かもしれない運転とは?危険予測で安全運転を!

かもしれない運転

車はとっても便利で、楽しいものであり続けることができなければいけません!

そのために必要なことは、安全運転。

事故を起こさないため、常に意識してほしいのが

「かもしれない運転」です!

かもしれない運転とはどういうものか?

見ていきましょう!

スポンサーリンク

かもしれない運転とは?

「かもしれない運転」は「だろう運転」と対義語として使われます。

おこるかもしれない、危険なことを想定し運転することです。

常に危険を予測しながら運転することで、

いざという時安全な措置を取ることができます。

  • 飛び出してくるかもしれない
  • こっちが優先だけど、相手は止まらないかもしれない
  • 車の影に人が隠れているかもしれない
  • 前の車が急に止まるかもしれない
  • 右折する時、対向の直進車の影にバイクがいるかもしれない
  • 隣の車が突然車線変更してくるかもしれない

自分だけでなく、相手次第で事故がおこるかもしれない。

ネガティブな考え方ですが、こういう考えを持ちながら運転することは常に危険を予測するということにつながります。

安全は誰も持ってきてくれません。

「防衛運転」を常に意識しましょう。

防衛運転を多くの運転手がすると、事故は相当数減るはずです。

対義語だろう運転とは?

関連記事 >>だろう運転とは?意味と事故例とアドバイス!

スポンサーリンク

かもしれない運転の具体的な例とアドバイス

かもしれない運転

交差点での例

事故全体の半数以上が交差点で起きています。

★(右直事故を防ぐ)右折をしよう思い、対向の直進車が来ていて右折できるかの判断をするとき「スピードが早いかもしれない」ので、確実に右折できる余裕ができるまで待っておく。

★右折待ちをしている時、対向車が譲ってくれ右折しようとしたが、車の影からバイクが直進してくるかもしれないので、十分に減速し車の影を覗きながら右折した。

★右側車線にいる車が、突然左折をしようと車線変更をしてくるかもしれない

→交差点は事故が多い場所です。意識しておかないといけない事が多い場所です。いろんな可能性を考えて行動しましょう。

カーブでの例

★見通しの悪いカーブを曲がる時、見えていなくても対向車が「来るかもしれない」としっかり減速して慎重に走行した。

歩行者との例

★子供が歩道上を歩いていたが、遊びに夢中なので突然車道にはみ出してくるかもしれない

★深夜などほとんど人通りがない時間帯の場合でも、突然道路脇からの飛び出しをしてくるかもしれない

★見通しの悪い交差点で、姿は見えないが飛び出しがあるかもしれない

→住宅街は特に小さな子供や中高生の自転車がいつ飛び出してくるかわかりません。

夜間はライトが付いてない自転車や酔った人など急な飛び出しに注意しなければいけません。

徐行運転や構えブレーキなど、不測の事態を予測しいつでも行動できるようにしておくことが大切です。

車どうしの例

★前の車が合図を出さずに曲がるかもしれない

★急に店に入るために、急に減速するかもしれない

→迷っている車もいます。急な行動にも常に対応できるように意識しておきましょう。

バイクとの例

★左折しようとしている時、バイクが左側にいて巻き込んでしまうかもしれない

→巻き込み事故をかもしれない運転で常に意識して、未然に防ぎましょう。

駐車場での例

★駐車しようとする時、停める場所の影に子供がいるかもしれないので死角に十分注意した。

→バックは死角が多く、また、駐車に夢中になって周りが見えてない事もあります。常に注意しておきましょう。

かもしれない運転を定着する

道路にはいろんな人や乗り物がいてます。

車、自転車、歩行者、子供 など

特に学生さんや子供は免許を持っておらず、交通ルールや車の立場が十分わからないので

こうなるかもしれないな、という意識が薄いと考えられます。

マイナス思考で、安全運転。これが「かもしれない運転」です。

常に事故を予測して、広い視野をもちましょう。

事故が起こしてしまい、まさかこうなるとは、と思う事がないように

「かもしれない運転」を身につけて安全に走行できるようになりましょう!

編集後記

今日も「かもしれない運転」で、お出かけしましょう!

車に乗ったら「かもしれない」クセをつけちゃってくださいね!

スポンサーリンク