遅刻癖、これって病気?いえいえこうすれば大丈夫!治し方を伝授します

遅刻癖 生活

わざとではないのに何度も繰り返してしまう遅刻・・。治したいと思っているのに悔しいですよね。

遅刻は繰り返しすぎると学校や職場での信頼も失ってしまいかねません。そこで今回は遅刻癖を治すための方法と考えられる原因を紹介します!

さらに、遅刻と病気の関連もまとめてますので、参考にしてくださいね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

遅刻癖の原因って何だろう?治すために考えよう

寝坊で遅刻

そもそもなぜ遅刻してしまうのでしょうか?まずは行動面から見ていきましょう。

いつも寸前じゃないと動かない

いつも出発の寸前に準備を始めたりしていませんか?

「まだ5分余裕〜」など考えていて、出発前に準備に手間取ってしまうなどして遅刻する場合があります。

さらに時間配分の計画を立てるのが苦手でいつもあたふたして遅刻することも。解決策は後ほど!

待ち合わせなどにもともとルーズ

良く聞くウチナータイムなど、その風土によって遅刻が当たり前という文化があります。

その地域全体が遅刻OKで会社も遅刻が普通の場合もありますが、世の中全部がそういうわけにもいきませんし、仕事によっては時間厳守でないと取り返しのつかない場合もあります。

片づけが出来ない

片付けと遅刻?関係あるの?と感じるかもしれませんが、これが結構関係あるんです!

例えば家を出るときに何をするかと言えば、鍵を掛けたり、荷物を持ちますよね?

もし片付けてなくごちゃごちゃの部屋で鍵を探すとなればなかなか見つからない…なんてことも。部屋の状況も遅刻の原因になることがあるんです!

ギリギリまで寝るまたは寝過ごしてしまう

起きたら時間ギリギリだったり、起きたら時間すら過ぎていた!なんて理由で遅刻してしまう場合もあります。

ただ単に夜更かししすぎた場合もありますが、これは中には病気が原因なことも。病気に関しては後で紹介しますね。

遅刻癖の治し方!効果的な方法を伝授!

遅刻癖

さて、遅刻の大まかな原因は分かりましたね。ここからは原因別に遅刻しない方法を伝授します!

寸前じゃないと動かない場合

寸前じゃないと動けない=遅刻となるわけですから、当然前もって動くように意識することが大事になります。そのためには時間配分を考えるのが良いでしょう。

何分に出発するために何分前から準備しておこうと考えましょう。これまで遅刻していたなら、もう5分早めに設定してください。

その際メモをして分かりやすい所に貼ると意識しやすいですよ♪

時間配分が苦手だ!という方。まずは目的地への道のりをスマホのマップなどで確認してください。

そこにどのくらいの時間がかかるか書いてあります。その時間にプラス30分追加すればおおよその移動時間になります。

30分追加したのは交通状況や電車の遅延などが起きる場合もある為です。これで移動時間はOK。

次はストップウォッチを用意しましょう。ストップウォッチをスタートさせたらいつものように準備して下さい。

そして準備が終わればタイマーを止めましょう。それが準備にかかった時間になります。これを覚えるようにしてください。

時間配分が苦手でも必要な時間さえ分かってしまえば寸前まで動かないなんてことはなくなります♪

待ち合わせにもともとルーズな場合

待たされた相手の事をまず考えましょう。

寒い中自分の為に我慢して待ってくれた人の気持ちを考えたり、自分が遅刻している時に自分の分まで仕事を増やされている同僚の気持ちを真剣に考えましょう。

自分を律するのは大変ですが、自分自身が変わらないといけないと思うことが大切です。

片づけが出来ない場合

私自身片づけが苦手で、鍵をなくすなんてことはしょっちゅうありました。出る前にあたふたあたふた・・。そこで考えたのは、鍵など荷物は決めた所に置いておくことです。

たとえどんなに汚い部屋でもそこだけをちゃんとしていれば見当たらない!なんてことはなくなります。

それでもなくしてしまう場合、持ち歩くカバンに入れておきます。カバンは大きいですし、いつも持ち歩くならカバンをなくす可能性は低いです。

その際は必ずカバンのどの部分に入れたかを把握して下さい。毎回入れる場所が違うと、これまた探すのに手間取ってしまいます。

結局のところ、片付けができていないと準備に手間取るわけです。そうなると時間がかかり遅刻するといった悪循環に。

探し物の時間を短くする工夫、服を選ぶのに時間がかかるなら服の整理整頓や季節外の使わないアイテムを別の場所に置くなどして探しやすくしておくようにしましょう。

ギリギリまで寝てしまうまたは寝過ごしてしまう場合

夜更かしをしないのは当然なことですが、起きてまだ時間があると思わずにまず体を起してみましょう。

起こすだけでも徐々に体が目覚めてきますよ。寝過ごす方はアラームを見直してみましょう。

音によって目覚めれる音があるので自分に合った音を探してみましょう。

しかし、無理やり起こすことになるので、できればアラームに頼りたくはないですね。前日に何時間後に起きると念じて寝てみましょう。

私も何度か試したのですがこの時間に起きる!と考えて寝たらそのくらいの時間に目が覚めましたよ♪

もしものことがあるといけないのでアラームもセットすべきですが、起きる時間を念じることも結構うまくいくのでやってみてくださいね。

遅刻癖がある場合病気と聞いたけど?考えられるものと言えば?

遅刻癖

いろいろ試したけど、どうしても遅刻が治らない。遅刻癖に病気が関係してくるのでしょうか?

すべてがそうとは言えませんが、病気が原因の場合もあります。例えば次のような事なので、もしかして?と思うようなら一度診断してもらうのも一つの方法です。

 

遅刻はダメなのに行きたくない…

うつ病や適応障害からそのような症状が出る場合があります。

時間はわかっているのになぜか遅れてしまう…

ADHDという障害の可能性も。

いくら寝ても寝足りない…

睡眠時無呼吸症候群等の可能性が。

 

遅刻するから病気だという決めつけも危険ですが、何度やってもダメな時は、思わぬ原因が潜んでいることも考えられます。迷わず主治医に相談して下さいね。

編集後記

遅刻の原因を自分で考えてみてまずは改善策を試してみましょう。私も遅刻してた時期に色々試しました。

無理に遅刻しない方法より無理しない方法を見つければ続けれますよ♪