年賀状?喪中はがき?範囲はどこまでかについて!祖母の場合は?

スポンサーリンク

年内に親族が亡くなったときに迷うのが、年賀状の代わりに出す喪中はがきの範囲についてです。一般的には一年の間に親族が亡くなった場合、喪に服して年賀状も遠慮をする・・ということはわかっていても、いざ自分が喪中はがきを出す立場になるとどこまでの親族が亡くなった場合に喪中の範囲とするのか迷います。

私も祖母を亡くした時、いろんな人に聞いてみたけど意見がバラバラで、とても迷いました。

年賀状を遠慮するときの、喪中の範囲はどこまでなのか?そして補足情報として喪中はがきを出す期間・はがきを送る時期について記事にしていきます!

年賀状を遠慮するとき。
喪中の範囲はどこまで?

先ずは年賀状を遠慮する場合の喪中の範囲は次の通りです。一般的には次の範囲の親族が亡くなった場合に喪中となります。

  • 両親(父・母)
  • 子供
  • 配偶者(夫・妻)
  • 兄弟
  • 姉妹
  • 祖父
  • 祖母

あなたの場合は当てはまりましたか??基本的に、範囲としては二親等以内の身内が亡くなったときに喪中とし、来年の新年の年賀状を出さないようにします。でも、注意点があります!

あくまでも上記の喪中の範囲については一般的な場合です。三親等以上の場合でも同居をしているなど関係が深い場合は喪中とします。○親等と言う言葉では表せない付き合いをしている場合もよくあります。

もちろん上記の喪中の範囲を知った上で、自分の心の中でどう思うのか?どう感じるのか?を大切に範囲を決めればいいでしょう。

逆に、配偶者の祖母や祖父が亡くなった場合でも、故人との付き合いが薄かったときは職場の人には年賀状を出すなどの対応が必要になります。そのときは配偶者の気持ちは必ず確認するようにしてくださいね。

私は祖母が亡くなったとき、自分の関係には喪中とし年賀状を出さないようにしましたが、夫は年賀状を出すようにしました。夫は私の祖母とは結婚してからの付き合いでしたし、職場では年賀状をやりとりする慣例があったことから喪中にするのはよくないと考えたからです。

お仕事かプライベートかで、喪中とするかを分けることも、時には必要なことだと考えます。

年賀状を喪中にするかどうかの範囲の考え方として、「何親等」という範囲の考え方があることを理解しつつ、自分の気持ちや故人との関係から、臨機応変に対応するのが正解です。

喪中の期間

実は、喪中には範囲がどこまでか、だけでなく喪中期間にも目安があります。期間については相手が何親等かによって違います。

喪中の期間「一年間」

  • 配偶者(夫・妻)
  • 両親(父・母)
  • 配偶者の両親

喪中の範囲「半年間」

  • 祖父・祖母
  • 子供

喪中の範囲「3ヶ月〜半年」

  • 兄弟
  • 姉妹

服喪期間は過去にあった法律が元となっておりますが、今では男尊女卑の考えが現れていたためその法律は廃止されています。元になる考えがあるとはいえ、現在では本人の気持ちを尊重するという考えも一般的になってきているので、上記はあくまでも参考期間だと考えてくださいね。

悲しみが深い関係の方が亡くなったら、喪中期間は一年とする場合が多いようです。

気持ちの整理がつくまでは、喪中期間としても大丈夫です。

スポンサーリンク

喪中欠礼はがきを出す時期

年賀状を出さない場合の喪中欠礼はがきはいつ頃に出すと良いのでしょうか?

喪中はがきの出す時期

11月下旬〜12月初旬

上記の時期が一般的です。12月10日ごろまでには届いて欲しいですね。

12月15日に年賀状の投函が受付開始となりますから、相手が年賀状を作って投函してしまうまでには必ず届くことが必要となります。

12月15日以降に親族が亡くなった場合は?

喪中はがきの出す時期として12月15日までには必ず到着するように、としていますが、それ以降に親族が亡くなったらどうすれば良いのでしょうか?

その場合は、喪中(欠礼)はがきを書く必要はありません

でも、喪中はがきを出していないので年賀状は届くと思います。年賀状をくれた人に、1月7日以降(松の内・・お正月に門松を置く期間。地域により時期は異なる)に寒中見舞い・挨拶状としてはがきを出すようにしましょう。

喪中はがきのマナー

喪中はがきとは、自分の親族が亡くなったことを報告するものではなく、目的はあくまでも年賀状を欠礼する挨拶状。出す相手は、年賀状をやりとりしている人となります。

書く内容としては

  • 年賀状欠礼のお詫び文
  • 誰が亡くなったのか
  • いつ亡くなったのか

を記載しましょう。

編集後記

喪中はがきを送る範囲、期間。どちらも悩むと思いますが記事の内容を参考にして、自分の気持ちを優先させて考えてくださいね。

スポンサーリンク
ブログランキング

最後まで記事を読んでいただきありがとうございます!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らしを楽しむへにほんブログ村 その他生活ブログ 生活術・ライフハックへ
ブログランキング参加中!応援していただけるとうれしいです!