【2017年】彼岸入りはいつ?春のお彼岸と秋のお彼岸★

彼岸入りから墓まいり お彼岸

彼岸入り2018年の記事はこちら!

 

小さい頃から、「お彼岸」という言葉はおばあちゃんやお母さんから聞いて触れて馴染みはあったのですが、お彼岸っていつのこと?と改めて聞かれると、大人になった今、きちんと答えられないことに気がつく人もいるのではないでしょうか?最近まで私もそうでした・・。

お彼岸がいつからいつまでなのか、正確に答えられるように、2017年の春のお彼岸と秋のお彼岸の彼岸入りについて、

  • お彼岸はどのように決まっているのか
  • 2017年の具体的な日程

をお伝えします!この記事を読んで彼岸入りとはいつなのか、しっかりと答えられるようにしておきましょう!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

お彼岸っていつ?彼岸入りとは?

お彼岸とは一年に二回あります。

★春のお彼岸

★秋のお彼岸

です。

 

お彼岸の期間は春・秋それぞれ以下の通りです。

 

春のお彼岸 春分の日(3月)の前後3日間

秋のお彼岸 秋分の日(9月)の前後3日間

 

春分の日、秋分の日を真ん中の日として期間は一週間!(7日間)

 

そして呼び方はこうです!

はじめの日彼岸入り(ひがんいり)

春分の日・秋分の日の真ん中の日=中日(ちゅうにち)

おわりの日彼岸あけ(ひがんあけ)

お彼岸の決まり方と、呼び方はわかったと思いますが、これではいつなのか具体的にわからない上に、ピンと来ませんよね。

では2017年のお彼岸の日程はいつなのか?見ていきますね。

彼岸入り、2017年は具体的にいつ?

では2017年の春と秋の彼岸入り〜彼岸あけはいつになるのでしょう?

カレンダーでいつ確認!日程と期間

 

2017年(平成29年) 春のお彼岸←終了

  • 彼岸入り 3月17日(金曜日)
  • 中日(春分の日) 3月20日(月曜日)
  • 彼岸あけ 3月23日(木曜日)

 

2017年(平成29年) 秋のお彼岸←次はここ

  • 彼岸入り 9月20日(水曜日)
  • 中日(秋分の日) 9月23日(土曜日)
  • 彼岸あけ 9月26日(火曜日)

 

参考:ちなみに去年2016年(平成28年)

春のお彼岸は・・

  • 彼岸入り 3月17日(木曜日)
  • 中日(春分の日) 3月20日(日曜日)
  • 彼岸あけ 3月23日(水曜日)

秋のお彼岸は・・

  • 彼岸入り 9月19日(月曜日)
  • 中日(秋分の日) 9月22日(木曜日)
  • 彼岸あけ 9月25日(日曜日)

でした。

 

春分の日と秋分の日は年によって日にちが変わるということもわかりますね。その年によっていつがお彼岸なのか、日程をチェックしておきましょう!

【秋分の日はいつ?】実は年度によって違う!意味と決まり方とは?
秋分の日って年度に変わるって知ってましたか?!今年の日にちはいつなのか?なぜ変わるのか?そして秋分の日に込められた意味もまとめました。子供への伝え方も。

(春分の日と秋分の日は二十四節季のうちの一つです。)

二十四節気とは?季節の呼び方と意味を知ろう!
天気予報やカレンダー、ラジオでも季節の話題になったときによく聞く夏至・冬至・春分・秋分。これらの言葉は、二十四節気とよばれる、季節を表す言葉です。一年(365日)を太陽の軌跡が描く円とし、それを24つに分けて、季節の区切りを表す言葉として使...

日本人のお彼岸習慣はお墓参り

お彼岸に限ってだけお墓まいりをするというわけではもちろんありませんが、お彼岸の7日間に意識してお墓まいりにいくことを習慣づけておけばきっとご先祖様も喜んでくれるのではないでしょうか?

お墓参りの際は、子供がいるなら一緒にお墓掃除をしましょう。清々しい気持ちを実感することができると思います!

お墓の掃除の仕方!持っていく道具と方法まとめ★

私も子供たちと一緒にお墓まいりに行き、日本の大切な風習を伝えていきたいと思います!

編集後記

お彼岸について、どのように決まっていて、どんな呼び方をするのか、そして彼岸入り、中日、彼岸あけの正確な具体的な日程をお伝えしてきました!

来年は同じ日程ではなく、日にちが変わります。毎年チェックして、御墓参りの予定などを立てつつスムーズにお彼岸を迎えられるようにしましょうね!

 

 

こちらの記事もどうぞ!

お彼岸におはぎ?なんでそうなったの?食べる由来とタイミング!
年に2回あるお彼岸。お彼岸といえば、ご先祖様のお墓まいり、春分の日、秋分の日とかがありますが、その中の1つに「おはぎ」があると思います。 スーパーの売り場にたくさんおはぎが置かれ、お彼岸=おはぎと言うイメージはあると思います。 ではなぜ...
http://chishikiso.net/ohagibotamochi/