おせちを手作りすると費用はいくら位かかる?安く済むコツはこれ!

おせちの手作り 年末年始

正月が近づくと色んなお店のチラシで目につくのがおせち!色とりどりだし、正月らしさをとても感じることができるので、買いたいなって思っちゃいますよね。

店によって値段の差はありますがやはり高く感じてしまうもの。じゃあおせちを手作りするとどれくらいの費用でできるんだろう?と疑問が浮かびます。

そこで今回はおせちを手作りした場合の費用や安くするためのコツ・工夫などを紹介します!

スポンサーリンク

おせちを手作りするとこのくらいの費用がかかる!大体の相場はこれだ!

おせちの手作り

おせちを手作りするとなると気になるのは材料の相場!正月のおせちに入れるものとなると費用が高くつくものがたくさんあるんじゃないの・・?と心配ですよね。

おせちに定番の料理を手作りする際の代表的な材料の相場を紹介します!

レンコン

穴が空いていて見通せることから縁起物になっているレンコン。そのままを買うならキロ500円前後です。

伊達巻

卵とはんぺんを使って作る伊達巻。材料だけなら300円ほどで作れます。

昆布巻き

喜ぶとかけ合わせた昆布巻き。少量の昆布が見つからないと1枚買いの昆布自体が500円する事も。

巻くために使うのはかんぴょうで、量は少なく済むので200円程で買えます。

黒豆

1から調理するなら黒豆は意外とお金がかかります。500g500円ほどです。

海老

種類によりますが安い海老なら1尾100円程で買えます。

数の子

ぷちぷちが癖になる数の子。いいものを選ぶと2000円超えることも!

紅白なます

大根とにんじんで出来る紅白なます。200円もあればたくさん作れます。

くわい

芽が出ていることから出世祈願のくわい。八百屋で1ずつ買うと値が張ります。

スーパーでなら500円ほどでお買い得が買えます。

一つ一つ見ると、おせちを手作りした際の費用はそれほど高くありませんね。

ここに書いていないものたくさんありますが、普段から購入しておけるものもたくさんあります。田作りに使うカタクチイワシとかも安い時やポイントが貯まった時とかに購入しておくなどできますよね。

何より自分でおせちを手作りする場合は、まず費用ありきで考えることもできるので、予算をあらかじめ考えてから作り始めることもできます。

高いものはやめておいたり、高くても量をたくさん作れたりする場合も。

購入するおせちはたくさんの種類が入っていて魅力的ではありますが、嫌いなものも入ってたりするので、好きなものだけでおせちを構成できるのもメリットです。

次は手作りのおせちを安く済ませるコツを紹介します!

[ad#ad1]

スポンサーリンク

おせちの手作りを安くする工夫あれこれ

購入するようなおせちの材料を全て揃えるとかなりの費用になりますよね?出来ればもっと安くしたいはず。

実は少しでも安くする方法が有るんです!

それはまず1から作らない事。途中の段階の物を買っておいて味付けや少し手間を加えるだけで完成する物は安く済みます。

お店はそういう商品を大量に仕入れることで安く卸しています。他にもくわいは缶詰で売られている物も有り、50個入って300円というものも!

それでも1から料理したい!という方。少しネット通販を覗いてみましょう。

数の子は先ほど2000円程と書きましたがネットには500円のものが。

実は傷ものや型落ちした商品というものがあり、それらは普通の商品に出来ない為かなり割安で入手できるんです!

そういうのって量が少ないんじゃと思うかもしれませんが中には大きすぎて割安になっている物も。

送料を計算しながら買えばスーパーより安くなりますよ♪

またおせちの海老といえば大きいのをイメージしますが、冷凍のお徳用むきエビで代用するという方法が有ります。

大きい海老よりむきエビの方が食べやすくゴミも出ないので手間も抑えられてお得ですよ♪

スポンサーリンク

おせちの手作りもおしゃれにこだわる?手作りVS購入の費用対効果を考えてみた

単純に切って出すだけならある程度時間は短縮できますが、親戚も集まるとなるとやはりおしゃれにしてみたいですよね?

でも手作りでおしゃれにするのと既におしゃれに加工された食材を買ってしまう場合だとどちらの方が費用的にいいのでしょうか?

これは食べる人数の多さで変わってきます。

大人数で食べるのに1から食材を買って1から料理するとなるとその手間はとっても大きいです。

さらにもともとの材料費が高い商品の場合は既に加工された場合の方が安く済みますし時間もかかりません。

手作りにこだわって時間をかけ過ぎると料理が冷めたり場合によっては色が悪くなることも。

もしそんなに人数がいないのであれば簡単な調理器具を使っておしゃれにしましょう!

100円ショップなどでおしゃれに加工できる商品が数多くあります。買う際はおせち専用ではなく普段使い出来そうな商品を選ぶと無駄が無くなりますよ♪

結果として手作りで全て手作業でおしゃれにするとそれなりの時間がかかりますし、加工だけ商品を使うとすればそれなりの値段になります。

食材を全て買うとなるとセットを最初から買う方が安い場合も。

何に重きを置きたいか考えて、手作りの部分は手作りに。難しい部分や安く加工された食材が買えるならそういう商品を混ぜる。

総合的にどちらも利用して作ると費用が抑えれると考えてます。

スポンサーリンク

まとめ

全て買う全て手作りするの両極端ではなく、一部は買ってきてしまうという考えの方が結果として安く済んでかつおせちが美味しい状態で食べられるのではと思います。

ちなみに刺身を買って冷凍保存しておせちに使おうとする場合、解凍する際はラップをしてアルミ鍋で挟むと早く自然に解凍されますよ♪

おせちを手作りするならまず費用はいくらかけるのかを考え、工夫をしながら、安いタイミングを見計らったりしつつ、購入したものも入れたりしておせちの手作りを楽しみましょう!

タイトルとURLをコピーしました