お彼岸におはぎ?なんでそうなったの?食べる由来とタイミング!

おはぎ お彼岸

年に2回あるお彼岸。お彼岸といえば、ご先祖様のお墓まいり、春分の日、秋分の日とかがありますが、その中の1つに「おはぎ」があると思います。

スーパーの売り場にたくさんおはぎが置かれ、お彼岸=おはぎと言うイメージはあると思います。

ではなぜお彼岸に「おはぎ」なのか?

その由来を知るとそうだったのか!って感じですよ♪せっかく美味しいおはぎをお彼岸に食べるのだから、由来と食べるのに一番いいタイミングを知っておきましょう!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

お彼岸におはぎの由来・・その前に!

お彼岸といえば「おはぎ」。買ってきたら早く食べたいけど(笑)食べる前に「おはぎはお彼岸のお供え物」ですのでまずはお供えをしましょう。

お彼岸のお供え物=「おはぎ」と思いがちですが、実は季節により違いがあるんです!

 

  • 春のお彼岸のお供え物・・「ぼたもち」
  • 秋のお彼岸のお供え物・・「おはぎ」

 

春・秋と、実はお供え物が違うのです!!知っていましたか?「お彼岸にはおはぎ」というのは秋のお彼岸のことだったんです。春のお彼岸はぼたもち。まずはそのことを知って、次は由来をみていきましょう。

お彼岸におはぎの由来

おはぎといえばお餅(もち米)小豆(あずき)でできた美味しい和菓子です。

おもち

お餅といえば、古くから日本と関係があり、奈良時代の書物にも記されています。お正月の鏡餅を考えるとわかるように、縁起の良い食べ物として古くから定着しています。

 

小豆

そして小豆に関しても、縄文時代以前より食べられていたと考えられており、日本人にとってきってもきれない食べ物の一つです。健康に良いこともわかっていて、たくさん食べられていた食べ物でもあります。

 

赤色といえば魔除けの力があるとされていたため、赤色の小豆は小さい儀式から大きい儀式まで、いろんな場面で使用されていたこと、当時砂糖といえばとっても高級な品物で、たくさんの砂糖を使って作られるおはぎは特別な存在だったことから、神様のお供え物に使われるようになったのです。

 

これらのことが、お彼岸におはぎをお供えし、食べるようになった由来です。

 

日本人にとって、お餅も小豆もずっと昔から親しまれてきたものです。

おはぎ・ぼたもちはこの2つがコラボレーションしたもの。2つが「合う」ことは故人と私たちが「通じ合う」という意味も込められていたのです。

なぜ季節により違うの?

では、なぜ春のお彼岸はぼたもち、秋のお彼岸はおはぎが供えられるようになったのでしょうか?その答えは、小豆の収穫時期にありました。

 

小豆の種まきは4月から6月ごろ。収穫は9月から11月です。

 

秋、収穫したての小豆は柔らかく、小豆の形を残したつぶあんで使われました。収穫後貯蔵したものはこしあんとして使われました。

 

このようなことから、秋のお彼岸はおはぎ、春のお彼岸はぼたもちが供えられるようになったのです。新鮮な小豆を使ったおはぎはきっととても美味しかったと思います。ご先祖様もとっても喜んだに違いありません。

お彼岸のおはぎ食べるタイミングは?

お供えした後は、美味しくいただきましょう!でも、お彼岸は秋・春ともに7日間あります。

彼岸入り2018年の日にちと、お彼岸の決まり方を解説します!
お母さんやおばあちゃんの会話で、小さい頃から「お彼岸」という言葉はよく聞いていました。結婚して大人になった今もお彼岸という言葉はよく使うけど、数年前まではっきりと彼岸入りがいつなのか?日にちはいつなのか?実はよくわかっていませんでした。それ...

 

この期間の中で一体どのタイミングで食べればいいのでしょうか??

食べるベストタイミングはお彼岸の真ん中に当たる「中日」です。

 

おはぎは美味しそうですが、食べることだけを考えていたのではお彼岸の意味がありません。(笑)

お供えしておく期間も考えて、おはぎ・ぼたもちの準備ができるよう早めに考えておきましょう。

中日に食べれなかった!どうしよう?

お彼岸におはぎを食べるなら、タイミングは「中日」に食べるのがベストと言うことですが、お墓まいりなどで食べられないと言うこともありますよね。

中日におはぎを食べるのがベストというだけで、これは絶対の決まりではありません。

おはぎを故人へ気持ちを込めてお供えし、その後に食べることができればOKです。

一番大切なことは中日に食べることではなくて、ご先祖様を供養する気持ちなのです。

編集後記

お彼岸の食べ物といえばおはぎになった由来は

  • お餅も小豆も日本人にとって古くから大切な食べ物であった
  • 赤色は魔除けの力があった
  • 砂糖が高級品で、ご先祖様にお供えするものにふさわしかった
  • 故人と私たちが「合う」という意味が込められていた

と、いくつか由来を上げることができました。

いろんな説があり、どれが正解か?全てが重なってこうなったのか?ははっきりわからないですが、きっとどれも少しづつ合わさって現在の形になったのだと思います。

そしてお彼岸期間中におはぎを食べるベストタイミングは「中日」です。春分の日と秋分の日のことですね。

お彼岸にはご先祖様を思い出すこと、そして感謝することが一番大切。

美味しいおはぎをご先祖様と楽しみましょう♪