新日本海フェリーの食事は持ち込みで!敦賀港の近いコンビニの品揃え

新日本海フェリー<おでかけ・キャンプ・乗り物>

我が家では夏休みを利用して北海道に行くことが恒例となりました。キャンプをしながら巡るので、車は必需品!だからフェリーを使います。

敦賀港から苫小牧行きの新日本海フェリー。ほぼ丸一日をフェリー内で過ごすから、欠かせないのが食事計画ですが、全てをフェリー内食堂やレストランで食べるのは家族の多い我が家にとっては経済的負担が大きい。

だから、1回分か2回分の食事はコンビニで買うことをお勧めします!

実際に新日本海フェリー敦賀港から北海道に行った時に、持ち込みするために寄ったコンビニについてレビューをしたいと思います。

スポンサーリンク

新日本海フェリーの旅!食事は持ち込みがおすすめ

北海道行きの新日本海フェリーは約20時間の旅。敦賀新港までに持込の食料を買おうとコンビニに寄ろうと思っていたら、乗り場についちゃったことがありました。

大阪方面から敦賀港に向かう時、最後のコンビニに寄ろうと思っていたのに、調べていなかったせいで通り過ぎちゃったんです。最後のコンビニは15分くらい前にあったかも・・(汗)

それでも、フェリーに乗るのであれば食事の持ち込みは必須!だから戻りたいけど、流石に15分かかってコンビニにもどったらフェリーに乗る時間にギリギリになりそうで怖い。

敦賀港の近くにコンビニないかな?と探したら、敦賀新港からすぐ、約2キロのところにローソンがありました!

大阪方面からだとわからなかったコンビニです。

ローソン敦賀赤崎店。 8号線沿い。ここが敦賀新港からは一番近いのではないかと思います。

この日もフェリーに慣れてそうなバイクの方も数人いて、持ち込み用と思われる食事を買っていく姿が見られました。

??

気になるのが品揃え。コンビニっていくときによっては商品がなかったりして困るときもありますよね。

でも、こちらのローソン。この日に到着したのは夜11時30分頃でしたが、まあまあの品揃えでした!

おにぎりとサンドイッチは特にいろいろありました。

家族が多い我が家は一度にたくさん買うので助かりました。

ちょっとパンは少なめ・・。パン好きならちょっとさみしい感じではあります。

フェリー乗り場に近いとなると、それはそれでたくさんの人が同じような時間に買いに来ることが予想されるのですが、この日は無事にいろいろとフェリー用の食事が買えました。

  • 「ラーメンとおにぎり」×人数分(お箸ももらう)
  • 朝ごはんのパンとヨーグルト×人数分(できればスプーンもらう)
  • お菓子×ある程度
  • お腹空いたとき、足りない人用のパンやおにぎり×3つくらい
  • ペットボトルのお茶(1.5リットル)

フェリーに持ち込む食事は、賞味期限がいつまでなのかはとても重要な問題ですよね。

おにぎりやパンはだいたいその日や次の日くらいが賞味期限となっているので、数日前にスーパーで買っておくということは無理。

だからコンビニを利用する人も多いのではないでしょうか。

フェリー乗り場あたりまで買うのを忘れてた!という場合でも、寄ろうと思ってたのに、コンビニ通り過ぎちゃった!という場合でも、敦賀新港の近くにコンビニがあるので安心です。

新日本海フェリー出航!

コンビニ寄ってから再び敦賀新港へ戻りました。深夜の乗り場は船とコラボしていることもあってとてもきれいです!

フェリー見たら、何度見ていても一気に大興奮です!ついに、乗るんや〜って気持ちが高ぶる♪

出航したら、当然ですけど外にはもう何も買いに出れないので、食事の持ち込みをしっかりと計画立てておきましょうね。

編集後記

フェリーでの北海道旅行は長旅になります。

ジンギスカンやレストランの食事もいいけど、毎回だとお金がかかるし、フェリー内での時間が慌ただしいことにもなります。(食事時間は決まっているので、時間内に行かなくてはいけない)

だから、食事は数回ぶん持ち込みするのがお勧め!できれば忘れ物のないように、フェリーに乗る前から何を買っていくのか、決めておくようにしましょうね。

タイトルとURLをコピーしました