インフルエンザが完治したと思ったのに症状が続く?完治の基準って?

スポンサーリンク
完治

私の家族は5人家族。ある冬、小学生の長女がインフルエンザにかかり、数日後長男、そして次女・・と見事に子供達に感染していき、最後にパパまで。順番にかかるので、インフルエンザが全員完治したと思えるまでかなりの日数を要しました。感染した本人はもちろん大変。そして私も仕事をんだり、うつらないように気にしたりと大変な日々でした。

小学校は登校に証明書はいらなかったけど、保育園は登園証明書を出してくれと言う。パパは仕事を休むのがいやだから熱が下がったらすぐ会社に行こうとする・・。さらに熱は下がってもダラダラといろんな症状が続く。一体インフルエンザっていつ完治したと言えるの?!

インフルエンザが完治したとされる基準、インフルエンザ後に出やすい症状についてをまとめました。

インフルエンザが完治とされる基準

インフルエンザの症状、しんどさ、回復のしかたなど、個人差があるのですが集団生活をしている場合、他の人にうつさないよう配慮をしなければいけません。そのため、学校保健安全法・感染症対策ガイドラインにより登校・登園基準が設けられています。

この基準を満たしたときが、インフルエンザが完治した、と考えることができます。インフルエンザ後は残る症状がありますが(後述します)、まずはこの基準を知っておきましょう。

  • 保育園・幼稚園
  • 小学校以上
  • 会社
  • 外出

それぞれの基準はこちらです。

幼児(幼稚園・保育園)

幼稚園児は学校保健安全法、保育園児については、感染症対策ガイドラインにより登園するためには以下のような基準が設けられています。

  • 発症から5日間経過していること
  • 解熱後3日経過していること

言葉ではすごくわかりにくいので、表をみてください↓

幼児  発熱日 発症5日(登校できない) 発症5日以降

発熱の期間 

0日 1日 2日 3日 4日 5日  6日 7日 8日
2日で解熱   熱 熱  解熱

熱なし

1日目

熱なし

2日目

熱なし

3日目

◯   ◯
3日で解熱   熱 解熱

熱なし

1日目

熱なし

2日目

熱なし

3日目

 ◯
4日で解熱   熱 解熱

熱なし

1日目

熱なし

2日目

熱なし

3日目

◯ 
5日で解熱   熱 解熱

熱なし

1日目

熱なし

2日目

熱なし

3日目

登園までのチェックポイント!

★インフルエンザにかかると、発症日を合わせると約1週間はお休みをすることになります。

★まだまだ小さく、免疫力が低いので解熱してから3日間休みます。

★5日間は熱が早く下がっても出席停止です。

★保育園児は特に小さいうちから集団生活に入るので免疫力が低いこと、保育が長時間に渡る事、赤ちゃんはハイハイをしたり、なんでも舐めたりすることからより注意を払う必要があります。

★発症日は0日目とします。

★熱がない日と認められるのは、1日を通して熱がなかった日のことです。

小学生以上

学校への登校は、学校保健安全法により以下のように定められています。

  • 発症後5日以上が経過している事
  • 解熱後2日が経過していること

小学生以上  発症日 発症5日(登校できない) 発症5日以降

発熱の期間 

 0日 1日 2日 3日 4日 5日  6日 7日 8日
2日で解熱   熱 熱 

解熱

熱なし

1日目

熱なし

2日目

 ・ ◯   ◯
3日で解熱   熱

解熱

熱なし

1日目

 熱なし

2日目

 ◯ ◯ 
4日で解熱   熱

解熱

熱なし

1日目

熱なし

2日目

 ◯ ◯ 
5日で解熱   熱 解熱

熱なし

1日目

熱なし

2日目

登校までのチェックポイント

★インフルエンザにかかると、発症日を合わせると約1週間はお休みをすることになります。

★発症日は0日と数えます。

★熱が早く下がっても、5日目までは登校できません。

「熱が下がった」と認められるのは、一日中熱がなかった場合の事をさします。

★小学校の場合、登校に証明書がいらない場合が多いですが、周りの児童に配慮してしっかり治してから登校しましょう!

会社や外出は?

大人の場合は子供より免疫力は高いため、小学校や保育園のように基準は設けられていませんが、自分の立場、社会的なマナーなどを考えて行動をしなくてはいけません。

インフルエンザは、発症の前日頃から約7日間はウイルスを出していると考えられています。

実際のウイルス排出期間は個人差もあり判断しにくい部分ではあるのですが、7日間は休む・外出を控えるなどの配慮が必要になります。

会社勤めをしている場合は、長く休んではいけない、休めないという部分もありますが、一緒に働く仲間もしっかり治してから来て欲しいというのが本音だと思います。

会社に出勤する目安としては、上記の学校保健安全法に基づく日数(小学生以上)を経過した後が望ましいです。しかし実際はそうも行かない場合も多いのが実情。どうしても出勤する場合でも、熱が完全に下がり、自分自身の体調に自信が持てるまで回復した後に会社に行くようにしてください。そしてマスクの着用は必須です!

ただ、インフルエンザは熱が下がり、数日たったくらいでは症状が治った!と言い切れない症状が残ることが多いです。次は、インフルエンザ後に残りやすい症状についてお話しします。

スポンサーリンク

インフルエンザ解熱後に出やすい症状

インフルエンザは熱が下がって時間がたてばすっきり回復!!と思っていたら大間違い。私も、実はそう思っていた一人ですが、実際感染してみると違いました。インフルエンザに感染後、熱が下がっても残りやすい代表的な症状はこちらです。

  • 頭痛
  • 倦怠感
  • のどの痛み
  • 下痢
  • 微熱

これらの症状が残ってしまう!そんな人はとても多いんです。インフルエンザに数日苦しんだのに、症状が残るのはとてもつらいのですがダラダラとなんとなくしんどい日が続きます。インフルエンザが完治していないのでは?と感じてしまうこともあります。

私の場合は喉の痛みがかなりの期間続いたように記憶しています。

インフルエンザ後は体力も低下し、他の病気になりやすい状態でもあります。あまりにも症状が長引くようなら症状に合わせて内科や耳鼻咽喉科を受診しましょう。

さらに、熱が下がらない場合は合併症の心配も。次に説明します。

インフルエンザ後熱が下がらない?!そんなときは

インフルエンザが完治したと判断するには、熱が下がっていることは絶対条件です。でも全然熱が下がらない!というような場合は合併症を起こしている可能性があります。

インフルエンザは通常5日ほどすれば熱が下がり、軽快に向かうものです。でも良くならない・・・合併症として可能性の高いものを知っておきましょう。

インフルエンザによる合併症

  • 中耳炎
  • 副鼻腔炎
  • 気管支炎
  • 咽頭炎
  • 肺炎
  • 結膜炎
  • 持病の悪化
  • ライ症候群

あまりにも熱が下がらない場合は上記のような病気に注意が必要。自己判断はせずに、不安ならお医者さんに行きましょう。

そのほか、妊娠中のインフルエンザの場合は免疫力が低下しているのでいろんな病気をもらいやすかったり、重篤化しやすいとされています。十分に注意し、何か不安があるようなら病院に行って医師の判断を仰ぎましょう。

編集後記

子供がインフルエンザにかかったときも、大人がなったときも、一体いつになったら普段通りの生活に戻れるの?!という気持ちになります。

法律で決められたインフルエンザの完治基準を知っておくことで、人に感染させる心配がなく、生活のリズムを戻す目安となりますので把握しておくことが大切です。

また、インフルエンザ後の症状についても合併症などの心配もありますので、ある程度の期間は意識して体調を見ておくようにしましょう!

スポンサーリンク
ブログランキング

最後まで記事を読んでいただきありがとうございます!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らしを楽しむへにほんブログ村 その他生活ブログ 生活術・ライフハックへ
ブログランキング参加中!応援していただけるとうれしいです!