おせち料理の意味と由来!海老などひとつひとつの料理の意味も!

おせち料理の由来!海老の意味も

お正月といえばおせち料理!・・いつもお正月に出てくるから食べてる!と言うだけになっていませんか?おせち料理には一つ一つ意味があります!私はこれまできちんと知らなかったので、毎年なんとなく食べてきたのがもったいないなと感じています!

きちんとおせち料理の意味を知り、ひとつひとつ噛み締めながら気持ちを込めて食べると意義のあるお正月になると思います!

地域によって差がある部分もあるのですがおせち料理の由来と、代表的な中身の意味を見ていきましょう!

スポンサーリンク

おせち料理の意味と由来

おせち料理とはお正月のお祝いに食べる料理です。季節の区切り目にあたり、お祝いをする日を「節日」(せちにち)と呼びます。節日とは有名なところで行くと元旦や端午などがそれに当たります。

節日に用意する料理を「おせち料理」と呼びますが、現在では元旦の節日にたべる料理がおせち料理と呼ばれています。

主婦がお正月にしっかり休めるようにと作りおき保存ができるおせち料理がお正月料理として江戸時代に定着しました。

お重の詰め方にも意味がある!

正式には一の重、二の重、三の重、与の重、控えの重5段重となります。でも最近の流れでは三段重がもっとも一般的となっています。

市販のおせち料理も三段の物がほとんどで、一人用や簡易的なおせち料理も見ることが多くなっていますね。

三段の場合は地域による差はありますが、このように詰めるのが基本となっています。

一の重

三つ肴を基本とし、祝い肴や口取りと呼ばれる酒の肴を詰める。かまぼこや伊達巻、栗きんとんなど。

二の重

海老、鯛、ブリなど魚介類を基本としなますなどの酢の物も詰める。

三の重

れんこん、くわい、しいたけ、人参などの煮物を基本とする。

三つ肴とは地域により違いがあります。

※関西では黒豆・数の子・たたきごぼう

※関東では黒豆・数の子・ごまめ(田作り)

を指すことが多いです。

おせち料理に入っている料理にはひとつひとつ願いが込められています。どんな意味・願いがあるのかを見ていきましょう!

スポンサーリンク

おせちの意味「海老」など代表的な物の意味

海老

海老は長いひげをもち、「つ」の字のような曲がった腰。人間でも年齢を重ねると腰が曲がってきます。海老は長生きするようにと願いが込められています。

黒豆

邪気を払って健康を保ち、長生きを願う。(黒は邪気を払う色とされているため)そして黒く日焼けしている=マメに働くということで長く真面目に健康的に人生を送れるようにとの願いも込められています。

数の子

たくさんの卵からなる数の子。子孫繁栄を願っています。

たたきごぼう

ごぼうは地面の中深くに根をしっかりとはります。安泰にずっと暮らせるようにと願って。

ごまめ(田作り)

田植え時の最高級肥料であった小魚をお祝い肴として食べられていたことから、五穀豊穣をねがっています。

紅白かまぼこ

日の出をイメージさせるかまぼこ。紅と白で意味が違います。紅は魔除け。白は清める意味をもちます。

栗きんとん

とても綺麗な金色をした栗きんとん!金運をアップさせ、財産を持てるようにとの意味があります。

ブリ

出世魚なので、これからの出世を願っています。

めで鯛、めでたいのごろあわせからお祝い事には欠かせないものとなっています。

紅白なます

紅白の水引を表し、穏やかで平穏な日々を願う意味をもちます。

伊達巻

豪華はなやかさを意味する。見た目も豪華。くるくる巻いている姿が巻物に似ているので、文化・知識が増えることも意味している。

ぼうだら

関西のおせちに入っているそうです。私は関西なのでよく食べていました!関東の人には馴染みがないかもしれませんが、棒鱈はたらふく食べることができるという意味をもっています。

昆布巻き

養老昆布、ようろうこぶ、喜ぶ!語呂合わせで昆布巻きは喜びが多くなりますようにという意味があります。

しいたけ

神様のお供え物として備えられていたしいたけ。元気になるという意味がこめられていました。

くわい

見た目にも大きい芽が出ているくわい。めでたく、芽が出ることからいろんなことができるようになるという前向きな意味をもちます。

さといも

子芋がたくさんつくさといも。子孫繁栄の願いが込められています。

れんこん

穴が多数空いているので先を見通せるれんこん。将来の見通しがいいということで縁起がよいとされています。

たけのこ

成長が早いたけのこ。ぐんぐんすくすくと子供たちが成長するようにと願いが込められています。

編集後記

子供の頃から食べているおせち料理、なんとなく意味が一つ一つあることはわかっていましたが、意味がわかればもっと気持ちを込めながらおせち料理を食べることができたのに!と思いました。

自分の子供たちには口うるさくならない程度に(笑)意味を伝えながら食べてもらおうと思っています!

スポンサーリンク