アイスクリームの種類別4つの分類一覧★ラクトアイスの意味って?

アイスクリームの種類別

アイスが食べたい!コンビニ行って、3人の子供達に一つづつ。長女が選ぶアイスの種類別をよく見るといつもラクトアイス。

本人も、アイスのカップを食べながら、「ラクトアイスおいしい。」と種類別で表現していました。他の子供達のものを見るとアイスミルクと氷菓になっていたんです。「種類別」という項目をよく見て考えた事なかったけど・・どういう意味なんでしょう?!

今回はアイスクリームの種類別について一覧にまとめてみました!

スポンサーリンク

アイスの種類別4種類一覧!

一緒に売り場に並べられているアイスたちですが、「種類別」と呼ばれる4種類に分類されています。パッケージをよくみてみましょう!

種類別4つとはこちら。

  • アイスクリーム
  • アイスミルク
  • ラクトアイス
  • 氷菓

何の違いで種類が分かれているのでしょうか??こたえは

乳成分の量!です!

ひとづつ意味を見ていきますね。最後に一覧にまとめます!

種類別:アイスクリーム

乳固形分 15%以上

うち乳脂肪分 8%以上

乳成分が多く、ミルク感の強いアイス。コンビニでお買い物していて、子供達が選んだら「これはあかん!」と言ってしまう、高級なものはこれが多いです!

種類別:アイスミルク

乳固形分 10%以上

うち乳脂肪分 3%以上

アイスクリームより、ミルク感が減ります。が、値段も下がります!

種類別:ラクトアイス

乳固形分 3%以上

ラクトって何でしょうか?lacto(ラクト)とは、ラテン語で、「乳」という意味です。

ラクトアイスはlacto(乳)とice(氷)がくっついた和製外来語

脂肪分は、植物由来のものが入っている場合もあります。値段も買いやすく、我が家がよく買うのはコレ(笑)

もとからミルク感が強いものが苦手な人の場合は、このラクトアイスが食べやすいようです。うちの娘は牛乳やチーズが嫌い。選ぶアイスは本当にこのラクトアイスが多いです。

種類別:氷菓

乳固形分ほとんどなし!氷でできているものです。

かき氷はこれにあたります。

スポンサーリンク

一覧にまとめるとこのようになります!

  乳固形分 うち乳脂肪分
アイスクリーム 15%以上 8%以上
アイスミルク 10%以上 3%以上
ラクトアイス 3%以上  
氷菓 乳固形分ほぼなし

有名なアイスの種類別はどれ?

ハーゲンダッツ

コンビニで買うアイスの高級なものといえばハーゲンダッツ!これはやはり

種類別:アイスクリームです!

ハーゲンダッツは全部かな?と思っていたけど、味によって違うものもありました!期間限定で味によってはアイスミルクのものも出ています。

いつもこれを食べたいけどちょっとお高いです・・

無脂乳固形分という表現が使われている

ハーゲンダッツ(バニラ)の成分表をみると以下のようになっていました。

  • 無脂乳固形分:10%
  • 乳脂肪分:15%
  • 卵脂肪分:8%

あれ?乳固形分が15%ないと「アイスクリーム」ではないはずなのに?!15%ないやん!と疑問が浮かびますね。

無脂乳固形分とは、水分と脂肪分を省いたもの。乳固形分は無脂乳固形分と乳脂肪分を足したものが乳固形分となります。

なので、ハーゲンダッツ(バニラ)の乳固形分は25%っていうことになるのです。すごい!やっぱり値段が高いだけあります。

メイトー ホームランバー

バニラ味:アイスミルク

チョコ味:ラクトアイス

同じ箱に入って売ってるけど、味によって違いました!よく見ると種類別がちがうなんて、面白いです。

お手軽おいしいガリガリ君

種類別:氷菓

値段が安くて家計に優しいガリガリ君!子供にも人気!やすいし、人気だし我が家でも購入率高いです。

こちらは氷菓でした。かき氷が固まった感じだし、ミルク感ないから納得ですね。

FUTABAサクレ(かき氷レモン)

種類別:氷菓

アイスの種類別の氷菓

さっき娘が買ってきました!見るからにかき氷なんで、やっぱり氷菓ですね!真夏はさっぱりかき氷が食べたくなります!

編集後記

アイスクリームの種類別、なんとなくは見ていましたがしっかり答えがわかってスッキリ!高価なものにはそれなりに乳成分も入っていて納得です。

この記事を書いている日は30度越えの夏!25度越えでアイスの売り上げがかなりアップするんだそうです。今日も食べたいなーー。

スポンサーリンク