喪中期間だけどお年玉はあげる?マナー違反にならない渡し方と用意方法

喪中の女性 お年玉

お正月、子供たちが楽しみにしているものの1つにお年玉がありますよね♪

でも、今年は身内に不幸があって・・・という場合もあるかもしれません。そんなときのお年玉、あげてもいいの?って悩みますよね。

そんな疑問を解決できるようにまとめてみました!

スポンサーリンク

喪中の時にお年玉ってあげるもの?

お金を数える子供

そもそもお年玉とはどういうものかと言うと、神様の御魂を分けてそれを頂くと言う物。その魂が入ったおもちを雑煮などに入れて頂いてたんです。

今ではおもちからお金に代わり、新年を祝う意味も込められました。

喪中となるとお祝い事は控えるようにするのが世の中の流れになっています。

あけましておめでとうございますなどお祝いの言葉を言ってはならないのはご存知の方も多いはず。それに合わせて基本はお年玉を渡してはいけないことになっています。

やっぱり渡さない方がいいんだ・・ってことはわかるけど、喪中でお年玉も渡せないのはこちらとしても心苦しいですよね。

その場合はお年玉ではなく、お小遣いとして渡すなら問題はありません。お小遣いとしてでも渡せるのなら渡せた方が子供としては嬉しいですよね♪

また、目上の方に渡すお年賀もありますが、これも控えた方が良いようです。

ただ、毎年渡しているのであればその年だけ無いのも寂しい気がしますよね。その場合はご挨拶と言うことでお渡しすると良いでしょう。

 

で、どちらの場合も次に気になるのはお札。お札って新札の方がいいの??って疑問ですね。

喪中のお年玉に新札はOK?

いつものお正月ではお年玉に使うのは新札が常識になっています。

では喪中ではどうなるのでしょうか?前述したとおり喪中ではお年玉ではなくお小遣いとして渡すことになります。

お小遣いなので必ずしも新札の必要はありませんが、マナーとして新札を用意しておくようにしましょう。

そこは喪中といえども相手に渡す物なので新しい物が良いですね!

ちなみに新札が無くて用意するにはどうしたら!と言う方は銀行の窓口で新札に交換したいと伝えれば同じ紙幣へ交換であれば無料でしてくれますよ。ただ、交換する枚数が多いと手数料がかかる場合があるので事前に確認してくださいね。

またお正月前は混んだり、正月休みに入る銀行もあります。どうしても銀行に行けない、銀行が閉まっちゃった!という場合は下記の記事をどうぞ★

ピン札の作り方!土日に新札を入手したい時のお助け方法とは?!
結婚式や、出産祝いなど、ピン札(新札)が必要になるとき、準備しなくてはと思いながら、忙しく日が過ぎていき・・気づけば明日?!そして、結婚式やお祝いを持って行く日って土日なことが多い・・「銀行閉まってるやん!!・・ m(_ _"m)」こんなと...

喪中のお年玉のポチ袋はどうする?

さて、ここまで読んだ方なら喪中の間はお年玉がダメなことはおわかりいただけたと思います。

では、本来お年玉を入れるポチ袋。これにお小遣いを入れてお年玉の代わりに渡すのは大丈夫なのでしょうか?

・・・実はポチ袋もアウトなんです!ポチ袋自体お祝い事を示すものなのでマナー違反となってしまうんですね。それなら何に入れるのが良いのでしょうか。この入れる物にも決まりあります。それは…

無地の白い封筒に入れる

です。

やはり色ものになるとお祝いという意味など入ってしまうんですね。ただ場所によっては無地ならば何でも良いということもあるので折り紙などで手作りする方もいるそうですよ!

ポチ袋の作り方は簡単!A4に印刷するだけテンプレートまとめ!
ポチ袋、買うのもつまらないし必要な枚数もセット売りで合わない!じゃあこの際、手作りしてみませんか?! 可愛い柄が印刷できるのはもちろん、テンプレートになっていて、切って貼るだけ!しかもいつものA4用紙でできちゃいます。 手作りはちょっと...

無地でいいだけなら色ものが良いと思いますが、やはり喪中と言うことなので基本は無地の白い封筒が良いでしょう。

では封筒に何と書くのが正しいのでしょうか?これも喪中だから悩むところ・・いつもならお年玉と書きますが、お祝い事は控えないといけません。

そこでどのように書けばいいのか?次の3つくらいが無難です。

  • お小遣い
  • 書籍代
  • 文房具代

喪中ということを配慮して用意してあげれば、気持ちよく渡すことができますね。

まとめ

喪中と言うことで、本来ならば子供たちにお年玉を控えるのが流れですが、やっぱり渡したいし、貰えないのは可哀想と考える方が多いです。

喪中であったとしても、相手が断らない限りはお小遣いとして渡すとお互いに良いのではないでしょうか?

もちろんあえて渡さず子供たちに喪中のマナーを教えるいい機会ですが、そこは自分が渡してあげたいかどうかという気持ちが大切かもしれませんね♪

マナーを守りつつも相手の気持ちも考えることができれば、お互いに良いお正月となると思います!

タイトルとURLをコピーしました