スマホで視力低下?それは「スマホ老眼」かも!30代でも要注意!

毎日使わない日がないと言ってもよくなってきているスマホ。電車に乗ってもスマホを触っている人ばっかりだし、自分も気がつけばスマホを操作しようとしています。

私の場合はスマホを使うことによる肩こりにも悩んでいるのですが、最近気になるのはスマホと目の関係です。

昔はお布団に入りながら漫画を読んでいるとお母さんに目が悪くなるよ!とよく言われたものですが、現代ではスマホが深刻な目の病気を引き起こす原因となってきています。

若者の間で急増しているのが、「スマホ老眼」!!老眼という名前が付いていますが、発症している人の年代を調べてみるとなんと20代〜30代の人が多いということ。視力が低下していると思っていたら、それはスマホ老眼かもしれません。

スマホと目の関係が気になる私は30代。自分にとっても身近な心配事です。まずはスマホ老眼がどんなものかを調べてみることにしました!

スポンサーリンク

急増中!スマホ老眼の原因とは

その名の通り、スマホを使うことで起こる老眼が「スマホ老眼」と呼ばれるものです。スマホの使い方は人それぞれ違いがあると思いますが、電話・メールはもちろんフェイスブックなどのSNSや手帳代わりに、カメラ代わりと本当に役立つスマホ。

スマホでゲーム、そして本を読んだりすることもでき、使用が長時間になることもよくあることです。長時間使うようになると当然、目にもたくさんの負担がかかるようになります。

スマホ老眼とは、一言で言うと目のピント調節機能が弱る病気です。

目は目の中にある「水晶体」部分を膨らませて、スマホ付近(近距離部分)にピントを合わせようと頑張ります。長時間スマホを使用するということは、目はピント合わせを長い間することになり疲れてしまいます。

毎日繰り返しスマホを見て目に無理をさせていると、近くにピントを長い間合わせていた後、遠くを見ようとすると今度は遠くが見えずらくなる。ピントを合わせるのに時間がかかるようになってきてしまうのです。

長時間にとどまらず、長期間になってくるとだんだんとピントを合わせる調節機能自体が弱くなってきます。それにより近くも遠くも見えずらくなること。これをスマホ老眼と言います。

本来なら若い間はこのピント調節機能が上手にできる上に、調節の幅も広いはず。

なのに、スマホをたくさん使って目を酷使することによりどんどんこの機能が衰えていってしまうのです。私も毎日スマホを使いますし、スマホ老眼は20代・30代に急増しているとのこと。視力低下ももちろんですが、このスマホによる老眼についても気をつけなくてはいけないなと感じています。

スポンサーリンク

30代でも老眼?普通の老眼とスマホ老眼の違い

「スマホ老眼」と、よく聞く普通の「老眼」と何か違うのか?同じ老眼ではないのかが気になるところ。

「スマホ老眼」は上記で説明した通り、近距離にあるスマホ画面にピントを合わせようとし続けることで調節機能がうまく働かなくなるもの。

「老眼」は、年齢を重ねることで調節機能がうまく働かなくなるもの。

原因そのものが違うのです。スマホを使いすぎることにより、本来なら老眼にはなりにくい年代(20代や30代)の人が老眼になってしまうのがスマホ老眼ということです。

編集後記

スマホを持ち出すと、とっても便利で手放せなくなります。ついつい思ったよりも長くゲームをしたり見る時間も増えていってます。

スマホ老眼という目の病気があるということをまずは知っておくことで意識ができると思います。次の記事ではスマホ老眼の防ぎ方について役立つ情報をまとめていきます!

スポンサーリンク