入学祝い(入園)のお返しは必要?おすすめの品物と時期などについて

子育て・育児

子供の入学(入園)は、家族のお祝い事。親戚関係の方や、親しくしている友人からお祝いをいただいたのだけど、迷うのがお返し(内祝)です。

どのようにお返ししたらいいのか?そもそもお返しは必要なのか?

お祝いをいただいたのはいいけど、その後の行動をどうしたらいいのか迷っちゃいますよね。

この記事では

  • 入園・入学祝いのお返しは必要なの?
  • 渡すとしたらどんな品物がいいの?
  • お返しの金額の相場は・・?
  • のしはどうする?

と言ったことについてまとめました。ぜひ参考にしてください♪

スポンサーリンク
スポンサーリンク

入学祝いにお返し必要?

入園祝いや入学祝いのお返しは、そもそも必要なのかと言うことからお伝えしますね。

基本、実は入学祝いにお返しは不要なんです!

 

え?!そうなの?って思っちゃいますよね。私としても初めてのお祝いをもらった時びっくりでした。

ただしこれは基本的なことで、やはりお返しをした方が良い場合があります。

相手に子供がいなくてお祝いする機会がない場合
地域的にお返しするのが普通な場合
家族のしきたりでお返しは必ず必要と考える場合

お祝いをくれた相手にお子さんがいる場合、その子が入学するときにお祝いをあげることができればお互いに渡すことになり、それがお返しの役目となります。

しかしながら相手にお子さんがいない場合、お返しをする機会がないことになってしまいます。と言うことは、相手にとっては渡しっぱなしになってしまいます。

こう言った場合はやはりお祝いのお返しは必要。

正直なところ、相手としてはお返しを期待してお祝いを渡しているわけではありません。でもあげてばっかりとどこかで思ってしまうこともあります。(実際に子供がいない人がそう言ってました・・)

やはりお互いに気持ちを伝えると言う事で、こう言った場合はお返しがあると気持ちいいですね。

あとは地域的、家計的にお返しは必須と考える場合があるので、わからない場合は実家の両親に聞くなどして確かめてみましょう。

 

それから、もう一つ大切なこと。

お返しをしない場合でも、お礼は必ずしましょうお返しの必要がない場合、なおさらお礼は必要です。

お礼のみの時期

お礼のみの場合のタイミングは、いただいた当日から2〜3日以内に

  • 電話
  • お手紙
  • 訪問

どれでも構いませんが、お礼は親だけが言うのではなく、必ず本人からも伝えるようにしましょう!

お手紙の場合の例文は・・

■お手紙の場合の例文■

この度は、◯◯(子供の名前)の入学(入園)に、お祝いを頂戴しありがとうございました。元気に入学式を迎えることができ心より嬉しく思っております。

新しいランドセルを背負い、恥ずかしくも嬉しい表情をしながら学校に通いはじめています。入学式の記念写真を同封いたします。

 

感謝の気持ちと入学した子供の様子を伝えましょう。

次からはお祝いのお返しをする場合についてみていきますね。

入学祝いのお返しをする時のあれこれ

入学祝いのお返しが必要だと判断した場合、どうしたらいいのか?

  • お返しをする時期
  • お祝いがえしの金額相場
  • お祝いがえしにおすすめの品物

についてお伝えします!

お返し(内祝)の時期

お返しをするのであれば、その時期も大切なことです。タイミングを逃してしまうと、気持ちの伝わり方は大きく減ってしまいますので注意してくださいね。

お返し(内祝)の時期は、

入学式が終わってから1ヶ月以内

がベストタイミング!

 

入学(園)祝いなので、入学(園)式の日を目安にお祝いのお返しをしましょう。

お返しが到着した時は電話連絡が入る場合が多いです。そんな時、子供が入学した時の様子や今の状況など、お祝いの趣旨である「入学」に関して伝えることもできるからです。

もしも入学祝いをいただく時期が入学式を超えている場合は、1ヶ月を目処にお返しをするようにしてくださいね。

お祝いのお返しは、あまり遅くなってしまうと感謝の気持ちが薄れてしまいます。逆に悪印象を与えてしまう場合もあるので、贈る時期もしっかり意識することが大切です。

入園・入学内祝いの金額の相場

入学祝いのお返しの金額の相場はどれくらいが良いでしょうか?ここも迷うところですよね。

金額は・・

もらった額の3分の1〜半分程度

のお返しをするようにしましょう。

 

だいたいの方が、半額くらいを内祝いに贈ることが多いようです。お祝いの金額より高いものをお返しすることはマナー違反になりますので注意しましょう。

入園・入学内祝(お返し)のおすすめプレゼントは?

せっかくお祝いのお返しをするのだから、できれば相手が喜ぶものを選びたいですよね。

お返しですから、金額がわかってしまうものは本来なら避けたいところですが、いらないものは贈ってもらっても嬉しくないのも現実。このことを踏まえて、贈って喜ばれるプレゼントはと言うと・・?

 

  • カタログギフト
  • 商品券

 

やはりおすすめはこの二つです。

もらう側がプレゼントを選択できるものならいらないものを送らなくてすみます。

商品券などは金額が分かってしまうのですが、これもやはりもらう側としては好きなものを選べるのでうれしいですね。

 

他には・・

  • スイーツ詰め合わせ
  • 缶詰など保存がきく食品
  • ジュース
  • たくさん使うタオル
  • 洗剤などの消耗品

 

食べるものや生活消耗品は不要にはならないので、贈る側も安心です。

ちなみに、私がいただいた入学祝いのお返しはスイーツでした!小分けになっていて、何日も楽しめるのでとても嬉しかったです♪

水引きはどうしたらいい?

入学祝いの水引

入園・入学は何度あってもいいこと!ですので水引きは

紅白の蝶結び

となります!表書きは、「入学内祝」か、「内祝」となります。名前は子供の名前を書きましょう。

編集後記

入園・入学祝いのお返しは必要なのか?と言う部分は、基本的には必要なし!と言うことでした。

ただしお礼は必須で、場合によってはお返しをすることが必要となります。

お返しをする場合、時期は入学式を意識すること、終わってしまっているなら1ヶ月を目処に。

お返しの金額は3分の1から半分程度に。品物を選ぶときは相手が選べるものか、必要なものがおすすめです。