使用済み通帳保存期間!捨てるちょっと待って!廃棄前に確認しておきたいこと。

使用済み通帳の保存期間 <生活・雑学>

口座引き落としやクレジット払いなどで通帳記載しているとすぐに溜まってしまうもの。

使い終わった通帳って保存した方がいいか良く分かりませんよね?そこで今回は通帳の保存期間や廃棄方法などを詳しく紹介します!

スポンサーリンク

使用済みの通帳の保存期間は決まっているの?

使用済み通帳の保存期間

使用済みの通帳ですがこれは残さないといけないのでしょうか?

実は特に保存しないといけない期間は決まっていません。ですが残しておいた方がいい場合が有ります。

次のようなことがありそうな場合はすぐに捨てないようにしましょうね。

確定申告で利用する

通帳の記載を確定申告の際に領収書として利用している場合は5年ほど残しておくことをお勧めします。

家などのローンを組む

必ずではないですが、家のローンを組む際に出入金が分かればローンを組むのに役立ちます。

その際は1年ほどの記載のある通帳はおく事をお勧めします。

故人の相続が終わっていない通帳

相続が終わってないのに通帳を処分すると合併して別銀行にお金が残っていても降ろすのに時間がかかってしまいます。

また税務署が入った際にお金の流れが分かるので相続が終わるまでは残しておきましょう。

普段はあまり使わないですがいざとなって使うことになるかもしれません。特に相続の場合はお金に関する物を処分するのは全てが終わってからにしましょう。

使用済みの通帳の廃棄方法は?安心安全に捨てる方法とは?悪用されないために

では通帳の廃棄方法を紹介する前に使用済み通帳でどう悪用されてしまうか紹介します。

古い通帳の印影で銀行印を作られてしまう。

通帳と銀行印は一緒に置くなというように、このふたつが有ればお金は引き出せてしまいます。

古い通帳には印影が載っている場合がある為悪用されてしまいます。

個人情報が満載

一見すると個人情報なんてわからない気もしますが、まず名前が分かりますし、口座番号もわかります。

店番号からどこの銀行かも把握できますよね。

使用済み通帳では出金は出来ませんが入金は出来ますよね?例えば悪意を持った人がお金を送金することが出来ます。

そのお金は突然入金され、怪しい取引が行われたと判断され警察が介入する恐れもあります。

そう・・あなたが犯罪者として名前が挙がってしまう可能性があるのです!

あとで疑いが晴れるとしても取り調べは精神的にも苦痛ですし、ローンも組めなくなる恐れも。そうならないためにもきちんと処分しましょう。

では安全な使用済み通帳の廃棄方法は?ですが、印影が有るならそれを塗りつぶしてシュレッダーにかけること!これが一番です!

使用済みの通帳をシュレッダー以外で捨てる方法!持ってなければこうしよう

先ほど紹介したように、使用済み通帳を廃棄するにはシュレッダーが安全ですが、家にシュレッダーがない家庭ももちろんあります。

その場合はどうするかと言いますとハサミで細かく切り刻む事です。出来るなら切り刻んだ後絵の具など混ぜてもいいでしょう。

とにかく何がきざまれているのか分からないようにしましょう!また故人の通帳が多すぎる場合は遺品整理業者に有償で廃棄してもらうこともできますが不安ならご自身でされるのが安全と思います。

ここからはダメな処分方法です。

×銀行に持って行く

実は銀行では持って行っても廃棄してくれません!持って行かないようにしましょう。

×燃やしてしまう

よくドラマで燃やして隠滅するシーンなんか見ますよね?

今でも田舎ではゴミ収集が無く庭で燃やす家庭もありますが火事の危険もありおすすめしません。

さらに燃やした所で完全に燃え尽きません。大事な所が燃え尽きず残る可能性もあるので絶対にやめましょう。

まとめ

使用済み通帳だとしても使い道が有るものは残すべきですし、相続がからむと重要になります。

もし相続で通帳を処分していいか悩んだ際は税理士に相談しましょう。

タイトルとURLをコピーしました