年賀状の宛名にボールペンはあり?太さ的にダメ?選び方との書き方のコツ!

筆ペン年賀状

年賀状…忙しい毎日なので作成は憂鬱ですが、毎年年賀状の時期になると新しいデザインの画像データが入ったディスク付きの年賀状作りの雑誌を売っていて、選ぶだけで素敵な年賀状が出来上がるありがたい時代。

デザインは簡単にいくのですが、問題は表の宛名面ですよね・・。

印刷したいけど、データの問題だったりプリンタがダメだったりインクを買わなくてはダメだったり。普段から使わないプリンターだと壊れていたり!

もー!それなら手書き!なんて場面があると思いますが、書き慣れていないと年賀状の宛名書きにはどんなペンを使うかすらも迷います。

ここでは年賀状の宛名に最適なペンを上手に手書きをするコツと共に紹介しますね。

スポンサーリンク

年賀状の宛名書きに最適なペンって?

年賀状

宛名面を書くとしたら、どんなペンを使うとよいのでしょう?手書きするとなると、まずここが迷う部分じゃないでしょうか。

本来、宛名書きには「毛筆」か「万年筆」がベストとされていますが、硯や墨は準備するのが大変だし、普段から使わない筆なんて絶対うまく書けない!・・ですよね。

のでそんな時はまず第一に「筆ペン」をおすすめします。ですが、これも普段の字がかけないという人はたくさんいます。使ってみると難しいんです。

筆ペンもちょっと苦手・・という場合、じゃあどうするか?ですが、サインペンやボールペンを使いましょう。

ボールペンは使っちゃダメかどうかがよく迷われるところですが、その理由はお祝いごとの場合、細くて弱々しい字よりも、太いしっかりした字がふさわしいという考え方があるから。

字の太さのことがあるから先ほどもお伝えしているように筆や筆ペンが一番良いのですが、きちんと気持ちを込めたボールペンを使うことがダメということには繋がりません。

今は宛名書きもパソコンにデータを入力して印刷することがほとんどの中、一枚一枚手書きするのにペンを使うのはOKでしょう。

普段から使っているサインペンやボールペンはやっぱり書きやすいので、時間がかからない分、年賀状に一言を添えたりもできちゃいますよね。(年賀状の一言文例はこちら

と、言ってもボールペンで書かれた宛名は非常識と感じる人がいることも事実なので、相手を見て筆ペンを使うとさらに良いです。

年賀状の宛名書きに使うべきペンは油性?水性?

これらで書きたい人はくれぐれも「油性」か「水性」かのインクの種類を間違えないように注意しましょう。

年賀はがきは厚くて油性でも大丈夫な気がしますが、油性で書いてしまうと裏写りが激しく、せっかくの裏面が台無しになってしまいます。

年賀状の宛名書きに使うのであれば、水性のペンが安心です。

筆ペンを購入する時の注意点

年賀状用に筆ペンを購入する時は、弔辞用の薄墨筆ペンを間違って購入、使用しないようにしましょう。

売り場では横に並べてある場合が多いので気を付けて購入してください。

薄墨の筆ペンは、弔辞の香典袋などに使用するもの。

年賀状などの慶事には必ず濃いほうを使用しましょう。

さて、年賀状の宛名書きに使うペンの用意はOKでしょうか?次は宛名を書くときに気を付ける点をいくつかご紹介します。

年賀状の宛名を手書きする時の注意点

宛名をキレイに書けていても大事なところが間違っていてはいけません。

宛名を書くときに気をつけないといけない点をまとめて紹介しておきますね。

宛名書きで注意すること

  1. 使用する筆記用具は筆ペンがおすすめですが、筆ペンの場合は弔辞用の薄墨と間違えないように。
  2. ボールペンでもいいけど、目上の人など使い分けると良い。
  3. 失敗してしまったら線を引いたり塗りつぶしたりはせず新しく書き直しましょう。
    (修正ペンはNGとされています。)
  4. 文字は崩したり、続けたりせずきちんと楷書で書く。
  5. 宛名の漢字は正しく書く。
    (苗字が旧字体の方にはきちんと旧字体で書きましょう。「邊」「國」「廣」などに注意!)

 

薄墨で書くのはもってのほか、失敗して修正ペンなどで直したい気持ちはよくわかりますがNGです。

そして意外と略しがちな旧字体、きちんと送る人の使用している字体で書きましょう。

年賀状の宛名が上手く書けない!手書きのコツとは

宛名面もパソコンが得意な人ならば簡単に印刷できます。便利でいいかもですが、やっぱり両面とも印刷なのもなんだか味気ない気もします。

しかも私の経験からして宛名面を印刷すると住所と宛名はうまく印刷されているのになぜか郵便番号の欄だけ数字がはみ出て失敗したというとても悔しい思いをしたことがあります。

とはいえやっぱり宛名の書き方ってけっこう難しい。手書きとなるとそっちの心配が出てきます。年賀状となるとただのお手紙と違ってきっちり書きたいですよね。

はがきに縦に住所を書いていくと、見事にぐにゃぐにゃと字が躍ってしまいます。

不思議ですよね~横に書くのはちゃんとまっすぐ書けるのに縦になった途端にぐにゃぐにゃ…。

あなたもそんな経験はありませんか?

何かいい手はないものか…私の知らない宛名をキレイにうまく書くコツがあるのかな?と調べてみたところ、ありました!

年賀はがきの宛名面の文字をまっすぐ書く書き方は…

まず一番に大事なのは「正しい姿勢と持ち方」。文字をまっすぐ書くには姿勢とバランスが大事、体が傾いていたらまっすぐな文字なんて書けないんです。

両足はしっかりと床につけて、背筋をのばして机とおなかはグー(こぶし)1個分あけて座る。

たしかについいつもの癖で椅子に座るとすぐに足を組んでしまうので、体が曲がっていたんですね。

そんな姿勢でまっすぐ書くのは「不可能」だったのです。

 

と、いうことで姿勢を正して書きましょう。

それでも字が曲がってしまう人にはもっと強制的にまっすぐ書く方法があります。

  1. ものさしをあてたまま書く。
  2. ガイド線をえんぴつで書き入れておく。
  3. 要らない紙を使用してテンプレート
    (字を書く部分を切り取って枠を作る)を作って使用する。

 

ここまですれば誰でも字が曲がることなく宛名面を書き終えることができると思います。基本が大事だったんですね。

まっすぐ書ければ宛名面も整ってきれいになること間違いなし!さっそく試してみてください。

まとめ

年賀状の宛名書きに使うペンや、書き方のコツを紹介してきました。

失礼なく、キレイにまっすぐ正しい宛名面を書いた年賀状で今年は印刷の年賀状よりもワンランクアップしましょう。

やはり手書きをすると、印刷にはないよさがありますよ。

上司などに送ると好印象間違いなしです!がんばってください!!

タイトルとURLをコピーしました