ウインナーとソーセージの違いはコレだった!基準を詳しく解説!

スポンサーリンク
By: Thorsten Hartmann

何気なく使って両方知ってるソーセージとウインナー。毎日のようにお弁当に入れてるけど・・でも違いはなんだろう?調べてみるときちんと基準が設けられていました。とっても身近な食品だけに知るとなるほど!ぜひ読んでみてくださいね!

ソーセージとは何?から解決しましょう。

Wikipediaによると

ソーセージ(フランス語: saucisse, 英語: sausage)とは、鳥獣類の挽肉などをや香辛料で調味した食品。湯煮や燻煙などの燻製処理を行い保存食とされることが多いが、ドイツなどでは生挽肉を詰めたまま(メットヴルスト)のものをパンに塗りつけて食されたりする種類もある。

ふむふむ。

この文からお肉に味付けした物をソーセージと言うことがわかります!元は兵の携帯用食品として登場。調理法の工夫や塩を入れることで保存がきくようにし、肉同士を結合させています。

味付きお肉のことをソーセージと呼ぶのですから、腸に詰められていないソーセージもあります。ただし、腸に詰めるのが一般的になっているので、日本では腸詰してる物をソーセージと呼びます

では、ウインナーとは何?違いは?

ウインナーとは、ウインナーソーセージの事で、太さが20mm未満で羊腸につめられた物のことです。と、いうことは!

ソーセージとは総称で、ウインナーはその一部ということです。

この2つは、「違い」というより「イコール」に近い関係だったのです!ソーセージの中のウインナー。なんですね!

スポンサーリンク

基準があるの?

基準を説明

昔は、どの動物の腸につめられていたのか?という事で決まっていました。

ウインナーは、羊。フランクフルトは豚。ボロニアソーセージは牛。でも、さすがに消費量が増えてくると腸の代わりに人工的なケーシングもでてきました。それにより、腸の種類太さの違いで分けられるようになりました。

※ケーシングとはもともと「腸」を意味していましたが、人工的な物も出てきて以降も皮膜の全体を意味する言葉として使われています。

日本基準はこれです!

ウインナーソーセージ

羊腸を使用 または 太さが20mm未満のもの!

★羊の腸が使用されているときは、20mmをこえてもウインナーソーセージです。

フランクフルトソーセージ

豚腸を使用 または 太さが20mm以上36mm未満のもの!

★豚腸が使用されているときは、20mm以上36mm未満でもボロニアソーセージです。

ボロニアソーセージ

牛腸を使用 または 太さが36mm以上のもの!

★牛腸が使用されているときは、36mm以下でもボロニアソーセージです。

ウインナーの袋のJASマークについて

ソーセージのパッケージにJASマークがついてるものがあります!品質基準が設けられていて、特級、上級、標準、特定の4つに分類されます!

その基準もご紹介します♪

特級→原料肉には豚肉・牛肉のみ使用でき、でん粉などの結着材料が一切入っていないもの。

上級→原料肉には豚肉・牛肉のみ使用でき、でん粉などの結着材料が5%以下で、「でん粉含有率」が3%以下のもの。

標準→原料肉には畜肉(豚・牛・羊など)と家兎肉(うさぎ)および、家禽肉(鶏・あひるなど)のみ使用でき、でん粉などの結着材料が10%以下のもの。但し、「でん粉含有率」が5%以下のもの。

特定→原料肉には豚肉・牛肉のみ使用でき、でん粉などの結着材料は一切入っていない原料を、3日間(72時間)以上塩せきしたもので、特色のある製法で製造されたものに付けられます。

お買い物のとき、注意してパッケージをみてみましょう!

編集後記

毎日つかってるのに、こんなに基準が決められていたなんて知りませんでした!知ると家事がおもしろいものになります。夏祭りのお手伝いでフランクフルトの担当になりそうなので、ここで知った事を話そうと思います(笑)

スポンサーリンク
ブログランキング

最後まで記事を読んでいただきありがとうございます!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らしを楽しむへにほんブログ村 その他生活ブログ 生活術・ライフハックへ
ブログランキング参加中!応援していただけるとうれしいです!