ハロウィン★トリックオアトリートと言われたら?返事の仕方と意味!

ハロウィントリックオアトリート!

ハロウィンと言えば思い浮かぶ言葉は?そう、これです!

トリック・オア・トリート!!!

元気な子供達の声がハロウィンの日に響き渡ります♪

ところでこの「トリック・オア・トリート」ですが、返事に困る人、多数!そういえば、「ハロウィンと言えばトリックオアトリート」という事はわかっていたけど、言われた時にどう返事するかを考えた事がなかった事に気がつきます。私も親の立場になって、完全にお菓子をあげる側になったので、返事をマスターしなければいけません。

  • トリックオアトリートと言われた時の返事の仕方
  • トリックオアトリートの本来の意味
  • トリックオアトリートと言われたらするべき事

この3つについて調べました!参考にしてくださいね。

スポンサーリンク

トリックオアトリートの返事

まずはハロウィンでトリックオアトリートと言われたらどうしたらいいのかについてお伝えしていきます♪

トリックオアトリート!!と子供達に言われたらこう答えましょう!

「happy halloween!!」(ハッピーハロウィン!)

トリックオアトリートは、ハロウィンの定番の言葉となっています。答えもこれが定番です。

「here you are!」(ヒアユーアー)

はいどうぞ、といってお菓子を手渡しましょう。

ママとなり、確実にお菓子をもらう方ではなく、あげる側になっていますので、返事の仕方はマスターしておいてくださいね。さらに応用編として、次も覚えておいてください!

仮装を褒めてあげましょう♪

上記の受け答えが定番となっていますが、仮装した子供達の衣装も気になるところですよね。きっとお化けや悪魔、魔女などに変装していると思います。

仮装の褒め言葉?として

「you are so scary!!」怖い〜!!)

と言ってあげると盛り上がると思います★これを言えるとちょっと英語ができる感じがします。

もしも、英語がよくわからないなら、笑顔で対応するだけでも十分かと思います!

トリックオアトリートの意味

せっかく言葉を交わすのですから、きちんとした意味も知っておきたいですね。

ハロウィンの由来となる「万聖節」。死者がこの世に来るこの日、前夜祭であるハロウィンの日に、死者の為にお菓子を用意するというのがお菓子をもらう風習の由来です。

ハロウィンの由来についてはこちらの記事で詳しく

ハロウィンの由来とは?難しい言葉ぬき!簡単に子供にわかりやすく!
かぼちゃ、おばけ、魔女で有名なハロウィン!私が子供の頃には、今ほどさかんに「ハロウィン」行事が行われていなかったようにおもいますがどうでしょ...

お菓子をもらう為、家を回る時はこの言葉「トリックオアトリート!!!」(お菓子をくれないといたずらするぞ!!)ですが

英語で trick or treatと書きます。

  • 「trick」とは・・相手を騙す、いたずら
  • 「treat 」とは・・待遇する、取り扱う

直訳すると、いたずらするか、もてなすか(よい待遇)どっちにする?ということです。もちろん、家の主人としてはいたずらされては困ります。だから・・

おもてなし=お菓子 を用意するということです。こう言うことで、お菓子をちょうだいと頼んでいるんですね。

いたずらか、おもてなしかの2つに1つしか選べなくて、「何もしない」ことが選択できない言い回しが面白いです!さあ、あなたならどっちを選びますか?!

スポンサーリンク

トリックオアトリートと言われたらすること

子供達「トリックオアトリート!!」

お菓子をあげる人「happy halloween!」

言葉のやりとりはこんな感じ。そして用意していたお菓子を渡してあげます。・・で、他になにをすればいいのでしょうか?!この後は、

基本的には楽しい場を作ってあげるとオッケーです!

ただし、楽しい雰囲気作りには、マナーも大切です。マナーが悪いと、楽しい行事ではなくなってしまいます。目に余る行動が見られた場合は、マナー作りの一言を添えるのもいいと思います。

「One each,OK?(1人一つにしてね。)

そして、笑顔で次の家に送り出す時には、

「Have fun!」(楽しい時間を!)

このように送り出してもらったら、子供達にも「Thank you!」と言うよう教えてあげるといいですね。

編集後記

日本でも、最近ハロウィンの行事を見ることが多くなっていますが、アメリカほどまだ浸透していません。

アメリカでは暗黙のルールで、玄関灯がついていて、ハロウィンの飾り付けをしている家はお菓子をあげるというサインになっているようです。

まだまだ、日本では約束なしに子供達が仮装して訪ねてくることはないと思いますが、もしもお菓子がないのに、トリックオアトリート!ときてしまったら・・・そんな時は、いたずらされてしまうかもしれませんね(笑)

ハロウィンが楽しい行事となりますように♪

日本にも昔からハロウィンがあった?お月見泥棒についての記事

>>http://chishikiso.net/otsukimidorobou/

スポンサーリンク