渋滞の原因?先頭は誰?お盆やGWの高速道路渋滞のメカニズム!

渋滞のメカニズム

長期休暇にはウチもキャンプに行くので、高速を使って長距離走りますが、気になるのは渋滞です!夜中に出発したりしてできるだけ避けるようにしています。

でもどうして交通渋滞が起こるの?動かないとおもったら急にすいたりするし・・子供も大人も気になる疑問!まとめてみました!

スポンサーリンク

渋滞の原因とは?高速道路編

長期休暇など主に交通集中が渋滞の原因ですが、発生原因となるメカニズムを1つづつみていきましょう!

渋滞ポイント1;上り坂&サグ部

サグ部

サグ部って聞いた事ありますか?道路の「凹」の部分の事です。たわむ、という意味の言葉です。渋滞の原因の6割がこの上り坂とサグ部によるものです!

ゆるやかな坂道で、気づかないうちに上り坂になっている時、自然に速度が落ちて車間距離が縮まり、後続車が連続的にブレーキをかけ減速し、渋滞が発生します。

渋滞の名所となるところは、このサグ部が多いです。

渋滞ポイント2;インターチェンジ合流

インターチェンジ

インターチェンジで合流しようとする車がいる時、本線を走る車は距離を保つために速度を落としたり、その速度の低下により後続車が車線変更したりすることで流れが停滞し、渋滞となります。

渋滞ポイント3;トンネル入り口

トンネル

トンネルに入る時、暗いし狭いので速度がおちる車が増えます。後続車もそれに続き減速するので、渋滞が発生しやすい場所の1つです。

スポンサーリンク

渋滞ポイント4:料金所

高速料金所

減速することで流れが停滞します。ETCの普及により、解消しつつあるようです。

渋滞ポイント5;事故&工事(ボトルネック渋滞)

ボトルネック

事故や工事で車線が減少し、道路の幅が狭くなること。交通容量が低下する上に、車線変更を余儀なくされ速度も低下し、渋滞が発生します。ビンのは注ぎ口が細くなってることから、ボトルネック渋滞と呼ばれます。

停滞したなーっておもったらコレの場合が多いですよね。ほんとにダラダラしか動かない!つらい!

車

以上が主な原因です!これを知ることで、サグ部などで減速しないように心がけることができますね。

じゃあ先頭は一体誰なの?!

答えは、みんなが先頭!なのです。一瞬ですけどね。急に道路がすいた!っていう瞬間に先頭になっています。こう考えると複雑な気分ですが、少しは渋滞が楽しめる??かな??

子供達に、「ほら!いま先頭やで!!」って言ったりできますよ(笑)

編集後記

調べていたら、こんな事実が!これまでの渋滞最高記録は154キロだったんだって!雪などの影響もあったみたいだけど、考えるだけでゾッとしますね(-∀-`; )

これからは、渋滞を少しでもなくすよう、意識して運転してみましょう!

スポンサーリンク