七五三の初穂料にふくさは必要?相場金額と渡すタイミングとは?

七五三

今年は七五三!いろんな準備がある中で着付けや写真の予約、神社はどこにするか??終わった後のお食事はどうしよう?などを決めて行くと思いますが、用意を忘れてはいけないのが神社参拝時に必要な「初穂料」の用意です。

バタバタしていて忘れていると、初穂料のこと考えるのが当日の朝だった!なんてことにもなりかねません。(自分の経験です・・)

初穂料を用意しても、それをふくさに入れたらいいのかどうかも悩みどころ。どうやって持って行って、どれくらいの金額を入れたらいいのか?わからないと焦っちゃいます。

今回は七五三の初穂料にふくさは必要かどうか、そして金額の相場について、そして迷いがちな渡すタイミングについてまとめていますので、参考にしながら忘れないように用意をしてくださいね!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

七五三の初穂料、ふくさは必要?

昔からの風習として、何かを相手にお渡しする時にはふくさを使用してきました。これは、そのままの状態でお渡しすることは失礼に当たるという理由からです。

初穂料のようなお金を渡す時も同じで、ふくさに包んで持ち運び、ふくさから相手の目の前で出してお渡しするのが一般的です。

袋が汚れない上、初穂料を出すときの見た感じも丁寧。相手も好印象を受けます。

ですので七五三の初穂料も、ふくさは必要です。

七五三はお祝いの行事なので、ふくさは明るい色でも大丈夫。逆に紫や紺色しかない場合でも使って大丈夫です。

ちなみに、ふくさは100円均一でも売ってます。私も買いました。生地に高級感があるわけではないけど、100円なので許せますよね。

気軽に購入することができるので、気が付いた時に買っておくと役立ちます。

七五三初穂料の相場とは?

次に七五三の初穂料の相場についてです。これもとても迷うところですが大体の相場が決まっています。

 

七五三の初穂料の相場の目安

5000円から10000円です。

 

ただ、注意があります!

目安はこれくらいなのですが、実は神社により金額が決まっているところもたくさんあります。うちの近くの神社でも金額が決まっていて、予約を取る時に金額を指定されました。

ですので七五三の初穂料の相場を知ることも大事なのですが、まず神社に聞いてみるようにしてください。

また、料金設定がなど数パターン用意されている場合もありますので注意して聞いておきましょう。

その場合は初穂料の違いにより内容が違う場合が多いので、事前に内容も聞いといてくださいね。

 

もし決まった金額はなくはっきりしない場合は、どんなことをするのか?どのように対応してもらえるのか?をあらかじめ聞き、上記の相場とこれからお伝えする体験談を目安に用意しておきましょう。

私の七五三経験談

私の七五三体験・行った神社の初穂料は↓こんな感じでした。

私の子供が一番初めに七五三をしたとき、無知な私は七五三の初穂料の相場が全然わかりませんでした。

あらかじめ神社に問い合わせて聞いたところ、初穂料の金額が決められており、3つのパターンがありました。私の住む地域でも大きい神社です。

 

5000円・10000円・20000円だったかな?コースが分かれていました。

確か一番高い20000円のコースだとお祓いは別室、さらにみんながお祓いをしてもらうときにも個別に名前を読んでもらえるなど何かと個別対応だったと思います。

私は5000円コースにしたので、みんな一斉に名前を読んでもらい、帰りに会場から出るとき、ちょっとしたお祓いをしてもらう。

 

クレヨンのお土産付きでお守りも入っていた?そんな感じだったと思います。

 

たくさんの七五三参りの家族で神社は人であふれているし、お祓いも形式的な印象を受けましたが、全て決まっているので迷いなく七五三を終えることができました。

 

2度目の神社は大きい神社ではなく本当に近所の氏神様にお願いしました。電話での予約の際に初穂料の金額を聞いてみると「5000円です」と教えてもらえました。

他の金額はなかったようなので、5000円を初穂料として持参しました。

 

この神社は完全予約制で、1組ずつ個別にお祓いをしてくれました。お土産に文具などのセットをもらい、神社に関する絵本もいただきました。

5000円なのに、完全個別対応!小さい神社ですが、これがとても満足。

 

神社により内容は異なると思いますが、私の場合はこのような感じでした。初穂料についても私の場合、どちらも決まったものがあり教えてもらうことができました。

 

それと、神社によって内容に差があることもわかりました。満足いく七五三になるよう、ママ友やご近所さんに聞いてみるといいと思いますよ♪

七五三の初穂料はいつ渡せばいいの?

初穂料を渡すタイミングについても行ったことがないと気になるところです。用意したのはいいけど、いつ渡すのでしょうか??

 

初穂料を渡すタイミングは受付時です。

 

当日の流れは神社にもよりますがこのような感じです。

七五三参りの受付を行うため窓口へ。

所定の申込書などを書く

申込書と初穂料を窓口に一緒にお渡しする

七五三参り

?

神社に行く前に初穂料をきちんと用意しておくとスムーズに初穂料を渡すことができます。

当日焦らないように準備しておいてくださいね!

初穂料とはそもそも何?

七五三やお宮参り、受験の合格祈願や厄よけ、安産祈願など、神社にご祈祷をお願いするときに渡す「謝礼金」を初穂料と呼びます。

私としては聞きなれない言葉でした。なんで「初穂」なのでしょうか??

 

その理由ですが、昔は神様へのご祈祷の際にお金ではなく農作物を奉納していたことから始まります。

その年にできた一番初めに収穫した農作物が「初穂」です。

主に稲で、だんだんと他の農作物も納めるようになっていきました。それが近年では農作物(初穂)の代わりにお金を渡すようになり「初穂料」と呼ばれるようになりました。

昔からの名残で、「初穂料」と呼ぶのですね。

編集後記

たくさんの準備が必要な七五三。その中の一つが初穂料です。初穂料の相場、意味などについてまとめると・・

  • ふくさは必要、色は特に極まりなし
  • 初穂料の相場は5000円から10000円
  • 用意する前に神社に聞いておくこと!
  • 渡すタイミングは受付時
  • 昔は農作物を神社に謝礼金として奉納していたことから「初穂料」と呼ばれる

スムーズに当日を過ごすため、事前に用意をしておきましょうね!