窓掃除を簡単手軽に!「新聞紙」でたった3ステップで行う方法!

窓ガラスがきれいだと、とても気持ちいいですよね。朝の光が窓から差し込んで爽やかな気分・・を味わいたいのに、窓って面積があるし、高さもあるし、後が残ったりするし、少々汚れていても見て見ぬフリしちゃう。気がついたら年末で、大掃除の時期がやってくる・・。

実際のところ、窓掃除って結構大変なんですよね。でも、いざ掃除をして、窓がきれいになった時の爽快感は半端ない!

窓掃除の簡単な方法、手軽に手に入る(家にある)道具を使って掃除をする方法を紹介いたします!とても単純な掃除方法なんですが、いろいろ試したけどこの方法が一番簡単だと感じています。今年の年末はこの簡単な窓掃除の方法できまり!

スポンサーリンク

窓掃除の簡単な方法とは?

方法も簡単で、さらにわざわざ窓掃除の為に道具を買い物しなくてもよい方法は新聞紙を使うことです。

窓ガラスの掃除

用意する道具

  • 新聞紙
  • バケツや洗面器
  • ゴミ袋
  • ゴム手袋

準備

子供達に新聞紙を丸めて、新聞ボールを作ってもらいましょう!喜んで作ってくれますよ!窓が大きくてたくさんある場合はある程度の数を用意しておきましょう!

1、新聞ボールを少し濡らします。

2、少し濡らしたボールで窓を拭いていきます。

3、仕上げに、乾いた新聞ボールで拭きあげます。

これだけ!簡単でしょ??新聞と水だけで窓掃除が完了!

でも、ちょっと汚れがひどい場合はもう少し工夫します。

※汚れがひどい場合

私はよく窓掃除をサボってしまうので、汚れがかなりひどくなっています(泣)少し濡らした新聞ボールでは拭き取り能力に欠ける場合があります。そんな時の窓掃除の簡単な方法はこちら。

1、結構濡らした新聞紙でまずガラスを濡らす感じで窓を一拭き。汚れを浮かせます。

2、その後、少し濡らした新聞ボールで拭きます。

3、仕上げに乾いた新聞ボールで拭きあげます。

濡らし具合を変えて1度拭くのを増やしただけですが、かなりサボった窓でも結構きれいになりますよ!簡単!洗剤もいりません!手が荒れやすい場合はゴム手袋を使用してくださいね。

我が家の新聞紙はインクが手につくことはないのですが、新聞の種類によってはインクが手につくかもしれませんので、その場合もゴム手袋をつけて窓掃除をするようにしましょう!

それから、窓が大きくてたくさんある場合、新聞ボール自体は数が必要です。使った後はゴミがでるのでゴミ袋を広げて掃除すると効率がいいですよ〜!

なぜ新聞紙を使うの?

汚れても使い捨てれることは最大のメリットですが、さらに新聞のインクが窓についた汚れを分解してくれる効果があります。そしてさらに嬉しいことに、ワックス効果もあり、汚れがつきにくくなる効果も!

窓のレールの掃除

用意する道具

  • 古歯ブラシ
  • つまようじ
  • 着古した子供の服や使い古しのタオルなど

窓のレール(サン)の部分にも汚れがたくさん。ここもきれいに簡単にお掃除しちゃいましょう!

1、古歯ブラシを濡らし、レールに沿って磨いていきます。

※端っこの歯ブラシが入らない部分は爪楊枝で汚れを取りましょう!

2、古布で、拭きあげます!

窓のレール部分は、新聞紙でやるとちぎれたりして後が厄介になってしまいます。レールのお掃除には古布を使いましょう。

レールも汚れがひどい場合は、少量の水をレール部分にいれ、一旦拭いてから細かい部分を掃除するようにするといいですよ!

スポンサーリンク

窓掃除を簡単にするポイント

少しの工夫で窓掃除がより簡単になります!

 すごく晴れた日に掃除しない

曇ってる日、または朝早い時間に窓掃除をしましょう!ポイントは湿気のある時間帯と天気を選ぶことです。水分がすぐ乾いてしまうと拭いたスジが窓ガラスに残ってしまいます。

 外側から手をつける!

きれいな内側から拭いてしまいそうになりますが、拭き残しを防止するためには外側から窓掃除をしていきましょう。

汚れがたくさん付いている面から掃除をすることで、きれいな面を掃除するときに拭き残しを確認しやすくなりますよ!

 網戸も拭いておきましょう!

せっかくきれいになった窓。網戸が汚れていると、雨が降ったりするとすぐに汚れが窓に移ってしまいます。この機会に網戸もきれいにしましょう!

激落ちくんや、スクイジーなどいろんなグッズを使うときれいになりますが、今回は手軽に家にあるものということも重視した掃除方法をお伝えしました!

編集後記

大きくてたくさんある窓。掃除はけっこう大変ですが、面積があるだけにきれいになると本当に気持ちいいです。できるだけ簡単に、手軽に掃除して負担を減らしましょう!!

大掃除の時期には他にもしなくてはいけない掃除がたくさんあります。家族みんなで過ごす家。子供達もまきこんで家族で協力しながら大切な家をきれいにしましょう!

スポンサーリンク