妊婦なのにインフルエンザ!治療はどうする?何科にいく?

妊娠中の妊婦さん

妊娠してるのに、もしインフルエンザにかかってしまったら?お腹に赤ちゃんがいるのでとても心配ですよね。

妊婦さんの場合、何科を受診したらよいのか?そして、治療はどう行っていくのでしょうか?

スポンサーリンク

妊娠中にインフルエンザ・・何科で受診する?

妊娠中にインフルエンザにかかると、重症化する恐れがあります。

重症化するのを防ぐためにも、妊娠中にインフルエンザにかかったかな?と感じたら、早めに治療を行う必要があります。

受診する病院は何科がよいのか迷うところではあると思いますが、熱がなく、軽い風邪の症状だけの場合は、産婦人科で見てもらいましょう。産婦人科でも風邪の薬を処方してくれます。

高熱が出ていたり、インフルエンザにかかった人と接触した後に症状がでるなど、インフルエンザの可能性がある場合は、他の妊婦さんへの影響が心配ですので内科で受診するようにしましょう。かかりつけの産婦人科にかかりたい場合は、必ず電話などで事前に受診方法を確認するようにします。

内科で受診する場合は、必ず妊娠中であることを医師にしっかりと伝えることが大切です。

軽い風邪症状・・産婦人科

高熱などインフルエンザの疑いがある場合・・内科、または産婦人科に事前連絡して確認

スポンサーリンク

妊娠中のインフルエンザの治療について

基本的には妊娠中でも治療法は同じで、薬による治療となります。

インフルエンザの治療に使われる薬は抗インフルエンザ薬のタミフルなどです。妊娠中に抗インフルエンザ薬を飲むことによる副作用はほとんどないと報告されています。

気になるインフルエンザの胎児への影響については下記記事をどうぞ!

知っておこう!妊婦さんがインフルエンザに感染。どう影響するの?

現在はインフルエンザの重症化のリスクと、薬を飲むことによる副作用のリスクを比べると、重症化のリスクの方が高いと言えますので、症状によるところもありますが、薬を処方されることが多いです。

妊娠中に薬は使わないほうが良いのではないかという不安な気持ちはあると思いますが、自己判断で薬を飲まずにいると、かえって症状が長引き、重症化する恐れがあります。薬を使ったほうが良い場合もあるのでインフルエンザの可能性がある場合は早めに受診して、薬を使うかどうかの判断を仰ぐようにしましょう!

抗インフルエンザ薬は発症してからなるべく早め(48時間以内)に服用することで症状の悪化を抑えることができます。薬の効果を発揮するためにも、疑いがあったら迷わず早めに受診することが大切です。

編集後記

インフルエンザは症状がつらいけど、妊娠中となると薬を飲むかどうかがとても迷いますよね。でも妊娠中はママの体もいつもとは違う状況です。自己判断は危険な状況を招くことがありますので、インフルエンザにかかっても慌てずに、早めに受診してくださいね。

スポンサーリンク