入園・入学祝いのお返しの時期と方法、おすすめのプレゼントとは?!

スポンサーリンク
By: Jason Rogers

入園・入学は、家族のお祝い事。親戚関係の方や、親しくしている友人からお祝いをもらったら、お返し(内祝)はどのようにしたらよいのでしょうか?

入園・入学祝いのお返しはいるの?いらないの?渡すとしたら金額の相場は・・???

入園・入学祝いをもらったら、お返しは?

入園・入学祝いのお返しは、実は不要なんです!

私としてはこれは意外でした。実際にお祝いをいただいて調べるまでお祝い=お返しは絶対必要!と思っていました。

入園・入学祝いの場合、基本的にはお返ししなくてもよいのです。ただし地域により、お返しするのが普通という考えの場所もありますので、あらかじめ確認しておきましょう。

お返しをしない場合でも、お礼は必ずしましょう!お返しがいらないから、なおさらお礼は必要です。

お礼のみの時期

お礼のみの場合のタイミングは、いただいた当日から2〜3日以内に

  • 電話
  • お手紙
  • 訪問

どれでも構いませんが、お礼は親だけが言うのではなく、必ず本人からも伝えるようにしましょう!

■お手紙の場合の例文■

この度は、◯◯(子供の名前)の入学(入園)に、お祝いを頂戴しありがとうございました。元気に入学式を迎えることができ心より嬉しく思っております。

新しいランドセルを背負い、恥ずかしくも嬉しい表情をしながら学校に通いはじめています。入学式の記念写真を同封いたします。

お返し(内祝)の時期

基本的に不要とはいえ、相手に子供がいないなど、なかなかお返しをすることができない時はきちんとお返しをするという判断も大切。

お返し(内祝)の時期は、

入学式が終わってから1ヶ月以内

がベストタイミング!

入園・入学祝いをあげる側も、だいたい入園・入学から1ヶ月前〜当日に贈るように時期を合わせることが多いと思います。

もしもそれより早めにお祝いをいただいたとしても、入学式の様子をお話したり、お礼をかねて写真を送ったりできるので、入学式を済ませてからのお返しでよいでしょう。

お返しが入学より1ヶ月を越え遅くなってしまうと、感謝の気持ちが薄れてしまいます。逆に悪印象を与えてしまう場合もあるので、内祝を贈る時期も大切です。

入園・入学内祝いの金額の相場

お返し(内祝)の金額の相場はどれくらいでしょうか?

もらった額の3分の1〜半分程度

のお返しをするようにしましょう。

だいたいの方が、半額くらいを内祝いに贈ることが多いようです。お祝いの金額より高いものをお返しすることはマナー違反になりますので注意しましょう。

スポンサーリンク

入園・入学内祝(お返し)のおすすめプレゼントは?

お返しですから、金額がわかってしまうものは本来なら避けたいところですが、いらないものは贈ってもらっても嬉しくないのも現実です。

贈って喜ばれるプレゼントは

  • カタログギフト
  • 商品券

などもらう側がプレゼントを選択できるものという声が多いです。商品券などは金額が分かってしまうのですが、やはりもらう側としては好きなものを選べるのでうれしいですね。

他に

  • スイーツ詰め合わせ
  • 缶詰など保存がきく食品
  • ジュース
  • たくさん使うタオル
  • 洗剤などの消耗品

食べるものや生活消耗品は不要にはならないので、贈る側も安心です。

こないだ私がいただいた内祝はスイーツでした!小分けになっていて、何日も楽しめる(笑)のでとても嬉しかったです♪

水引きはどうしたらいい?

入学祝いの水引

入園・入学は何度あってもいいこと!ですので水引きは

紅白の蝶結び

となります!表書きは、「入学内祝」か、「内祝」となります。名前は子供の名前を書きましょう。

編集後記

入園・入学祝いのお返しには、お礼をきちんとする姿勢と、入学したあとの様子をお伝えすることが一番喜ばれるお返しだと思います。

感謝の気持ちが伝わるお返しになりますように!

スポンサーリンク
ブログランキング

最後まで記事を読んでいただきありがとうございます!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らしを楽しむへにほんブログ村 その他生活ブログ 生活術・ライフハックへ
ブログランキング参加中!応援していただけるとうれしいです!