夏風邪?子供がかかりやすい夏の感染症代表はこの3つ!症状と対策

スポンサーリンク

気温が低い冬といえば子供たちはしょっちゅう鼻風邪をひくし、インフルエンザなどの感染症も心配。は気温が高く、体が冷えにくいので子供も大人も風邪をひきにくい、という印象があるかもしれませんが、夏には高い気温・湿度が高いのが大好きなウイルスが原因の感染症が子供達の間でも流行します。

これを総称して「夏風邪」と呼びます。普通の風邪のような症状の場合もあるのですが、子供がかかりやすい夏風邪の代表である3つの感染症の症状などをまとめます。

「夏風邪」子供達がかかりやすいもの

よくある風邪と症状が違う、夏風邪の代表はこの3つです。

  • 手足口病
  • ヘルパンギーナ
  • プール熱

もちろん夏でも普通の風邪にもかかります。ですがこれらのような夏風邪もあるということを認識しておかなくてはいけません。

私は自分の子供がかかるまで、これら3つの「夏風邪」の症状など細かいことは知らず、とにかくお医者さんに駆け込む感じでしたが、親としては、どんな夏風邪か?はじめの判断をするためにやはり知っておくべきだと感じています。

焦らず対応するために「夏風邪」の症状や種類を知っておいてください!症状や薬については後半にもまとめますが、詳しく書いた記事がありますのでご覧ください。

夏風邪代表⑴手足口病

「手足口病」保育園に登園可能はいつから?症状と潜伏期間などまとめ
手足口病はヘルパンギーナと同様、意識をしたことがなかっただけかもしれませんが、子育てをするまで聞いたことがなかったように思います。手と足と口...

夏風邪代表⑵ヘルパンギーナ

ヘルパンギーナとは?症状を詳しく!薬は効くの?潜伏期間と登園は?
子育てするまでは聞きなれなかった、難しい名前の病気「ヘルパンギーナ」。このヘルパンギーナは夏の感染症の代表選手です。自分の子供が初めてかかっ...

夏風邪代表⑶プール熱

症状がきつい、プール熱(咽頭結膜熱)の潜伏期間・登園についてまとめ。
夏の感染症は、名前がとても印象的。プール熱とはプールでの感染が多いことから名付けられました。そのままですね〜暑い夏はプールに入りたくなります...

手足口病とヘルパンギーナの違い

手足口病とヘルパンギーナは混同されがちなので、違いを比較した記事も書いています。

ヘルパンギーナと手足口病を比較!違いはウイルスだけではない!
夏風邪として有名な2つ「ヘルパンギーナ」と「手足口病」。同じ夏かぜとしての感覚から、違いがごっちゃになってしまう場合が多いかもしれません。特...

スポンサーリンク

夏風邪の症状

これら3種の夏風邪は、普通の風邪とは違う症状が現れます。改めて主な症状をまとめると・・

手足口病

発疹や水疱が手・足・口を中心に出る、発疹がかゆい、熱が出たり出なかったり

ヘルパンギーナ

突然の発熱、喉の痛み(喉の奥に水疱)、高熱が続く、よだれ

プール熱

高熱、喉が赤く腫れる、喉が痛い、咳がでる、白目・まぶた裏が赤くなる、目やにがでる、涙が出やすくなる

これらの症状は子供にとってどれもきついもの。普通の風邪とは違います。どの感染症がどのような症状になるのか?を知っておいてくださいね。

夏風邪は薬が効かない?

これらの夏風邪は、残念ながらどれも特効薬がありません。症状が治るのを自然にまつ対症療法を行うことになります。

手足口病は比較的軽い症状の子供もいますが、高熱が出る場合も最近多いとの報告もあります。

どの夏風邪も喉が痛むことが多く、食べたいものが食べれないので体力も落ちてしまいます。ヘルパンギーナやプール熱は特に高熱がでるので子供がかかるとママはとても心配。症状をすぐに治すお薬はありませんが、水分補給・しんどい時には解熱剤を使うなどして症状がおさまるまで頑張りましょう。

編集後記

子供達の間で流行しやすい夏風邪についてまとめました。それぞれの症状や特徴を知って、かかったかな?と思ったら適切に対応できるようにしておきましょう。

子供が感染しやすいということで紹介をしていますが、大人がならないわけではありませんので、看病をする際も十分に注意してください。

スポンサーリンク
ブログランキング

最後まで記事を読んでいただきありがとうございます!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らしを楽しむへにほんブログ村 その他生活ブログ 生活術・ライフハックへ
ブログランキング参加中!応援していただけるとうれしいです!