入園・入学祝いの金額の相場と時期、そしておすすめプレゼントは?

入学祝いの相場 <子育て>

子供が幼稚園や学校に入学するとなると、親も子も新しい生活にワクワクドキドキ!入学式はついついウルっとくる感動的な行事の一つです。

自分の家族ではなく、お友達や親戚が入学する場合でも、この嬉しい入学をお祝いしてあげたいと感じるものの、何をあげたらいいのか、金額はどれくらいが相場なのか?といざ考えてみるとわからないことだらけ!

今回は入園・入学祝いのあれこれまとめです。わからないことを解決しましょう!

スポンサーリンク

入園・入学祝いは誰にあげればいいの?

まず、どこまでの関係性の人に入園・入学祝いをあげるべきなのか?範囲は決まっているのでしょうか?

実は、入園・入学祝いに関しては「お祝い」の中でも堅苦しいものではありません

本来、入園や入学は家族でお祝いするものですから、お祝いをあげなければいけない範囲というのは決まってません。

なので、

  • 親戚の子供
  • 仲のいい友達の子供

など自分があげたいと思う場合にあげましょう。逆に親戚でも付き合いが薄い場合はあげなくても構わないのです。

お付き合いの深い親戚や、家族みたいな友人の子供が入学する時にあげればOKですよ♪

入園・入学祝いはいつ頃あげればいいの?

では入園・入学祝いをあげるのはいつか?渡すタイミングも迷うところだとおもいます。

早すぎると高校などの場合は進学先が決まっていない場合もありますし、遅すぎるとやはりスマートとは言えません。

やはり進学先がきちんと決まり、かといって遅すぎない

入園・入学する1ヶ月前から当日

の期間の中であげるようにしてください!せっかく渡すのですから、タイミングも最高の時期に!

次は何をあげるといいのかを考えてみましょう。

入園・入学祝いには何をあげたらいいの?

これが一番迷うところですねー。何が喜んでくれるのか?も迷うのですが、決まりがあるのかないのかも迷うところです。

先ほどもお伝えした通り、入学祝いには細かい決まりはありません。なので入園・入学祝いのプレゼントも、何を渡すのかは完全に自由です!

まあ、そう言われると余計に迷うところなのですが、せっかくあげるのですから、子供も、親も嬉しいものにしましょう!

例えば文房具や辞書・辞典などはどうでしょう?

文房具は子供自身も喜びますし、必ず買い足すものなので親も喜んでくれます。辞典や辞書は小学生だと少し早いかもしれませんがいずれ使うもの。中学生や高校生だと電子辞書などは嬉しいのではないでしょうか。

プレゼントは気持ちの物ですが、文具などをあげる時はもう購入しているかを聞いてあげることができるのであれば、こちらも迷うことなく、相手にとっても無駄がありませんね。

幼稚園入園・小学校入学祝いにおすすめのプレゼントは?

入学祝いに最適なプレゼントはこちら!

  • 目覚まし時計
  • 筆箱などの文具
  • ハンカチ
  • 名前入り鉛筆1ケース
  • ハンカチ・ティッシュの移動ポケットポーチ

 

私の子供が小学校に入学時にもらって嬉しかった入学祝いのプレゼントは名前入りの鉛筆です。

自分で名前を入れた鉛筆を買う予定をしてなかったし、ネームを入れる手続きも必要なので手間をかけてもらったことが嬉しかったです。

名入れの前に、鉛筆が必要かどうかの問い合わせもくれてたので、予定を立てることができたのも助かりました!

移動ポケットポーチはポケットのない服装の時に役立ちますよね。

男の子はつける習慣がなかなかつきにくいかもしれませんが、女の子はいろんなデザインの物を持っているのを見かけます。お手軽な値段で売ってるし、オススメの一品です!

入学祝いにお金や金券はどうなの?

どうしても相手に最適なものを選んでもらおうとするとお金や金券はもってこいだと感じますよね。

でも、やはりおすすめはできません。

親的にはお金金券は助かるものではありますが、幼稚園や小学校に入学するくらいの小さい子供にはイマイチ「ピン」とこないプレゼントになってしまうからです。

でもお祝いはお金や金券にした方が良い!という最終判断でも良いのですが、その場合は、ちょっとしたプレゼントを添えて渡してあげると子供も嬉しいお祝いとなりますよ!(お金の場合の金額の相場は下に書いています)

[ad#ad1]

入園・入学祝いの金額の相場は?

お祝いにお金や金券を贈る場合は、どれくらいが相場なのかをみていきましょう。

金額の相場は

5000円〜10000円

 

です。金券でも同じです。

あげる相手との関係性や、お互いの年齢などいろいろあるとは思いますが、適度な金額でないとかえって相手も困ってしまいます。

上記の金額の範囲が、気をつかわせない目安の金額です。少ないかな?と思う関係である場合は、お金とプレゼントを組み合わせたりして渡すようにするのがおすすめです。

水引きはどうしたらいい?

入学祝いの水引

お祝いを渡す時の水引は?というと、入園・入学は何度あってもいいことですので水引きは

 

紅白の蝶結び

 

となります!

編集後記

もちろん他の入園や入学も嬉しいのですが、私の場合特に印象的で感動するのは小学校の入学だと思っています。

ピカピカのランドセルを持って小学校へ行く姿は、幼児から少年少女へ変わり、いっきに子供が成長したように見えます。

入園・入学祝いを渡す側・もらう側 どちらにとっても進学は嬉しいものです。お祝いについてマナー違反にならないように気持ちを伝えれるようにしたいですね。

 

タイトルとURLをコピーしました