鉛筆の濃さの単位表と意味!小学校学年別おすすめの濃さは?

スポンサーリンク
鉛筆の濃さのお話

我が家の子どもが小学生になりました♪

いろいろ文房具を学校からのお手紙どおり

用意して、名前書いて・・とせっせと作業。

最後に「毎日持ってくるもの」の中にある

ふでばこの用意をしていました。

「2BかBをご用意ください。」

ふむふむ。やっぱり小学一年生と言えば2Bなのか。

あれ?こんなに馴染みのある鉛筆なのに

きちんと鉛筆の濃さの順番知らない?

2Hが薄いのはなんとなく知ってるけど何Hまである?

鉛筆の濃さよく知らない

やっぱりちゃんと鉛筆の事知らない・・

せっかく生まれた疑問に応えるべく、小学生の母親として

鉛筆の濃さの順番をまとめてみましたよ!

ぜひ読んで鉛筆の世界を堪能してください♪

鉛筆の濃さは、芯の硬さだった!

鉛筆に表記されている数字とアルファベット。

まず鉛筆のアルファベットから意味を見てみると

H hard(硬い)  硬いと紙に芯がつきにくい=薄い

 

B   black(黒い) 柔らかいのでたくさん芯が紙につく=濃い

 

F   firm(しっかり引き締まった)  HとBの真ん中の硬さ

 

鉛筆に書かれたあのBやらHやらは、

「濃さ」だけではなく「硬さ」を表していたんです!

柔らかく濃いもの(例えば4Bなど)は

手が紙に擦れるとついちゃいます。

そして「F」あなたは知っていましたか?

もしかして、Fを一番使ってた!という

方もいるかもしれませんが、私は馴染みがなかったです。

Fは、

19世紀、鉛筆の濃さの表し方は、国や業者によってさまざまだった。

数字で表す業者や、H(HARD)とS(SOFT)で表す業者など、

いろんな規格が乱立していた。

そんな中で、ロンドンにあるブルックマンっていう鉛筆製造業者が、

『B』と『H』で表示した鉛筆を作った。

画家が求める濃い鉛筆のグループをB、

製図者が好む硬い鉛筆のグループをHとして、

濃さと硬さのランクを数字で表した。

多くの人に使われ始めると、BとHの間にニーズがあることが分かって、

いくつかの製造業者が『HB』を作った。

そして、HBとHの間に『F』が作られた。

EXCITEニュースより

人々の欲しい!が形になった商品だったんですね。

そして数字は、Hの場合数字が増えれば増えるほど薄く

Bの場合、数字が増えればだんだんと濃くなっていくということです。

Fには数字をつかいません。

スポンサーリンク

鉛筆の濃さの単位表

一覧にしてみました!

10H 9H 8H 7H 6H 5H 4H 3H 2H H F HB B 2B 3B 4B 5B 6B 7B 8B 9B 10B
薄い                                         濃い

 三菱ハイユニで10H〜10Bまで見つけることができました!

調べていると外国の表記でEB(エクストラブラック)、

EEB(エクストラエクストラブラック)など8B、9Bあたりの濃さを

表現する場合もあるそうです。

私の会社の社長は、鉛筆は絶対三菱というこだわりよう。

やはりUNIは描きやすいようです。

というわけで今回は、鉛筆といえば三菱鉛筆さんの

表記をご紹介しました!

JIS規格、ヨーロッパは9H〜6B

アメリカは#1のような表記です。

小学生が使うべき濃さは?学年別に!

小学生が使うべき濃さは小学校により違う場合がありますが、

一般的には

  • 小学1年生は2B〜B
  • 小学2年生は2B〜B
  • 小学3年生はB〜HB
  • 小学4年生はB〜HB
  • 小学5年生はHB
  • 小学6年生はHB

小学校入学のお祝いには、2Bが嬉しいと思います♪

 鉛筆の濃さお祝い

鉛筆じゃなくてシャーペンではダメなの?

大体の小学校ではシャーペンは禁止だと思いますが

小学3年生くらいから使いたくなるようです。

うちの娘がそうでした(-∀-`; )

鉛筆対シャーペン

でもダメな理由がきちんとあります!

それは筆圧の加減が難しいこと。

調節がまだ上手にできないので

きちんとかけるようになるまでは

鉛筆を使用したほうが良いのです。

漢字のはねる部分や止める部分を

しっかり練習ができます。

シャープペンシルは芯が折れたら嫌なのでついつい力を

入れないようにして書いてしまいます。

それから

  • 芯が折れたら集中できない
  • カチカチ音がする
  • 分解する

などの理由も。

しっかり学習に集中するためにも、

小学校の間は鉛筆を使いましょう!

編集後記

 鉛筆の濃さ小学生

久しぶりに鉛筆を使うとやっぱり書きやすい

と私は感じました!

字がいつもより綺麗??なんて思っちゃったりして。

鉛筆画とかに挑戦しちゃう??なんて思ったりして。

家に眠ってる鉛筆ありませんか?

子どもだけでなく、大人も鉛筆で書いてみると

懐かしい気持ちと、改めて鉛筆のよさを感じますよ♪

うちの子にも、たくさん鉛筆を使って削って

いっぱい勉強や絵を書いて欲しいものです(*>‿<*) 

スポンサーリンク
ブログランキング

最後まで記事を読んでいただきありがとうございます!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らしを楽しむへにほんブログ村 その他生活ブログ 生活術・ライフハックへ
ブログランキング参加中!応援していただけるとうれしいです!