墓参りの花の種類といえば?命日・年末・お彼岸それぞれに良い花とは?

お墓参りの花 お彼岸

お墓参りといえば、花を飾って供え物をして、ご先祖様や故人を偲ぶ伝統的なイベントですよね。

生前お世話になった親族、いつも気にかけてくれたあの人、仲のよかったその人……。大切な人だからこそ、その人のお墓もきれいな花で彩ってあげたいですよね。

花はその時々の季節を感じさせる風流な品。季節ごとにぴったりなお墓参りの花の種類をまとめました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

命日の墓参りに適した花の種類とは?大切な日だから選びたい種類

お墓参りの墓

まずはじめに、お墓参りに持参する花に絶対的な約束事はあるのでしょうか?

結論から言いますと、意外にも自由度が高くこれといったルールはありません。

あなたや故人の趣味・嗜好に合わせて選んで問題ないんですよ。

命日ならばなおのこと、です。生前の故人が好きだった、あるいは思い入れのあった花を手向けるのがよいでしょう。

しかし、季節によっては売っていない花なんかもあったり、自由にとは言っても、どう選んでよいのか分からない、という方もいらっしゃるはず。

いくつか適切なものをご紹介していきましょう。

1.菊

⇒菊は墓参りといえば!の、定番アイテムですよね。

なぜ菊が選ばれやすいのかというと、実は菊には「邪気を払う」という意味があるそうです。

その他にも、花言葉に「高貴」「高潔」など、気高く上品なイメージの言葉が多いことから、仏花の定番になったようですよ。

大きさも種類も多様にあるので、同じ菊一つとってみても、花束に選ぶ組み合わせ次第で多彩な表現ができますね。

2.カーネーション

⇒ヒラヒラフリフリとした花びらは、見ているだけでもとっても明るい気持ちになれますよね。

カーネーションの花言葉は「無垢で深い愛」。そのため、故人を慈しむ気持ちがよく伝わる花束になります。

真っ赤なカーネーション一色は、母の日の印象が強いものの、淡い色でまとめてみるだとかアクセントに少し取り入れるなどすれば、優雅で爽やかな彩りを与えてくれそうですね。

3.ストック

⇒たわわなストックの花と、優しい色合いは、見ていてとても心安らぎますよね。

仏化としては割と定番アイテムで、茎も真っ直ぐ太めなので、お供えの花立てにも挿しやすいです。

かわいさ、扱いやすさの両面からお墓参りのお花にぴったり。

4.白を基調とした花

⇒特に故人が亡くなってから日が浅い場合などには、白でまとめた花束が無難なようです。

ただし、同じ白でも、トゲや毒のある花というのは仏花には向きませんので、特別故人が愛してやまなかった、というのでなければ、バラなどは避けた方がよいでしょう。

墓参りの花で、年末年始にぴったりの花の種類は?

年末年始って、それだけでなんとなくおめでたいですよね!家族も揃う。そんな時期だからこそ、思い立ってお墓参りへ、という方も少なくないはず。

ですが、どうしても冬場となると花の種類も限られてくるものです。

花屋には温室育ちの様々な種類の花が並んでいるわけですが、どうせなら季節感のあるものをお供えしたい気持ちもあります。

年末年始の時期、花としてはどんなものがお供えできるでしょうか?

1.梅

気温や時期によっては少し花の付きが悪いかもしれませんが……。

梅の花言葉は「高潔」「忠実」。お墓にお供えするにはまずまず適切と言えるでしょう。

それに、梅といえば早春を一番連想させる花。故人も新春を喜んでくれるのではないでしょうか。 

2.福寿草

福寿草

鮮やかな黄色が印象的な、背の低い花です。花立てに飾る、というには不向きですが、鉢植えやバスケットでというのも悪くありません。

花名は、古くから縁起のよい花とされてきたことに由来しますし、年の瀬になると松竹梅などと一緒に寄せ植えにされた植木鉢が出回るようです。

花言葉も縁起が良く、「幸せを招く」「永久の幸福」だそうです。

3.椿

⇒椿はちょうど1月~2月に最盛期を迎えます。日本人としても馴染み深い花ですよね。

花言葉は「控えめな優しさ」「誇り」など。お墓周りを上品に彩ってくれそうです。

墓参りのピークのお彼岸。恥ずかしくない花の種類といえば?

お墓参り

では逆に、花もそこそこ盛りの春と秋。この時期といえば!といったお彼岸には、どんな花を持っていけばよいのでしょうか?

一般的には、白や淡い色の花を飾ることが多いようです。また、種類も清楚な印象ものを使うことが多いです。

1.ユリ

⇒匂いがややきついので、賛否両論ではあるようですが、特に白色のユリというと清潔感が溢れ、上品ですよね。

花言葉は「純粋」「無垢」「威厳」。大切な故人へ清らかな想いも届きそうですね。

2.胡蝶蘭

⇒お祝いごとなどにも何かと使われる胡蝶蘭は、お墓周りを淑やかに飾ってくれそうです。

花言葉は「幸福が飛んでくる」「純粋な愛」。故人にハッピーを届けましょう!

3.トルコキキョウ

⇒バラのような華やかさも備えつつ、カーネーションのような柔らかさを持ち合わせ、且つ上品。

花言葉も「すがすがしい美しさ」「優美」「希望」と、お墓に飾るにも大切な人に贈るにもぴったりです! 

編集後記

いかがでしたか?お墓参りに行こう!と思っても季節ごとに花の種類に迷ってしまうところですが、特に難しいルールはないので、逆に季節ごとに表情を変える花々を楽しんじゃいましょう。

大切な故人にもその時々の種類を楽しんでもらい、お墓参りをもっと身近なものにしていきましょう!