いざお賽銭!金額の意味を知るだけでもっと幸せに?NG硬貨も確認!

お賽銭の小銭 年末年始

神社に行く人がする事といえばお守りを買うことやおみくじ、またはお正月でしたら出店を楽しむなどだと思います。・・そしてやっぱりメインは「お賽銭を入れる」ではないでしょうか。

お守りは持っていたらなんども買いませんが、せっかく神社に行ったら必ずと言っていいほどお参りをし、お賽銭は入れている私です。並んででもお賽銭を入れてガランガランしたいですよね。

では、この「お賽銭」の金額。よく「ご縁がありますように」という語呂合わせで5円を入れる人が多いですよね。

でも財布に5円がないときがほとんどで、実際は10円でもいいかな、と結局は適当に入れている・・私だけではなくそんな人は多いのでは?

でも、その金額、実はダメな金額かもしれません・・。実は「お賽銭」の金額には意味があるんです。

良い意味のものもたくさんありますが、中には避けた方が良い金額・硬貨もあるんですよ。

せっかくお賽銭を入れてお参りやお願いをするんだから、意味ないどころかよくない事態になっては冷や汗ものです。だからやはり知っておきたいですよね!

この記事では

  • お賽銭の金額の意味
  • お賽銭に紙幣ってどうなの?
  • お賽銭にタブーな硬貨とは?!

これらの話題をまとめたいと思います。

知らない間に実はよくない金額を入れていた、なんて事にならないようにお賽銭の意味をみてみましょう!

スポンサーリンク

お賽銭の金額に意味あるの?気持ち次第でいいの?

お賽銭

「お賽銭」を入れる金額の意味・・。これまで適当にお財布にあるものを入れていた方は要チェックです。気持ち次第で金額は決めてもいいのか、金額が多いほど願いは叶うのか。どんな決まりがあるのでしょうか。

まずは5円を使ったお賽銭について。

ご縁で有名な5円硬貨もそうですが、ある程度語呂合わせで決められているのがお賽銭なんです。5円を複数枚お賽銭として入れる事で同じ「ご縁」でもいろんな意味があるんですよ。

5円硬貨×●枚のお賽銭の意味

  • 1枚(5円)  ・・・ご縁がありますように
  • 2枚(10円) ・・・重ね重ねご縁がありますように
  • 3枚(15円) ・・・十分ご縁がありますように
  • 4枚(20円) ・・・良いご縁がありますように
  • 5枚(25円) ・・・二重にご縁がありますように
  • 7枚(35円) ・・・再三ご縁がありますように
  • 8枚(40円) ・・・末広にご縁がありますように
  • 9枚(45円) ・・・始終ご縁がありますように
  • 10枚(50円) ・・・十倍のご縁がありますように
  • 23枚(115円)・・・いいご縁がありますように
  • 25枚(125円)・・・十二分にご縁がありますように
  • 97枚(485円)・・・四方八方からご縁がありますように

お賽銭のために5円を一年間貯めておく!という方以外、5円ばかりでこれだけの枚数そろえるのも大変ですよね。

実は金額に意味がある場合は5円だけでなくその金額になればよいとも言われています。しかし後で説明しますが使うと縁起の悪い硬貨もありますので5円以外の硬貨で金額を合わせる場合はそれらの硬貨を避けて使う方がよいでしょう。

では逆に5円ならいくらでも大丈夫なのかといえば違います。たとえ5円硬貨をを使った場合でも、組み合わせる枚数によってなる金額が縁起の悪い場合もあるので気をつけましょう。

たとえ5円玉でもよくない金額

  • 13枚(65円)・・・ろくなご縁にあわない
  • 15枚(75円)・・・泣くようなご縁にあってしまう
  • 17枚(85円)・・・矢継ぎ早にご縁を受けられる
  • 19枚(95円)・・・苦しいご縁にあう

などです。5円なら何枚でも関係ない、という訳でもないので、これもお賽銭のために5円を貯めまくっている!という方(笑)はお参りの際には金額に気をつけましょう。

では、高額お賽銭がすぐにできちゃう紙幣はどうなんでしょうか?!お賽銭の金額は多ければ多いほどいいのでしょうか??

お賽銭に紙幣はどうなの?

お賽銭に紙幣

中には奮発して紙幣を入れる方もいらっしゃいますよね。でも、高額を入れたからと言って良いわけではないです。せっかく紙幣を使うほどお賽銭をするのなら、より良い語呂合わせにすべきです!

以下のようないい数字がありますので参考にしてくださいね。

紙幣の場合はこの金額がおすすめ!

  • 1129円 ・・・いい福
  • 2951円 ・・・福来い
  • 3181円 ・・・幸い
  • 4129円 ・・・良い福
  • 11,104円 ・・・いい年

 

ただし紙幣を使用する場合、注意点があります。お金をそのまま賽銭箱に入れるのではなく、必ず白い封筒に入れ住所・名前を記載してから賽銭箱に入れましょう

これは紙幣を奉納する場合のマナーとなります。実際に紙幣が入っているのを上から見たこともあると思いますが、たくさんのお賽銭をするのであればこの辺りの細かいところまで気を配れると素敵です。

お賽銭の金額で100円はOK!?

お賽銭とお願い事

お財布にある率が高いのが100円。5円も10円もない!そんなとき100円があったりします。

お賽銭に100円って入れてもいいのだろうか・・。金額的には5円よりずっと多いのですが、疑問に思う人たくさんいるようです。

答えはズバリ!

100円でも大丈夫です。

「100のご縁がありますように」との願いをこめての金額とされています。100円があったら、ちょっと入れすぎ感を感じる方もいると思いますが、意味としてはバッチリですのでぜひお賽銭として使いましょう。

では逆に使ってはいけない硬貨は何があるのでしょうか。お賽銭として使ってしまいがちなあの硬貨は実はNGだったんです・・

お賽銭に使ってはいけない硬貨

こちらは気をつけて出来るだけ避けておいた方がよいでしょう。

お賽銭として使わない方が良い硬貨

  • 10円硬貨 ・・・遠縁=ご縁が遠のいてしまう
  • 500円硬貨 ・・・これ以上大きな硬貨(効果)がない

ギョッとした人も多いのでは?10円なんて、かなり使ってしまいがちな硬貨ですよね。私も知るまでは、あるだけの5円を家族に渡すと足りず、なかった人は10円をお賽銭として使うということが何度もありました。

5円を2枚合わせた10円と、10円硬貨1枚の10円とえらい違いです。

金額あわせの場合も、上記の2種の硬貨を使わないで金額を合わせるようにし、お賽銭として納めるようにしてくださいね!

お賽銭の金額と風水に関係はある!?

お賽銭箱

ここで少し風水について触れてみましょう。

風水とは約4千年前に中国で発祥した「気の力を利用した環境学」のことを指します。「環境学」とは、衣・食・住・行動など自分の環境を全て使って運を開く(海運)とういう考えが基本となっています。

すなわち風水とは自分に影響するいろいろな環境を使って運を開くマニュアルとなります。そのマニュアルを使って「お賽銭」の金額で一番よいものを調べてみました。

すると、風水上での「お賽銭」金額での一番ベストは115円です。これは、なんとなんと「天下を取る」金額なのです!!

野望のある方はこの115円を奉納して天下を狙ってみますか?

まとめ

お賽銭の金額の意味・・改めて知ると、これまでダメなことをしてしまっていた!!なんて気付かされた人も多いのではないでしょうか?私もその一人です。

せっかく神社に行ってお願いする機会に、知らなかったとはいえ意味ないどころか逆効果なことをしていたなんて・・ちょっと焦ると同時に今お賽銭の意味をきちんと知れてよかったと言う気持ちになります。

「お賽銭」の金額で縁起の良い金額など是非参考にして頂き、よい運・よいご縁が巡ってきますように♪

タイトルとURLをコピーしました