給料日の振込当日、何時から引出せる?給与振込のルールとトラブル対処法

お給料の振込 <生活・雑学>

給料の振込当日はお金を何時から引き出せる?」「給料の振込が遅れてる・・こんな時どうしたらいい?」「給料日なのに口座に給料が振り込まれていない。これって違法じゃないの?」などなど。

給与振込に関するアレコレを正確に知っている人は意外と少ないようです。

そこで今回は、給与引き出しの時間的なルールや振込におけるトラブルにどう対処すればいいかなどをまとめてみました。

スポンサーリンク

給料日当日、振り込まれた給料は何時から引き落とし可能?

お給料の振込
日本国内の金融機関では、窓口が開く午前9時には給料を引き出すことが可能です。

これは「給料は、給料日の午前10時までに引き出せるようにしなければならない」と労働基準法で定められているからです。

24時間利用のATMやネットバンキングで引き出す場合は、当日の0時を過ぎた時点で口座の情報が更新されるため、給料日当日の午前0時には引き出せる銀行が一般的です。

給料日が休日と被っていた場合

給料日が休日と被っていた場合は、休日前の平日に振り込まれていることが多いです。

例えば、給料日が土曜日と被った場合は、前日金曜日の銀行の営業開始時間に給与引き出しが可能になります。祝祭日と被った場合も同様です。

ただし、休日明けの翌営業日に振り込む企業もありますので、ここは会社に確認が必要です。

振り込み額が間違っていた場合

もし給料の振込額が間違っていたら、使わずに会社の担当部署に問い合わせましょう。問い合わせの結果、手続きの間違いだと判明した場合は、当然その差額を返還する義務があります。

間違っていることを知りながらお金を使ってしまったら罪に問われる可能性もあるので注意が必要です。

スポンサーリンク

給料の振込が遅れる理由とその対処法

お給料の振込
基本的には上記で紹介した時間には給料が振り込まれるのですが、遅れることもあります。

給料の振込が遅れる理由は、主に以下の3つです。あれ?!と思ったらどれかに当てはまるかもしれません。

繁忙期で銀行側の処理が遅れている

ボーナスや年末などの銀行が込み合う時期は銀行側の処理が遅れることがあり振込が遅れることもあります。

この場合は、銀行の営業開始時刻に給料を引き出すことは困難ですが、午後に時間を改めて口座を確認すると入金されていること多ので、時間を空けて再度銀行を訪れるようにしてください。

経理担当者の不手際

経理担当者の不手際で、振り込みのタイミングを逃したり銀行に送られたデータに不備があったりすると給与の振込が遅れます。

繁忙期でもないのに期日通りに給料が振り込まれていなかったら、まずは会社の担当部署に問い合わせてみてください。

振り込みの遅延が経理の不手際だと判明した場合は、会社の人事などに連絡して厳重注意を促してもらうようにしましょう。

会社の資金不足

一番最悪なケースが、会社の資金不足によって振り込みの遅延が発生している場合です。資金不足で給料が払えないということは、経営が破綻している証拠です。

倒産の可能性があるため、転職を検討した方がいいかもしれません。

スポンサーリンク

口座に給料が振り込まれていなかった時は

お給料の振込
給料の振り込みが毎月遅れていたりそもそも給与が振り込まれていないという場合は、労働基準監督署等に相談するようにしましょう。

この際、給与明細や預金通帳、タイムカードなど、未払いを裏付けるための証拠品を用意した上で問い合わせるようにしましょう。手続きがスムーズに進みます。

労働基準法第24条では、「賃金は、毎月一回以上、一定の期日を定めて支払わなければならない。」と定められています。つまり、給与振込の遅延や未払いは、予告の有無を問わず違法です。

泣き寝入りで済ませられる問題ではないので、しっかりと専門機関に相談するようにしてください。

スポンサーリンク

まとめ

意外と知られていない給料振込についてのアレコレ。とくに何時に振り込まれるか・・というのは知らなかった人も多いのではないでしょうか?

生活の中に引き落としの手続きだったり、予定外の払込もあるでしょうから、給料の振り込みについて知っておくと様々な場面でトラブルを回避できるかもしれません。

給料日が平日の場合は基本的には9時から、給料日が土日の場合は前日金曜日の9時から引き落とせるところが一般的なようです。

振込の遅延や未払いが起こった際は、ちゃんと労働基準監督署に相談するようにしてくださいね。

タイトルとURLをコピーしました