彼岸入り2018年の日にちと、お彼岸の決まり方を解説します!

春分の日はお彼岸

お母さんやおばあちゃんの会話で、小さい頃から「お彼岸」という言葉はよく聞いていました。結婚して大人になった今もお彼岸という言葉はよく使うけど、数年前まではっきりと彼岸入りがいつなのか?日にちはいつなのか?実はよくわかっていませんでした。

それはなぜか?というと彼岸入りは毎年日にちが変わるから、という点も関係あるかもしれませんが、いつが彼岸入りになるのかの決まりを知れば、お彼岸の日にちがよくわからない」から卒業できます。

この記事では

  • 2018年の彼岸入りはいつからで、いつまでなのか。
  • そしてお彼岸とはどのように決まっているのか?

をお伝えしたいと思います。自信のない答えではなく、こうだよ!とみんなに伝えられるようにしておきましょう!

スポンサーリンク

彼岸入り2018!春と秋のお彼岸の日にち

カレンダーでいつ確認!日程と期間

まずは具体的な2018年の春のお彼岸と秋のお彼岸の彼岸入り〜彼岸あけがいつになるのかをお伝えしますね。

春のお彼岸2018年

(平成30年)春

  • 彼岸入り 3月18日(日曜日)
  • 中日(春分の日) 3月21日(水曜日)
  • 彼岸あけ 3月24日(土曜日)

2018年の春のお彼岸期間は3/18から3/24まで。

秋のお彼岸2018年

(平成30年)秋

  • 彼岸入り 9月20日(木曜日)
  • 中日(秋分の日) 9月23日(日曜日)
  • 彼岸あけ 9月26日(水曜日)

2018年の秋のお彼岸期間は9/20から9/26まで。秋分の日は日曜日なので、月曜日は振り替え休日となっています。

参考:ちなみに去年2017年(平成29年)は・・・
春のお彼岸は・・彼岸入り 3月17日、中日(春分の日) 3月20日、彼岸あけ 3月23日
秋のお彼岸は・・彼岸入り 9月20日、中日(秋分の日) 9月23日、彼岸あけ 9月26日
でした。日にちが違うのがわかると思います!

彼岸入りから彼岸あけまで1週間、7日間です。なぜこの日程になるのか?そこを次に解説します。

春分の日と秋分の日は毎年日にちが違うのですが、これさえわかれば、カレンダーを見れば今年のお彼岸、彼岸入り、彼岸あけがすぐにわかります。

スポンサーリンク

お彼岸期間ってどう決まってるの?

なぜ?

お彼岸とは、一年に春と秋の二回あり、それぞれ

★春のお彼岸

★秋のお彼岸

と呼ばれます。

お彼岸の期間は春分の日と秋分の日を起点に次のように決まっています。

春のお彼岸 春分の日(3月)の前後3日間

  彼岸入り     春分の日    

彼岸あけ

   

秋のお彼岸 秋分の日(9月)の前後3日間

  彼岸入り     秋分の日    

彼岸あけ

   

お彼岸の決まり

  • 春分の日、秋分の日を真ん中の日として期間は一週間!(7日間)
  • はじめの日彼岸入り(ひがんいり)

  • 春分の日・秋分の日の真ん中の日=中日(ちゅうにち)

  • おわりの日彼岸あけ(ひがんあけ)

このように、毎年春分の日や秋分の日が変わっても決まりさえ知ってればすぐに彼岸入りがいつなのか?がわかります。

秋分の日についてはこちらの記事に詳しく書いていますので、ぜひ読んでみてくださいね!

【秋分の日はいつ?】実は年度によって違う!意味と決まり方とは?
祝日の中では私の中ではメジャーな(笑)秋分の日。ですが、年度によって日にちが違うって知っていましたか?秋分の日は、調べてみるとたくさんの発見...

日本人のお彼岸習慣はお墓参り

彼岸入りから墓まいり

お彼岸に限ってだけお墓まいりをするというわけではもちろんありませんが、お彼岸の7日間に意識してお墓まいりにいくことを習慣づけておけばきっとご先祖様も喜んでくれるのではないでしょうか?

お墓参りの際は、子供がいるなら一緒にお墓掃除をしましょう。清々しい気持ちを実感することができると思います!

お墓の掃除の仕方!持っていく道具と方法まとめ★

私も子供たちと一緒にお墓まいりに行き、日本の大切な風習を伝えていきたいと思います!

編集後記

お彼岸について、どのように決まっていて、どんな呼び方をするのか、そして彼岸入り、中日、彼岸あけの正確な具体的な日程をお伝えしてきました!

来年は同じ日程ではなく、日にちが変わります。毎年チェックして、御墓参りの予定などを立てつつスムーズにお彼岸を迎えられるようにしましょうね!

こちらの記事もどうぞ!

お彼岸におはぎ?なんでそうなったの?食べる由来とタイミング!
年に2回あるお彼岸。ご先祖様のお墓まいり、春分の日、秋分の日・・いろいろ思い浮かぶことの中の1つに「おはぎ」があると思います。お彼岸にはおは...

http://chishikiso.net/ohagibotamochi/

スポンサーリンク