海の日2016!日付はいつ?由来と意味を知って有意義な休日に!

海の日について

7月にある祝日「海の日」。海をテーマに祝日として制定しているのは日本だけって知っていましたか?!このところ祝日は「ハッピーマンデー制度」が導入された関係でいろんな日に移動するのでいつだったか頭の中があやふやになりますよね。

海の日の2016年の日付はいつになるのでしょうか?!そしてそれと同時に海の日がどんな祝日でいつできたのかをまとめます。

せっかくの7月の祝日「海の日」!楽しい夏のお休みの意味も知って楽しみましょう!

スポンサーリンク

2016年の海の日の日付はいつ?

2016年海の日

2016年7月

ハッピーマンデー制度に伴い、海の日は7月の第3月曜日と決まっています!

ですので2016年の海の日は7月18日!

7月16日から18日まで3連休!楽しみですね!私の子供が通う小学校は、修了式は19日。3連休の次の日少し学校に行って夏休みが始まるという微妙な内容となっております。

ちなみに、1996年から2002年までは、7月20日が海の日でした。

ハッピーマンデー制度が導入された2003年から現在は7月第3月曜日が海の日となっています。(ハッピーマンデー制度は廃止の動きがあります!今後はどうなるのでしょうか?!)

【海の日】の由来と意味

海の日が制定されたのはいつ?

1995年(H7)に制定、1996年(H8)から海の日ができました。

海の日ができたきっかけとなったのは、明治9年。7月20日に東北巡幸をしていた明治天皇が「明治丸」という灯台監視船で東北から横浜に帰港したことでした。

このとき荒れ狂う波で人々はとても心配していましたが、乱れることなく堂々とした明治天皇の姿に人々は安心しました。これを記念して昭和16年より「海の記念日」として存在していましたが、平成8年に「海の日」という正式な国民の休日となりました。

海の日の意味とは?

海洋国日本。水産物など海の恵みをたくさん得ています。海がなくては日本の発展もなかったでしょう。

祝日について定められている法律(祝日法)に海の日はどう制定されているか見てみましょう!祝日にはひとつひとつ、きちんと意味が込められているんです。

海の恩恵に感謝するとともに、海洋国日本の繁栄を願う

次の世代に、海に感謝すること、安全で安定した海を引き継ぐことを目的として出来た祝日なのですね。海の日に海へ出かけるとは限りませんが、少しでも海を綺麗に保つためにできるアイデアを考えてみるのはどうでしょうか?

世界にはこんなすごい活動をしている若者もいます!8万年かかるとされる海にあるプラスチックゴミをどう効率良く除去するのか?それを実現するために考え、専門家でも導き出す事ができなかった事を現実にしたオランダの青年がいます。すごいです。動画をみてください!

たくさんあった課題をひとつづつクリアしていき、ボランティアで集まった専門家とも意見を交わし、アイデアを現実のものへと変え、クラウドファンディングで資金調達に成功!

スポンサーリンク

海の日は英語でなんというの?

日本の祝日(Public Holidays in Japan)を英語で伝えたい!海の日は英語で「Marine Day」と言います。英語での表現も覚えておきましょう!

海の日の意味を子供に伝えよう!

子ども伝えよう

祝日の意味を子ども達は知っていますか?なかなか祝日の意味を考えてお休みを過ごすということをしている方は少ないかもしれません。

海の日のもつ意味を子供達にも知ってもらいたいと思っています。なんとなくお休み、ではなく、なぜ休みなのか。子供達に伝えて有意義な祝日にしたいですね!説明の仕方を考えてみましたので紹介しておきますね。

4歳ごろまでの子どもたちへ

子どもに伝える

「海にありがとうを言って、守っていこうね」

海はきれいだけど、実際に行くとゴミがいっぱい。海を汚している人がいてるんです。汚れた海では魚も生きられないよね。海が喜ぶためにはどうしたらいいか、一緒に考えよう!

5歳以上の子ども達へ

子どもに伝える

「私たちの暮らしは、海があるからささえられているよ」

海にはたくさんの生きものがいる。昔から魚や貝、海草などを食べて人は生きてきました。そして物を運んだり、移動したりするのにも海を使うよ。

特に日本は島だから周りが全部海。泳ぐ楽しみだけではなく、生きるためにもたくさんのことを海はしてくれているよ。でも海は汚れてきてる。これから海をどうしたら守っていけるか、感謝とともに考えてみよう!

編集後記

海に感謝の気持ちを持つことで、これからの日本の繁栄を願うことに繋がるのですね。この気持ちを子ども達に伝えることも大切なことなんだと再認識しました。

海の日がもつ意味をしっかり理解して、よい休日にしましょう!

スポンサーリンク