お年玉の相場!赤ちゃんから幼稚園までの子に渡すコツとは?

スポンサーリンク
By: JD Hancock

最近は子供を産む年齢の幅はとても広がっていて、私の年代では赤ちゃんの子がいる友達・先輩がいたり、中学生や高校生がいる家庭もあります。

親戚関係の子供の年齢も、赤ちゃんから大人までいろんな年齢の子がいることと思います。

学生のお年玉の相場も気になるところですが、赤ちゃんから幼稚園までの子供へのお年玉はどうしたら良いのでしょうか?

お年玉はお金ですので、赤ちゃん本人はピンとこない場合がほとんどだと思いますが、赤ちゃんから幼稚園までのお年玉の相場を調べました!参考にしてくださいね!

お年玉の相場とは?赤ちゃんから幼稚園の場合!

赤ちゃんへのお年玉というと、本人はまだお金というものがどういうものかわからないので、どちらかというと赤ちゃんの親への気遣いである場合(自分の子供がお年玉をもらった等)やお祝いを兼ねたものも多いのではないか?という気もします。

親戚関係で赤ちゃんが生まれたら、かわいくてお正月の恒例行事であるお年玉をあげたくなる場合もあると思いますが、初めから多くあげすぎると後が困ることもありますので、相場を知っておくと安心です。

赤ちゃんのお年玉には、やはり年齢的にも高額なお年玉をあげる家庭は少ないようです。

Q・・赤ちゃんから幼稚園児のお年玉の相場は???

500円〜1000円

(もしくは絵本などのプレゼント)

金額でいうと1000円までという意見がとても多いです。

ちょっとしたコツとして、この金額が少ないと感じるのであれば赤ちゃんに役立つグッズおもちゃなどがおすすめ。買うものによって値段の調節がききますし、お年玉をお金にするときも金額を決めやすいです。

幼稚園年中くらいからは、価値はよくわからないけどお金に興味を持つ頃。特にお姉ちゃんやお兄ちゃんがいる場合はそうです。私の一番下の子がそうでした。

その頃は紙のお金(紙幣)より500円玉などの硬貨の方が喜んだり、お金そのものの額よりも枚数が多い方が喜んだりしてくれます。

500円玉は大人でもうれしいですよね(笑)

もらった額なども検討し、お年玉の金額を決めなければいけないと思いますが、上手に金額を決めてみんなが嬉しいお年玉にしたいですね。

スポンサーリンク

相場は家族みんなで決めるべし!

気をつけておきたいのは、「お年玉を渡すということは、こちらに子供がいる場合、相手も渡さないといけなくなる事があるという事です。

お互い話し合える関係である場合は、事前に話し合う

本人に直接渡すようになるまでは

  ★幼稚園までは、お父さん・お母さんに「赤ちゃんのために使うお金」をあげる

  ★赤ちゃんが喜ぶ物をあげる(絵本・おもちゃ・お菓子など)

ようにするなど工夫をしていくといいと思います。

そして、将来を見据えて年齢別・もしくは学校別にお年玉の相場を家庭で決めておくことが今後悩まなくてよいのでおすすめです!

やめどきを決めることも必要

同時に、やめどきも決めておきましょう。

子供としては、いつまでもお年玉は欲しい!本来はもらえるだけでありがたいのですが、急にお年玉がなくなると、子供も寂しいものです。

はじめからお年玉はいつまでもらえるもの、と決めておけばみんなにとっていいと思います。

決まりを作っておく事で、これから生まれる子がいたりしても困る事がなくなりますね。

編集後記

お年玉の相場、特に赤ちゃんやまだお金の事がよくわからない幼稚園児の場合は悩みます。

家庭のルールを決めておいて、毎年悩まないお正月にしたいですね。

スポンサーリンク
ブログランキング

最後まで記事を読んでいただきありがとうございます!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らしを楽しむへにほんブログ村 その他生活ブログ 生活術・ライフハックへ
ブログランキング参加中!応援していただけるとうれしいです!