新生児の赤ちゃんが寝ないのがつらい!これって母乳不足が原因?

スポンサーリンク

赤ちゃんが生まれたら、すぐにたくさん母乳が出ると思っていて、母乳の量に苦労するなんて、生まれるまで考えもしませんでした。

そして、赤ちゃん・・特に新生児はよく寝るものだと思っていました。寝ないなんてことも考えもしませんでした。

でも実際は新生児だからってぐっすり寝ないし、母乳もすぐにバッチリでるわけでもありませんでした(泣)

新生児が寝ないのは母乳が足りないせいなのか?と長女の時悩んだし、寝ないから常に寝不足でした。

母乳不足だったら成長にもよくないので心配になりますよね。新生児の赤ちゃんが寝ないのは母乳不足だけが原因なのでしょうか?

寝ないのは母乳が不足してるせい?

新生児は昼と夜の区別なんてついていません。だから、昼も夜も起きてしまいます。生後1ヶ月頃に昼と夜の区別がついてくると言われていますが、だからと言って夜は寝るものだと赤ちゃんが判断するとは限りません。

母乳を吸いながら疲れて寝てしまうこともあるので、お腹がすいたから泣くという状況もあるかとは思いますが、新生児が寝ないのは、決して母乳が不足していることだけが原因ではありません

睡眠はとても個人差があります。3人出産して育てましたが、兄弟でもこれほど違うのか!と感じています。昼も夜もわからない赤ちゃんだから、眠い時には寝ます(笑)眠いのを我慢はしません。寝る赤ちゃんと寝ない赤ちゃんがいるのは個性なのです。

泣いてしまう原因も母乳が欲しいだけではありません。抱っこして欲しい、オムツが濡れて気持ち悪い、暑い、寒いなどなど他にも原因はいっぱい。母乳が足りてないと不安になりすぎるのではなく、他にも訴えていることはないかをよく見てあげてくださいね。

スポンサーリンク

母乳はだんだんと出るようになる

新生児でも寝ないのは、母乳不足だけが原因ではない・・というけど、でもやっぱり寝ないのってママにとってすごくしんどいです。

おっぱいあげて、寝たとしてもすぐ起きてしまうと、母乳が足りないのかも〜(泣)って思ってしまうのは当たり前のことです。私も何度こう思ったことか・・。

これでは母乳不足の点も、寝ない事自体もどっちも心配になってしまいます。そしてママは睡眠不足になりつらくなってしまいます。

母乳は生後1ヶ月を過ぎた頃にやっと胸が張るようになってきたというママもたくさんいます。新生児の間はしっかりでていないママも多いということです。授乳間隔が短いのはママにとってしんどいですが、今は泣いた時にあげるというスタイルで大丈夫。

新生児★母乳の授乳間隔と量は?助産師さんが教えてくれて学んだこと

母乳育児をしましょう!というのはミルクをあげないでおきましょう!ということではないと思います。母乳は継続して続けて、ミルクを補って育てる事は悪い事ではありません!

新生児の赤ちゃんの母乳不足かどうか?はおしっこの量や体重の増え方で判断することができるので、体重の増え方が悪い時は、産院や1ヶ月検診の時に相談してアドバイスをもらいましょう。

ミルクを足すときは

ミルクを足す場合は、昼はおっぱいで、夜はミルクというように完全に分けてしまうよりも、おっぱいを吸わせて、足りない分を足すようにしましょう。

夜間に全く母乳をあげなくなると母乳の生産量が減ってしまうことがあります。体が母乳もういらないのかも?と思うのですね。

編集後記

赤ちゃんが寝ないのを、すぐに母乳不足が原因と考えないで、個性と考えて上手につきあいましょう。

大切なのは新生児の赤ちゃんにとってもそうですが、ママにとってもいい環境づくりをしてくということ。ストレスは、赤ちゃんに伝わってしまいます。

睡眠は赤ちゃんによって様々です。寝ない子もいてると思いますが、大きくなるに連れてだんだんと落ち着いてくるはず。赤ちゃんの個性とうまく付き合って、楽しい育児ができるといいですね。

スポンサーリンク
ブログランキング

最後まで記事を読んでいただきありがとうございます!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らしを楽しむへにほんブログ村 その他生活ブログ 生活術・ライフハックへ
ブログランキング参加中!応援していただけるとうれしいです!