初盆の香典金額(身内の場合)親戚だけに迷う平均相場は?

香典 お盆

故人が亡くなってから、四十九日が過ぎて初めて訪れるお盆を初盆といいます。

身内の初盆では僧侶を招いて法要を行う家庭があります。

その法要に招待された時は香典を持っていくなんてチラッと聞いたんだけど…?

いまさら聞けない身内の初盆と香典についてくわしく紹介します!

スポンサーリンク

初盆には香典が必要!?平均金額は身内の場合どれくらい?

金額

身内ならなおさらお金の話はしにくいもの。付き合いの深い身内ばかりではないから、香典の金額は身内だけに困っちゃいますね。

初盆ってどうしたらいいのか・・

とはいえ自分だけとんちんかんなものを持って行くと恥ずかしい思いをするとともに、後々なにかと付き合いに支障が出ては困ります。

そこで、みんなはどうしているのでしょうか?

初盆の法要に招かれるのは遺族や親族だけではなく、故人にゆかりが深かった人たちが招かれます。

法要に招かれて、参加する際には香典を持参するのがマナーです。

また、法要の後でそのまま食事会を行う家があります。

身内の場合は食事会に参加することとなることが多いので、(この食事会を「お斎・おとき」と言います)このお斎に参加するのであれば食事代も考慮して香典の額を決定しましょう。

初盆の香典の平均金額は

○5,000円~10,000円

※地域や親族によりそれぞれ異なる場合あり。

法事の規模によっても異なりますが、初盆の香典は平均相場はこの金額です。

しかし、お斎まで参加するのであれば、食事代を足します。

ひとりにつき

○香典金額に3,000円~10,000円をプラス

そして4や9を避けた数字になるように調整します。

子供も参加する予定であれば子供の頭数も込みの食事代の金額をプラスしましょう。

可能であれば、直接法要を行う家に相談、または同じように招待されている親族と相談して用意していくと安心です。

スポンサーリンク

初盆の香典の表書きの書き方とは!?

お葬式の香典の書き方はわかるけれど、初盆の法要の香典は違うのか?です。

お葬式に持っていくための香典は「ご霊前」ですが、この表書きは四十九日以降は使用しません。

初盆は四十九日を過ぎてからの初めてのお盆なので表書きは「御仏前」や「御佛前」と、なります。

四十九日をすぎての初盆の表書きは「御霊前」「御佛前」

水引の上部に「御仏前」または「御佛前」と書き、下部には氏名を書きます。

親族が集まる席で名字が同じで迷っては、法要をした家族が後の処理に困りますので、ちゃんとフルネームで記入することが大切です。

初盆には親い親族が盆灯籠を贈る(電気をつけるとキラキラしたクルクル回る灯籠です)という地域もあります。

しかし、この灯籠が初盆を迎える家に必要がないとなれば現金で不祝儀袋に「御灯籠代」と、表書きをして渡します。

盆灯籠を贈る場合は、お盆の1~2週間前には届くように購入、配達依頼は早めにしましょう。

スポンサーリンク

初盆の香典の中袋の書き方とは!?

香典の中袋

不祝儀袋(香典袋)の一番外側の部分には「御仏前」や「御佛前」と、氏名を記入するとお伝えしましたが、その中にある封筒型のお金を入れるものが中袋です。

これもどのように書くべきか迷うポイントですよね。

中袋に最初から金額と氏名を書く欄が印刷されているものであれば、その欄を使用して記入します。

何もない白い封筒のみであれば、表側中央に縦書きで「金○万円」と書きます。

金額の数字は漢数字で書きましょう、円の後に「也」は付けても付けなくてもよいというマナーになっています。

中袋の裏側には住所、氏名を書きましょう。

住所が中心線の右側で、氏名は左側に書きます。

※ちなみに墨の色は濃いもので構いません、薄い墨を使用するのは四十九日までとされています。

住所を書き入れるのは、お礼状や引き出物の配送など、法要を行う親族に配慮してのことですので忘れないように書いておきましょう。

書かないと返って迷惑をかけてしまうことになります。

封筒にのりづけはしなくていいですよ。しかし、してもしなくてもという程度のマナーですので、気になる場合はのりづけをして封をしても構いません。

糊付けしちゃっても、わざわざやり直す必要もありません。

スポンサーリンク

まとめ

身内の初盆の法要の香典について

①相場は5,000円~10,000円で、食事をする場合には食事代も含めること。

②不祝儀袋の表書きは「御仏前」または「御佛前」。

③中袋表には金額を漢数字を使用して縦書きで記入、裏面には住所と氏名を記入しておく。

これらをふまえてお盆の法要に参加してください。

タイトルとURLをコピーしました