4月29日の祝日は「昭和の日」!経緯と由来、みどりの日との関係?

昭和の日は4月29日

子供達がとても喜ぶ祝日!学校はもちろん楽しいけど、学校がお休みになることもやはり嬉しい様子です。4月は祝日が一回!4月29日にある祝日は何の日なんでしょうか?

4月29日は「昭和の日」という祝日です。意識しないとただのお休みで終わってしまう祝日・・

祝日の中でも特にこの昭和の日はいろんな経緯を持った祝日でした。今回の記事はこの昭和の日について見ていきたいと思います!

スポンサーリンク

4月29日の祝日、現在は「昭和の日」

この日が祝日になったきっかけは、4月29日は昭和天皇の誕生日だからです。

昭和時代は、4月29日は天皇誕生日として祝日になっていました。ですが、昭和天皇崩御により、天皇誕生日のままにしておけなくなりました。

※(崩御(ほうぎょ)とは、天皇や皇后が亡くなることの尊敬語です)

しかし4月29日は、ゴールデンウィークの始まり日とする企業も多く、天皇誕生日としてはおけないものの、国民にとってなくなるとなると影響が大きいという理由で祝日として残しておくことが決まりました。

そこで「天皇誕生日」としていた4月29日の祝日を、「みどりの日」という祝日に変更しました。

1989年(平成元年)4月29日

「天皇誕生日」→「みどりの日」

なぜ、「みどりの日」という名称になったかというと、昭和天皇は自然が大好きだったからだそうです。皇居が東京都内なのにたくさんの緑があるのは、昭和天皇のご意向であるという話もあります。

その後、2005年改正2007年(平成19年)に施行された祝日法の改正で、この「みどりの日」は「昭和の日」に変更されました。

2007年(平成19年)4月29日

「みどりの日」→「昭和の日」

「昭和の日」に込められた意味は

激動の日々を経て、復興を遂げた昭和の時代を顧み、国の将来に思いをいたす

としています。

昭和の日と名称を変更することで、昭和時代に起こった大変なこと、復興、力強く生き抜いた事をこれからの世代にずっと長く伝えたいという思いが込められているんですね。

昭和時代は、本当にたくさんの出来事があった時代です。昭和という時代があり、力強い国民の力により今の日本があると思います。

しかし、戦争があり、大切な人を無くした人もたくさんいます。壊滅状態になった場所もあります。この「昭和」という言葉への思いは人それぞれあるので、「昭和の日」という祝日の名前になるのは複雑な気持ちをもつ人も多かったようです。

スポンサーリンク

4月29日の祝日だった「みどりの日」

5月のカレンダーを見てください!ゴールデンウィークの連休の中によく見ると「みどりの日」があります!

4月29日の「天皇誕生日」が「みどりの日」になって、それが「昭和の日」になったから無くなったんじゃなかったんでしょうか??

2007年の祝日法改正の時、「みどりの日」が「昭和の日」に変わると決まったと同時に、「みどりの日」は5月4日に移動することも決まりました。

これまで5月4日は「国民の休日」だったのですが、ここが「みどりの日」になったんです!

2007年(平成19年)5月4日

「国民の休日」→「みどりの日」

祝日は何気なくおやすみとして過ごしてしまっていたので、いつの間に変わったん?!という思いがあります。きっと、2007年にはこのことが話題となっていたと思いますが、「国民の休日」は無くなってたとは知りませんでした(汗)。

やっぱり知ることって大切だし面白いことだと再確認しました!

編集後記

4月29日の昭和の日の経緯は調べていると、そうなんだ!と思うことが多かったです。ちなみに、平成天皇のお誕生日は12月23日で、現在はこの日が天皇誕生日となっています。

ゴールデンウィークの始まりの日となる家庭も多いと思います。祝日の意味を知って、有意義な休日を過ごしてくださいね!

スポンサーリンク