処理を行う金融機関もあります。

深夜に引き落とし処理が行われる場合は、当日の朝入金しても引き落としには間に合いません。引き落としの遅延を避けるためには、前日の夜までには入金を済ませておくようにしましょう。

銀行によっては、入金され次第引き落とし処理が行われたり、一日に複数回入金確認が行われたりして、当日振込でも引き落としに間に合うケースもありますが、やはり引き落としがある場合は前日までに入金を済ませておくことがベストということになります。

入金遅れにより引き落としができない場合のリスクとは?

銀行引き落とし
入金日の残高不足によって引き落としの滞りが繰り返されると、大切な個人の信用情報に傷がついてしまいます

クレジットカード会社は特に引き落としの遅延に厳しく、遅延が続くとブラックリストに載せられることもあります。

ブラックリストに入ると、カード審査やローン審査などに多大な悪影響を及ぼすため、クレジット利用額の未払いには厳重注意が必要です。

万が一引き落としが遅れてしまった場合は、クレジットカード会社に連絡して事情を説明し、返済の意思があることをしっかりと説明するようにしましょう。

引き落としの遅延をそのまま放置してしまうと危険です。カード会社に「この人は返済する意思がないんだな」と判断され、信用を著しく落とす可能性があります。

まとめ

お金を引き落とし日までに用意しなくてはいけない利用者のことを考え、引き落としと休日が被ってしまった場合は次の日に繰り越されることがわかりました。

引き落とし時間については金融機関によって変わるので、引き落としができなかったという状況を避けるために必ず引き落とし日前日までにお金を指定口座に入金しておくようにしましょう。

今回紹介したような、銀行行き落としのルールについて把握しておけば、入金遅れなどのトラブルを未然に防ぐことができます。万が一のことを考え、再引き落としの有無や引き落とし時間についても知っといてくださいね。

これに関しては銀行ごとに異なりますので、自分が利用している銀行のシステムについて調べておくようにしましょう。

万が一引き落としが遅れてしまった場合は、カード会社に返済の意思があることをしっかりと伝えるようにしてくださいね。

タイトルとURLをコピーしました