【2016年】冬至とはいつ?そして冬至とはどんな日なの?

主婦になって「冬至」という言葉を意識するようになりました。ワイドショーなどのテレビでよく冬至について放送されるのを見るようになったからです。学生の時から言葉自体を知らなかったわけではないけど、じゃあ冬至っていつのこと?と聞かれると、・・あれ?はっきりとは答えられない(汗)

冬ってついてるから、冬至が寒い時期なのはなんとなくわかる。思い出すものはかぼちゃ?いったい冬至とはどんなの日なのか?そして正確にはいつが「冬至」なのでしょうか?2016年冬至の日程は?

スポンサーリンク

冬至ってどんな日?

冬至は天文学的には「太陽黄経が270度」になる瞬間のこと。簡単に言うと、

冬至とは一年のうちで昼が一番短い日です。

太陽黄経が270度・・つまり南の太陽高度が一番低い位置となり、北半球では昼がもっとも短く、夜がもっとも長い日です。現在広まっている世界時での冬至の瞬間プラス9時間後が日本の冬至となります。

では2016年の冬至の日程はいつなのか?わかりやすく見ていきますね。

スポンサーリンク

冬至、2016年は具体的にはいつなの?

では2016年の冬至はいつになるのでしょう?

カレンダーでいつ確認!日程と期間

2016年(平成28年) 冬至

12月21日

★参考:ちなみに2015年(平成27年) 冬至は・・?

→12月22日でした。

↑上記をよく見ると、2015年(平成27年)と2016年(平成28年)では1日ずれているのがわかります。実は、冬至は4年に一回のペースで12月21日になります。それも、4で割り切れる年が21日です。それ以外は22日なんです!

この下の表をみてください!

★冬至の日にち表★

  • 2008年(平成20年)→12月21日
  • 2009年(平成21年)→12月22日
  • 2010年(平成22年)→12月22日
  • 2011年(平成23年)→12月22日
  • 2012年(平成24年)→12月21日
  • 2013年(平成25年)→12月22日
  • 2014年(平成26年)→12月22日
  • 2015年(平成27年)→12月22日
  • 2016年(平成28年)→12月21日
  • 2017年(平成29年)→12月22日

きちんと4年に一度のペースで冬至は12月21日になっているのがわかります!

遠い将来になりますが、2200年を過ぎたあたりからは12月23日になる日も出てくるそうです。約180年後だから・・気にしなくていいですね(笑)12月23日は、現在のカレンダーでは天皇誕生日の祝日です!

※「冬至」は二十四節気の一つです。こちらの記事も読んでみてくださいね!

二十四節気とは?季節の呼び方と意味を知ろう!
天気予報やカレンダー、ラジオでも季節の話題になったときによく聞く夏至・冬至・春分・秋分。これらの言葉は、二十四節気とよばれる、季節を表す言葉...

冬至の日本風習について

冬至と言えば何が思い浮かびますか??

まずは、かぼちゃ。主婦になってスーパーに行くようになると、冬至の日あたりにかぼちゃが目立ちます。メニューに迷わなくて済むので、冬至はかぼちゃの煮物を作ります!

それから柚子湯にはいるのも有名ですね。

日本ではこれらが有名ですが、冬至は太陽の力が弱った日とも言えるので、無地にこの日をすぎたお祝いに世界的には冬至祭が行われるそうです。

編集後記

毎年12月中旬になって、スーパーのチラシなどで冬至の日を知るような感じでしたが、数年まとめて冬至の日にちを見ると決まったサイクルがあり「そうなんだー!」と感じずには入られませんでした!

★12月22日が冬至、ただし4年に1回が12月21日

このような季節の習慣を大切にし、子供達にも伝えていきたいと感じました!

スポンサーリンク