テストの日の朝ごはんは「食べるべきVS食べない方が良い」どっち?

テストの日の朝ご飯 生活

テスト当日の朝、しっかり起きていたい為に朝ごはんを抜いて睡眠を優先したい…なんて思った事は無いでしょうか?

中には食べたら眠くなるから食べない方が良いという話も聞いたりしますよね。

そこで今回は朝食は食べるべきなのか、そして食べるならどんな朝食が良いのか紹介します!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

テスト当日の朝ごはん、食べないのはダメ?食べるべき?

テスト当日の朝。食べない理由として良く聞くのが、「眠気」が理由として挙げられます。

テスト中に寝たくないから少しでも寝ておきたい。食べると眠くなってしまう。

そういう経験は良くあると思います。私自身食べると眠いです(笑)。

ですが、朝は脳にエネルギーがない為、食べないと集中力も落ちてしまいます!

脳が飢餓状態になって出来るだけエネルギーを使わないようにするんですね。

というわけで、眠くなるとかは色々と感じるところはあると思いますが、脳的には絶対に食べた方が良いのです。

では朝食を食べたほうが良いのは分かりました。そうなるとどんな食事が良いのでしょうか?必要なもの別にまとめました!

テスト当日に朝ごはんとして食べた方が良いもの

テストの日の朝ご飯

炭水化物

脳の直接的な栄養である炭水化物!

パンやご飯が代表的ですね。吸収しやすい事を考えるとご飯の方がおすすめです♪

ビタミンB1

豚肉や納豆などに良く含まれる成分で、吸収した糖分を脳が吸収するための栄養に変えてくれるんです!

豚肉と言えばかつ丼をと思いたいですが、油分は栄養の吸収を邪魔してしまうので注意しましょう。

ビタミンB12

チーズなどに多く含まれる成分で、なんと記憶力を高めてくれるのです!

一口サイズも多く売っているので朝食の付け合わせにしても良いですね♪

ご飯に納豆と聞くと和食が浮かびますね。そのときに一緒に食べるものとしては、もちろんみそ汁もおすすめです!

味噌汁にはホウレンソウを入れると良いですよ♪

 

しかしながらやぱり食べると眠くなるというテストにとって最悪の状態になることは実際にありますね。

それを防ぐために、テスト当日の朝ごはんの食べる時間を考えてみましょう。

テスト当日の朝ごはん、食べるなら時間はいつが良い?

テストの日の朝ご飯

では食べる時間はどうなのでしょうか?

食べたら眠くなる理由ですが、食べた物を吸収するためにエネルギーを使う為眠くなってしまうのです。

そのためにも時間を空けないといけません。どのくらい空けるのが良いかと言うと…

テストの日の朝ごはんは、2~3時間前に済ます!

のがベストです。

消化するのに結構かかってしまうんですね。でもちゃんと空ければ吸収されてエネルギー十分な状態でテストに臨むことが出来ますよ♪

でも時間があるからといっていっぱい食べるのは避けて下さい。食べ過ぎるとお腹いっぱいで結局眠くなります。眠いのループに陥ってしまうという・・

ですので腹八分を目安にしましょうね。

で、テスト前あるあるなのが「徹夜」です。眠いとかいうレベルじゃない?!逆にハイテンション?

そんな日にオススメの朝ごはんを次に紹介しますね。

テスト勉強間に合わず徹夜になってしまった!そんな時おすすめの朝ごはん

朝いつものように起きたいけど、勉強する時間がなくて徹夜になってしまった!というかたも多いはず。

寝てない、またはほんの少しの睡眠でテストに臨まないといけなくなってしまいます。

寝不足だと血糖値の急降下など起きてしまい、糖質を摂るのは望ましくありません。でもテスト勉強の具合で仕方のない時もありますよね・・

そこで朝ごはんに多く取るべきものはたんぱく質です!

たんぱく質の多い物は納豆や茹で卵、魚など。和食がおすすめです!

また少しだけ寝たのなら起きてから1時間以内に食べるのが良いですよ♪

徹夜で頑張りたいという気持ちは分かりますが、最低でも3時間の睡眠がないとテストの時に脳が働かず結果が悪くなるので注意して下さい。

コーヒーは飲むと30分すれば眠気も和らいできますよ。私もよく徹夜しましたが無理はしないで寝ることを心がけました。眠いのは1番の大敵ですね。

やはり、何よりも早めにテスト勉強をはじめ、徹夜が必要ない余裕さが一番の眠気対策になりそうです。

まとめ

ここまで読んで頂ければ朝食は絶対に必要と言うことは分かって頂けたと思います。

それでも食べたら眠いから食べたくないという方は生活習慣を見直してみましょう。実は・・私は食べても食べなくても眠かったです笑。

でも食べない日はいつもよりぼーっとしてしまうので朝食は絶対取った方がいいと感じました。

食べて頭をしっかりさせて万全な状態でテストに臨みましょうね♪