福神漬け由来と、カレーのトッピングになった理由とは?!

スポンサーリンク
カレーと福神漬け

大好きなカレー!どの季節もおいしいカレー!わたしのカレーのトッピングといえば福神漬けです。結構大量に入れるのが好きで、そしてカレーの為に買った福神漬けが余ったら、普通に白ご飯にあわせて食べるのも大好きなんです(*´∀`人)

パッケージをみててふと疑問が。福神?なんで?

疑問は解決しなければ!福神漬けの不思議と歴史をまとめました(^ω^) 

福神漬けの由来は?

1675年に創業した「酒悦」の十五代主人である、発明好きの野田清右衛門が明治時代のはじめ頃に考えだしました。素材にも、醤油にもこだわって、苦労して作り出した福神漬けはみんなに大ウケ!

塩でつける漬物やぬか漬けしかなかった時代には醤油やみりんを使って漬ける漬物は画期的なものでした。名前の由来は次に書きますが、このネーミングも素晴らしいですね〜!

元祖「酒悦」の福神漬けはこれです!食べたい!

業務用も発見です。材料の原産地等が違いますが、たくさん食べるならお得。

名前が「福神」な理由

福神漬けの材料をみてみましょう!

  • 大根
  • なす
  • うり
  • なた豆
  • しそ
  • れんこん

などの野菜が原料となっています。

7種類の野菜が使われていた事、福神漬けを作り出した酒悦が七福神の一人である弁天様が祀られる寛永寺のある上野にあった事などから、七福神にあやかって、当時の売れっ子作家である梅亭金鷲が福神漬けという名前をつけました。縁起のよい食べ物なのです!

スポンサーリンク

どうしてカレーとセットになったの?

カレーのトッピングになった理由

By: se7en

カレーのトッピングになった理由には、2通りの説があります。

理由その1

日本の船のコックさんが、ヨーロッパを船で航海していた時に、カレーにチャツネ(インドのやくみ)を入れている場面に遭遇!チャツネは見た目が福神漬けと似ているので、福神漬けをカレーに添えるようになったという説!

理由その2

帝国ホテルの先代の社長が、大正時代に列車の車内食堂でカレーに福神漬けをつけるサービスを考え出したという説!

どちらの説が本当なのかはわかりませんが、わたし的にはカレーに福神漬けは最高なので、考えてくれてありがとう!という気持ちでいっぱいです(笑)

福神漬けの作り方?

楽天レシピなどで紹介されています♪それほど難しくないので、自家製福神漬けに挑戦してみてもいいですね〜!

***************

簡単なんです☆福神漬け
簡単なんです☆福神漬け

料理名:福神漬け
作者:popo@texas

■材料(7~8人分)
大根 / 150g
レンコン / 150g
しいたけ / 3枚ほど
鷹のつめ / 2本
しょうが / 2かけ
塩 / 大さじ1.5
醤油 / 1/2カップ
酒 / 1/2カップ
米酢 / 1/4カップ
砂糖(出来れば精製されていないもの) / 3/4カップ

■レシピを考えた人のコメント
市販のお漬物って添加物が心配ですよね。手づくりなら安心。意外にもとっても簡単に出来る福神漬け。ぜひ作ってみてください♪

詳細を楽天レシピで見る

************

柳川香織さんのレシピ

自家製福神漬け(柳川香織さんのHP)

************

編集後記

単体でもおいしい福神漬け。発明してくれてありがとうという気持ちで記事を書いてました(笑)こだわりの発明品だったと知って、もっと好きになりそうです!

スポンサーリンク
ブログランキング

最後まで記事を読んでいただきありがとうございます!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らしを楽しむへにほんブログ村 その他生活ブログ 生活術・ライフハックへ
ブログランキング参加中!応援していただけるとうれしいです!